これが気の効果だ!?

昨日は福田 稔先生が主宰される気血療法士の養成塾の第1回目に参加してきました。

http://www.fukudaminoru.com/category/1990359.html

私自身は人間は多次元的な存在なので、人間の健康を語る時には肉体レベルだけでは片手落ちで、私達のエネルギー体のバランスも合せて考える必要が有るのだろうなと、いつもおぼろげに考えていました。しかしながら、気の世界は有るだろうなと思ってはいますが、やはり確信はつかめなかったので、気の治療などを受け、ぎっくり腰等が改善しても、良くなった様な気がするが、放っておいても同じだったのでは?と、そんな程度で片づけていました。

だから、気って本当の所どうなんだろうか?という半信半疑の思いがいつも付いて回っていました。しかしながら昨日、「現代人は頭部がうっ血していて下半身が冷えているので、病気にもなり易い。だから、頭部にたまった血液を全身に流す為には、頭部のつむじを治療の起点にして気を回すと血液の循環が良くなる。」という大原則を教わったので、今日の午前中に早速つむじ押し治療の効果を生体血液観察で確かめてみました。

さて以下の血液の観察像は泣き叫ぶ3歳児を相手にお母様のご希望もあって、乳歯の前歯の充填治療を行った直後の私自身の血液です。(虫歯の治療では根本的な解決にはならないのにね・・)ストレスで発生した活性酸素の影響か、赤血球が酷くトゲトゲしたダメージ赤血球になってしまっています。
こういう血液像に関しては賛否両論あると思いますが、何度も泣き叫ぶ子供の治療後に自分自身の血液を観察していますが、毎回決まってこういう状態になっています事を付け加えておきますが、ご判断は各自でご自由して下さいませ。

 

そして以下が福田稔先生が提唱されているつむじ押し療法を10分間行った後の血液像です。行った時の体感としては、頭に血が上り手足が冷えていた頭熱足寒の状況が、手足の先への血流が回復し頭寒足熱の状態にやや近づきました。こうなれば、血液もドロドロの術前の状態から変化しているはずだと思い、早速観察してみました。以下が観察像です。驚いた事に血液は短時間でサラサラになっていました。

この結果からは気の通りをつむじ押し療法により改善すると、迅速に血液像が変化し血のめぐりが良くなる可能性が示唆されました。(通常ダメージ赤血球の改善は何もしなければもっと時間がかかります。)血液サラサラ効果に関しては、実に様々な薬、サプリメントや高額な療法でその効果をうたっています。でも、実は一番信頼できるのは自分自身の治癒力では無いかと、再確認させられました。

これは、福田 稔先生の著書「つむじ押し療法で健康になる」の巻頭の言葉です。

「病気は必ず治ります。」人間は気が通れば自分の力で病気が治る事を認識して下さい。すなわち頭から足先まで気を通せば、病気は治るのです。人間には病気を治す力=自然治癒力が備わっているからです。故齊藤 章先生は「正しい認識において無限の可能性が予約されている」とおっしゃっています。この言葉の通り、正しい認識で病気に向き合えば必ず病気は完治するのです。

しかし現在の医学は考え方がブレています。せっかく自然と病気を治す力が人間に備わっているのにマニュアルに沿った医療で、薬を山盛りに投与します。薬で病気を抑え込もうとしているのです。患者も薬を服用すると症状が緩和されるため、病気が治ったかの様に錯覚をしてしまいます。

しかしそれはせっかく体から病気が出て行こうとしているのを、抑えてしまっている状態で、治癒と言う観点から見ると逆効果です。本書で紹介する医療「つむじ押し療法」は本来つむじから体の先端に向かって通っている気の流れの滞りを手で押して正常な状態に治します。気が全身にいきわたる事で本来人が持っている病気を治す力を引き出します。「つむじ押し療法」は薬を使わない21世紀型のエコ医療なのです。

確かに今回の結果だけでは本当に気を通す事で血液サラサラになるの。と、決めつける事は出来ませんが、大切な事はどんな状況になっても自分の治癒力を信じる事なんだと、私自身の血液に教えて貰いました。

また福田先生が生み出した気血免疫療法は体に気を通す治療法です。この療法で、健康になるメカニズムは次の通りです。

病気の原因は、自律神経のバランスの乱れ

身体に血行障害をもたらす

血行の悪い個所は気も詰っている

血液と気の流れの悪いポイントを刺激する

全身と血と気の流れが良くなる

自律神経のバランスが整ってくる

免疫力が高まり自然治癒力が向上する

病気が改善し始める

健康になる

食事、運動、日光浴、等を正す事に加えて気の流れを整えることもセルフケアの一環に加えるのがやはり良さそうですね。薬やお医者さんに頼る前に、出来ることが無いかもう一度考えてみたいものです。

また、福田稔先生のサイトの顔色で分かる免疫力チャートなども参考になりますので、
宜しければご覧くださいませ。
http://www.fukudaminoru.com/category/1990359.html

それから、先日Mちゃんの唐揚げ食べた後の血液観察も本日行いました。結果はまた後日お伝えいたしますね。

それでは良い夕べをお過ごしくださいませ♪

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ