あなたが肉食を止めたくなる15の理由(フィット・フォー・ライフより)

こんにちは

今日は全米で大ベストセラーとなった「フィット・フォー・ライフ」を読み終えたので、
その忘却録として「あなたが肉食を辞めたくなる15の理由」をメモしておきたいと思います。

先日同窓会の旅行で同行した旧友に見て欲しくて、この記事を書きました。(でも、読んでくれるかは分かりませんが・・・)旅館で、私がビーガンローフードを注文しサラダと果物をパクパク食べていたら、旧友に心配されたんです。「そんなんで栄養取れているの?」って。
私は逆に皆さんの事がこうした理由で心配だったんですよ・・分かってくれるかな。
ま、無理だろうな。。でも地球環境破壊のスピードのことを考えたら、そんな事も言ってられないんですけどね。

それから、最後にマイケルジャクソンからの環境破壊を訴える歌のメッセージをどうぞ。
恐らく、文字でごちゃごちゃ言うよりも、ハートに語りかけてくれると思います。

「旧友よ!一緒にマネーカルトの手先から卒業しないかい?その第一歩が肉食を辞める事だとは思いませんか?大丈夫!私も実に気づくのが遅かったんだから・・」

1、寄生虫の本当の主原因は生野菜のせいではない。:真実は体に必要以上の高タンパク、高脂肪、低食物繊維、加工食品、ジャンクフード、カフェイン、アルコールなどを取る食習慣が元凶であり、大腸を寄生虫の幼虫を孵化させる格好の場所にしている。こうした食品中心の食事では食物繊維が不足している為、排泄が遅れ老廃物が長時間排泄されずに腸の中にたまり、寄生虫の繁殖に一層拍車をかける事になる。

 

2、加熱したもの(動物性タンパク質)を食べれば食べるほど、生の物が少なければ少ないほど、寄生虫の数は増えて行く:腸内浄化の為には「生命力を含んだ水」が必要となる。その水とは水道水やミネラルウォーターの事では無く、果物や生野菜の中に豊富に含まれているものである。

 

3、加熱食特に加熱タンパク質を多く食べている人の腸内にはおよそ900gの悪玉菌がすみ、生の食べ物を食べている人の腸内には善玉菌が棲み、どれも発酵力が旺盛で、特にビタミンB12のような、体が利用できるビタミン類を作ってくれている。

 

4、生きている体には生きている食べ物が必要:生きた食べ物与えられなければ、細胞はごくわずかなエネルギーしか生産できない。:肉や魚は死体です。しかし、生の果物や野菜の中には酵素、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、ファイトケミカルそして作物の生命力が満載されている。

 

5、生野菜はO-157菌の犯人では有りません:真実を知って下さい。O-157菌は牛の腸に棲む腐敗性大腸菌の一種で、この菌が最も多く発見されるのは食肉処理場の解体カウンターです。牛は死んだ瞬間から腸の浸透圧が無くなる為存在が腸内だけに限られていたこの菌が肉の中に侵入し始める。肉を長く保存すればするほど細菌の数は増え、熟成した肉が柔らかくなるのは、この細菌のせいである。

 

6、肉食は地球環境破壊につながる:今日の地球温暖化の原因となっているのは、牛が引き起こす大気汚染だ。また豚が出す大量の排泄物はアンモニアガスを放出し、それによって生じる賛成雨も大きな環境問題です。

 

7、25年間で中央アメリカの熱帯雨林38%が破壊された:アメリカ人の胃袋を満たすための牧草地と化してしまったのだ。

 

8、骨粗鬆症はカルシウムの摂取量が最も多い国々に生じる傾向がある:原因はカルシウムの摂取量が不足しているのではなく、動物性蛋白、塩、穀類、加工食品等の取りすぎ、カフェイン、アルコールの過剰摂取、喫煙、運動不足に起因する。

 

9、動物性食品に含まれている栄養で、身体が必要とするものは、植物性食品の中に全て含まれている:含まれていないのはコレステロールだけです。

 

10、沖縄県民の長寿の最大の理由は豚肉ではない:フィトケミカル、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊かな海藻や野菜、果物、大豆などを他の地域の人よりも遥かに多く取っていることにある。

 

11、動物性タンパク質はどんなものでも癌や心臓病の発症率、コレステロールの値、血圧を上昇させ、腎臓からカルシウムを失わせる:それは赤身肉、鶏肉、魚を問わず、がん細胞成長のメカニズムをスイッチオンにしてしまうのだ。

 

12、牛乳中のカゼインは胃の中でべと付いてドロドロとした凝乳というものに変わる(カード):これは消化するのが実に大変な物質である。一旦人間の消化組織の中に入ると、この濃厚で粘着性に富んだ塊は体にとって恐ろしい程の負担になり、消化の為には莫大なエネルギーを費やす必要がある。

 

13、ヨーグルトは決して健康食品等ではない:牛乳とは牛のために存在するものである。ヨーグルトを食べた時に得られると思っている有用菌は、人体が既に大量に製造しているものである。

 

14、バターを除く全ての乳製品は、極度の酸性形成食品である:カルシウムを得るために乳製品を摂取しているのに、その乳製品が引き起こす酸性化という状況を中和するために組織内のカルシウムが使われてしまうとは、なんという皮肉な事でしょうか?

 

15、最も優れたカルシウム源は、生のゴマ、生ナッツ、ケルプ(昆布類)、海藻類、緑黄色野菜のすべて、ほとんどの果物類:毎日野菜と果物を取っていれば、生のナッツをたまにしか食べなくてもカルシウム不足にはならない。

 


関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ