Let’s「お金=命」のビリーフチェンジ♪

先日社会に衝撃を与えた、いわゆる「京都認知症母殺害心中未遂事件」で執行猶予判決を受けた男性のストーリーについて、FBでシェアされていたのを目にしました。

この事件は介護制度や生活保護をはじめとする日本の社会福祉のあり方に大きな課題を突き付けたとして、大きな反響を呼びました。

スポンサードリンク



事件の概要

2006年2月に京都市で10年以上認知症を患う母親(当時86歳)を1人で介護していた男性(当時54歳)が、母の首を絞めて殺害。自分も包丁で首を切り、自殺を図った。

事件の背景にあったのは、セーフティネットからの「脱落」。男性は母の症状が進行し退職。その後介護と両立できる仕事は見つからず、親族にも援助を求められず、失業保険の給付も止まった。デイケア費や家賃の支払いも不可能となり、ついに心中を決意した。

同年7月の京都地裁判決で男性は、福祉事務所へ生活保護の相談に3回訪れたにもかかわらず認められず、助言も得られなかったと証言。当時の裁判官はその過酷な境遇に共感したのか、「恨みなどを抱かず、厳罰も望んでいないと推察される。自力で更生し、母親の冥福を祈らせることが相当」として懲役2年6か月、執行猶予3年という異例の「温情判決」を下した。さらに、「お母さんのためにも幸せに生きていくよう努力して」と声をかけた。

しかしながら、その後男性は14年8月、琵琶湖周辺で投身自殺してた事が、2016年の1月5日付の毎日新聞の報道で明らかになった。裁判後、男性は家賃約2万2000円のアパートに1人で暮らしながら、木材会社で働いていたが、13年2月、「会社をクビになった」と親族に伝えたのを最後に、音信不通となったそうです。

この事件の概要はこんな感じの動画にもなっています。

皆様はこの事件をどう捉えましたか?

なぜこんな事件が起こったのでしょうか?

事件の予防策の考察

この事件の根本原因は歪みを抱えた日本の社会福祉制度のあり方で、この男性は犠牲者だ!と思われましたか?

はい、確かにこの事件は裁判官の方を含め多くの人の感情に訴えかけ、そうした側面を世間にあぶり出したでしょうし、現行の社会福祉制度の有り方や行政に憤りを感じた方もいるかもしれません。

だからと言って行政の制度の有り方を変えるのは容易ではないでしょう。では、このような事件を防ぐためにもっと容易に変える事が出来た事は何でしょうか?

はい、皆様は当たり前の様にお気づきだと思いますが、それは男性の「お金が無いと死んでしまう」という思い込みですよね。男性は収入が途絶えた時点で、もう死ぬしか無いと思い込んで母を殺害。せっかく裁判官が温情をかけ執行猶予付の判決を下したのに、その6年後には投身自殺。

彼は「お金が無いと死んでしまう」という思い込みを外すことが出来ずに、その通りの現実を引き寄せました。でも、彼が「お金が無いと死んでしまう!」という思い込みを持っていなかったらどうだったでしょうか?

私だったらそうだな~、投身自殺する前に「母親を殺害したけど、執行猶予付の異例の温情判決が出て、その後懸命に生きる」なんていう体験は誰にでも出来るものでもないし、この体験は実際裁判官や多くの人の心を大きく動かす事が出来たストーリーだから、文章にしてまとめるかな。

そしてそれをどこかの出版社などのメディアに持っていく。恐らく、彼の体験はお金に還元できると思わない?勿論彼がそこに気づいてたかどうかは、知る由もないけど少なくとも「お金が無いと死んでしまう。自分は価値の無い人間。」なんていうビリーフを持っていると、見えなかった事が沢山あったんじゃないかと思います。

だけど、こうした思い込みを持っているのは、この男性だけじゃないですよね。

実はあなたも「お金=命」と思い込んではいませんか?

私も「お金が無いと死んでしまう」とまでは思っていません(不食の人も居る位だからサンゲージングを真面目にやればなんとかなると本当に思っています。)でしたが、「お金が無いと自分や周りの人を幸せに出来ない」と、思っていました。

つまり「幸せ=お金」という尺度で世界を見ていた訳です。それに「お金を稼ぐのは大変だ」「お金がいつも足りない」という思い込みを持っていたので、開業してからは何処にいても、何をしていても支払いの事ばかり頭にあって結構大変でした。

だって、ディズニーランドで並んでいる時にも支払いの事が頭から離れずにいるのですから、何をしていても心から楽しくない!想像してみて下さい。24時間支払の事が頭から離れない人生を。

だから有るときに「もうお金に追われる人生は嫌だ!」と、思い懸命に情報を集めました。

そんな中現実は自分の思考が作っている。だから豊かさ(お金)を受け取る為には先に「豊かさやお金はそこに有る」という安心感を持つ。という情報に出会いました。そこからはその安心感を求めて迷走を続けました。「そりゃーもう」色々と試しました。

NLP、催眠、コーチング、ヒーリング、キネシオロジー、ホメオパシー、バッジフラワー、ヘルスカウンセリング、瞑想、ナポレオンヒルのプログラム、有名な博士の書籍、CD、セミナー。有名なカウンセラーさんの書籍、CD、セミナー。占い。各種ヒーリングセッション。

どのプログラムもそれぞれ面白かったし、楽しめました。

でもね自営業をやっている限り、やっぱり支払日が近づくと気持ちがざわざわして心から安心する事は出来ませんでした。

それで「お金なんていらない!憎むべきものだ!この世の中から無くなってしまえば良い!」という現実逃避に傾倒した時期も有り、自給自足生活をしたいと強く願い家族の説得を試みた事もありました。でもあっけなく玉砕しましたけど(笑)

まあ良く考えてみれば、「お金=命。お金=人の価値。お金=幸せ。」をさんざん小さいころから埋め込まれて来ているから、この思い込みを外すのは容易ではないですね。でも正直ここまで難儀するとは・・。

でも、そんな私にもこのGWに転機が訪れました。

続きはメルマガで♪

お知らせ

続きはちょっと恥ずかしいので明日6時発行のメルマガで公開します!「お金がない!」という思い込みを外して、豊かさを受け取りたいと思う方は続きをお読みいただけたら嬉しいです。

今回はメルマガ読者様限定で、ともりんのお試しコーチングセッションにもお申込み頂けます!

 

栄養メルマガ

スポンサードリンク




関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ