お口を閉じる事と歯並びの関係

こんにちわ

フレンズ歯科クリニックの谷です。

今日は口呼吸を鼻呼吸に改善しただけで歯並びが良くなった症例をアップしてみます。

下の写真で上が術前。口を開けていることにより唇の筋力が歯にかからないので、前歯が前方に傾斜している状態です。しかし、以前にもご紹介した唇を閉鎖するマウスピース型の装置を約1年間位就寝時にお使いいただいただけで歯列が変化してきました。

下が術後ですが、前歯の前方への傾斜がなくなり軸が真っすぐに立っています。

このように口もとの筋肉のバランスは歯並びに影響しますので、お子様の歯並びを良くしたければお口を閉じる訓練をしてみてください。この症例位のケースであれば、装置を使わなくても口唇閉鎖をするだけで歯並びは改善してきたと、思われます。ニコニコしかし、現実的には装置を使わないで改善するのはやはり低年齢児の場合は難しいと思われますが・・。汗

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ