なぜ中学校でそんな検査が?

おはようございます♪

今朝は千葉は涼しい爽やかな朝を迎えております。

さて、今日は吉田鍼灸指圧治療院の先生の所で、「嘘でしょ?」と、思うような記事を見つけたのでご紹介いたします。

なんと、中学校でピロリ菌の検査を導入する自治体が登場するという話題です。

<ピロリ菌>中学校で検査、全国初 兵庫

毎日新聞 8月17日(日)14時55分配信

 「胃がんゼロのまち」を目指している兵庫県篠山市は独自の取り組みとして、市内の中学1年生全員366人を対象にヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の検査を行う。今秋の学校検診に合わせて実施する。学校検診でピロリ菌検査を行うのは全国初という。

 ピロリ菌は胃の粘膜に慢性的な炎症を起こし胃がんが発生しやすい状況を作り出す。胃がん患者の約95%はピロリ菌を持っているという。

 市は2010年度から兵庫医大ささやま医療センターなどと共同で研究調査を行い、小児への感染が主に家族内感染であることなどが判明している。若年期(12~15歳)に感染の有無を確認して除菌治療につなげることで、本人だけでなく、親になった時の子どもへの感染も防止できるという。

 毎秋、中学校の学校検診で行われている尿検査後の尿を使ってピロリ菌検査をし、結果を自宅へ郵送する

(転載終了)

ピロリ菌さんごめんなさい。

ピロリ菌は常在菌。ここまで医療の間違いは極まったか。もうほとんど医療業界の犯罪に近いな。 
<ピロリ菌>中学校で検査、全国初 兵庫
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140817-00000029-mai-soci
きっと常識的で善良で無知な医者と役人で善意の為に決めたのだろう。もしくは、確信犯で、医師会がカネの為に動いた。厚生労働省も製薬会社も噛んでいる。よっぽど国民を病気にしてカネに代えたいのだろう。可哀そうな中学生。いつも子供は犠牲になる。
大人は本当に愚かだ。
除菌率90%の薬を複数回服用
http://www.pirorikin.com/cat4/post_26.html
 
ランソプラゾール30mg
– オメプラゾール20mg
– ラベプラゾールナトリウム
– エソメプラゾール
アモキシシリン750mg
クラリスロマイシン200mg
メトロニダゾール
いずれも危険な薬物ばかり。
医薬品添付文書情報で調べて下さい。
http://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_base.html
その中で、
クラリスロマイシン
http://allabout.co.jp/r_health/healthdb/medicinedb/detail/356523/index.htm
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
息苦しい、痙攣、発赤[ショック、アナフィラキシー様症状]
めまい、動悸、胸の痛み[QT延長、心室頻拍、心室細動]
皮膚や白目が黄色くなる、吐き気、体がだるい[劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全]
のどの痛み、口内炎、鼻血・歯ぐきの出血[血小板減少、汎血球減少、溶血性貧血、白血球減少など]
皮膚や粘膜の水ぶくれ、皮膚の赤い斑点やあざ、唇や口内のあれ[皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症]
以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
薬物は、副作用が主作用です。こんな危険な石油化学薬品を中学生に飲ませるの?
 
え!? 無駄だった!? 「ピロリ菌除菌しても効果限定的」 学会発表
http://matome.naver.jp/odai/2136547289056663801
胃がん(胃潰瘍)の原因は、ピロリ菌ではありません。断定された研究論文もありません。科学的根拠もありません。

続きは吉田先生のブログでピロリ菌さんごめんなさい。

病気を菌のせいにするのは世の中の流れです。

まあ菌のせいにして薬やワクチンを大量に売り込めば儲かるでしょうから、分からなくもないですが・・。でもそんな事続けていると大きなしっぺ返しが来るとは思いませんか?

ピロ利菌の除去、HPVワクチン、歯医者では歯周病菌の除去、歯磨き粉に抗菌剤のトリクロサン、農業では農薬で害虫除去どの業界も同じような事やっていますね。。

昨日は患者さんで、ピロリ菌除去したら余計に逆流性食道炎の症状がひどくなったという患者さんがいらっしゃいました。

この方の血液観察をしたら、未消化のたんぱく質が沢山出ていました。
 
 

血中に出てきた未消化のたんぱく質はその後白血球が処理し、交差反応が起こりアレルギー自己免疫疾患の原因になると言われています。

参照記事
うどんと健康 
 

「小麦を食べるな!」のウイリアム・デイビス博士によると胃酸逆流は小麦を除去すると治まるそうです。この本の内容は非常に重要ですので、後日また記事にしてみたいと思います。

血液観察に興味が有る方は9月にまた血液観察&ノニ茶話会を開催しますので、是非いらして下さいませ!ノニは免疫力を整え血流を改善する効果がある素晴らしいサプリメントでは有りますが、リーキーガットがあり未消化のたんぱく質がゴロゴロ血中に出ている状態では残念ながらその効果を十分実感する事は出来ないかもしれません。

顕微鏡観察会&ノニのティーパーティー

場所:フレンズ歯科クリニック

日時:9月11日(木曜日)10:30~12:30

内容:口腔内細菌及び生体血液観察
    AGE測定、口臭測定
   ノニジュースの歯周病菌に対する効果
   ノニジュースを使った体験談
   ノニジュースのビジネスとしての可能性
  (実施する検査や内容はご参加される方や時間の都合により変化いたします。)

料金:無料

参加ご希望の方は、フレンズ歯科クリニックまで、
お電話043-287-4182にてご連絡下さいませ。

 

更新情報

ダウンロード
フレンズ茶話会9月.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [362.1 KB]
ダウンロード

小麦は食べるな!/日本文芸社
¥1,512
Amazon.co.jp

それでは良い週末をお過ごしくださいませ!


関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ