ある疾患の症状=牛乳の弊害

メルマガ始めました。

ご登録は以下からお願いいたします♪

https://brutality-ex.jp/fx37094/20160208

 

こんにちは! フレンズ歯科クリニックの谷 智子です。

先日はお婆ちゃんとの対話から生まれた、小冊子
「Dearグランマ♪あなたの大切な人の命を救え!
がん予防(日vs米)どっちに軍配あげる?」を

http://www.gekizou.biz/report.php?cid=1104985

ダウンロードして頂きありがとうございました。

スポンサードリンク



この小冊子は、テレビの情報にしか目を向けたことが、

なかったお婆ちゃんと対話形式で、
テレビ以外にも情報がある事に
気付いてもらう為に、作りました。
実はお婆ちゃんに「あなたは何も知らない!
テレビを見ないからだ」と怒られた事が、
きっかけで「え!そんな事ないよ〜」と、
ちょっとムッとしながら作った資料です(笑)

お読みいただき良かったら、
テレビフリークのお友達にも
ご紹介いただけると嬉しいです♪

 

さて、今日はその小冊子にも書いてありましたように、
「牛乳がなぜ、骨を強くしないのか?」
についての動画を ご紹介します。

今回ご紹介する動画は、
Nutrition Facts.orgを運営される、
マイケル・グレガー博士からのご紹介ビデオを、
日本語吹き替え版にしたものをお届けします。
そして、メルマガにご登録いただいた皆様には、
ビデオの翻訳文のスクリプトを
丸ごとプレゼントいたします。
グレイガー博士の最新の
栄養学の知識を是非ご活用くださいませ。

スポンサードリンク



「牛乳は骨をもろくするって本当?」

 

(翻訳テキスト)

 

翻訳テキスト全文はメルマガにご登録頂きました方に

プレゼントしております。

https://brutality-ex.jp/fx37094/20160208

(翻訳テキスト終了)

牛乳に関しては、
牛乳に含まれるIGF1(インスリン様成長因子)を
牛乳製品から多量に摂取すると、ガンを促進するとか、
糖尿病に良くないという情報もあります。
http://www.dm-net.co.jp/bbs/detail.php?q_id=661

また、牛乳のタンパク質のカゼインがガンを促進する
ということは、こちらの、
「葬られた第2のマクガバン報告」に詳しく書かれています。
著者のコリン・キャンベル博士の実家は、
酪農家で、牛乳が健康に害を及ぼすと公にすることは、
実家の仕事自体を否定する事にもなり、
葛藤があったようです。
この著書の内容はきちんとした
実験結果に基づき、書かれています。
ですので牛乳蛋白のカゼインが、
発がん物質を活性化することは
もはや疑いの余地がないでしょう。
単なる警告本や暴露本とは全く異なりますので、
是非一読する事をお勧めします。

それから今回の動画に出てくる、
牛乳に含まれるガラクトースの害は、
以外に知られていないのではないでしょうか?
ところで、ガラクトース血症とはどういう病気でしょうか?

Wikiによれば、このような記載があります。
ガラクト-ス血症は、糖の一種であるガラクトースを
代謝する酵素を欠くために生じる、
遺伝的疾患である先天性炭水化物代謝異常症のひとつ。
この病気は1917年にGoppertによって発見され、
発症頻度は、タイプ1の場合おおよそ47,000人に1人。
これは国によって異なり、日本では低く、
イタリアでは高いことが知られている。

そして、ガラクトース血症の症状は以下。
遺伝性でガラクトースを代謝の酵素の欠乏で起きる。
これにより血中のガラクトース量高まり
様々な症状が発生する。
しばしば、ガラクトース血症は乳糖不耐症と
混同される場合があるが、
酵素ラクターゼの欠損による乳糖不耐性より
症状はより深刻。
ガラクトース血しょうは細胞破損による肝硬変、
毛細血管損傷による腎不全、水晶体に発生する白内障、
敗血症、髄膜炎などを引き起こし、言語障害、
失調、測定障害、骨粗鬆症、早発閉経などの
合併症を伴う場合がある。
適切な治療が施されない場合、
ガラクトース血症を発症した幼児の死亡率は75%。

ということで、今回のビデオでも、
牛乳に含まれるガラクトースの解毒で、
私たちの体に酸化ストレスや炎症や
脳の退行病変を引き起こすような負担がかかり、
早熟や老化の原因にもなる可能性があると、
ガラクトースの弊害を説明しているが、
ガラクトース血症の症状をみてみると、
自ずと牛乳を過剰摂取した末路が、
見えてくるのではないでしょうか?

また例え1日にグラス1~2杯でも
牛乳に含まれるガラクトースを
長期的に摂取すると、寿命が短くなったり、
する可能性があるので、
仙人を目指している方は、
避けた方が良いかもしれません。

それに対してヨーグルト、サワーミルクなどの発酵
させたものは、ガラクトースがある程度
分解されているので、
発酵していない牛乳よりは、
体に負担がかからないということです。

ということで、乳製品からカルシウムを摂取したければ、
ヨーグルトを食べた方が健康にいいよ!と、
うちのお婆ちゃんには伝えました!

(編集後記)

今回ご紹介した元の動画は、
マイケル・グレイガー博士の動画です。
グレイガー博士はベストセラーになっている、
「 How not to die」の著者です。
グレイガー博士は何年も前から、
Youtubeで素晴らしい情報発信を
されていますが、チャンネル削除を
された事もあるそうです。
本当に素晴らしい先生だと思います。
私もたくさん学ばせていただいています。
日本でもグレイガー博士の情報が、
広まると嬉しいと思っているので、
また翻訳してご紹介します。
しかしながら、動画の音声の吹き替えが
お聞き苦しいので、どうにかしなくては!
と、思っています。
こういうのって、音声の自動読み上げのソフト
とか利用すれば良いのでしょうか?
あるいは音声読み上げに自信がある方で、
ご自分のナレーションをこの動画にのせて、
世に広めてみたいと思われる稀有な方が、
万が一いらしたら、是非お知らせくださいませ。
よろしくお願いいたします。

 

 

スポンサードリンク




関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ