お久しぶりです

歯科衛生士の 高澤ですうさぎ

ご無沙汰しておりますあせる

これからは ちょっと方針を変えて コマメに更新したいと思っております

フレンズ歯科クリニックに来院される患者様のなかで 圧倒的多数を占めるのがお子様女の子男の子

ご両親にとってお子様は かけがえのない宝物キラキラキラキラ

そんなお子様の健やかな成長のためのお手伝いをしたいと考え お子様の歯の健康について的を絞ってお伝えしていきますラブラブラブラブ

歯赤ちゃんの歯

お母さんのお腹の中では 妊娠6週目頃から乳歯の芽(歯胚)が作られ始めます

妊娠に気付く頃には もうすでに歯の発生は始まっているのです

歯歯の形ができてきます

妊娠4ヶ月を過ぎると カルシウムを利用して歯の形が作られ始めます

ただこの頃はつわりのひどい時期です

お母さんの栄養が不十分だと 石灰化がうまくいかず弱い歯となってしまいます

歯胎児の歯とカルシウム

妊娠中のお母さんのカルシウム所要量は1,200mg

なんと普段の2倍です

意識してカルシウムを摂取しましょう

現役妊婦の私も カルシウムを沢山摂るよう心がけています

食事ではまかないきれないので サプリメントを利用しています

ただ カルシウムだけとればいいというわけではありません!!

赤ちゃんに健康な歯をプレゼントしてあげるためには バランスの取れた栄養が必要なのですニコニコ

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ