すっかりご無沙汰しております

こんにちわフレンズ歯科クリニックの谷です。ブーケ1そして遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

本当にすっかりご無沙汰しておりますが、今年もよろしくお願いいたします。

今年も早いものでもう1か月が終わろうとしておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、先日当院にて矯正治療を受けていただいているお子さんのお母さまから頂戴したご質問ですが、なんでもお母さまのお友達から聞いたお話で、その方のお子さんがある歯医者さんに歯並びについて矯正の治療について相談に行かれた時に耳にした情報ということでした。

相談先の歯医者さんいわく歯列の拡大をするとお顔がゴリラの様になってしまうので、歯が大きく顎に配列スペースがなければ永久歯列に完成するのを待ってから4本抜歯をして矯正する方が良く、アゴを広げて治療をするのはやめた方が良いおっしゃっていたとの事でした。

 

 実は矯正治療に関しては先生の数だけ方法論があるのではないかと思われる位、実は診断方法や治療方法が違ってきます。その中である先生は抜歯が絶対必要だと診断しても、違う先生が診るといやこの症例は抜歯はすべきでないというような事は本当に良くあることです。

 

 それでは本当の答えはどこにあるのでしょうか?患者さんとしては非常に迷ってしまうのではないでしょうか?

でも実は治療が終わった後にその方法で適切だったかどうかはその先生も含めて他人が決められるものではなく、治療を受けられたご本人及びご家族の方が決めるものではないかと思います。

 ですから、患者さんサイドとしても極力情報収集をし、自分に合いそうな方法を見つけていただけれは良いのではないかと思いますので、是非1か所で受けた話を鵜呑みにせずセカンドオピニオンを求める姿勢が大切なのではないかと考えます。

 ちなみに当院では永久歯列期になる前の小児の矯正に関しては極力抜歯せず、お顔の成長のバランスも一緒に考えながら矯正していくのが良いのではないかと考え日々臨床をしております。

 しかしながら、正しい歯並びは正しい口元の姿勢や機能がある事によって初めて成立する事と考えていますので、歯を動かすこと以上に正しい口元の筋肉のバランスや機能を獲得する事は難しいことですので、そこが矯正治療の本当に難しい部分かと考えております。

 ホームページの方に少し当院の考え方を載せていますので、参考にしてください。

htpp//

www.friends-dc.com

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ