はい,フッ素は貴方のIQを低下させます

こんばんは

今日はナチュラルニュースに気になる記事がいくつもあります。

「はい、フッ素は貴方を馬鹿にします」

(本文訳)

次回誰かがあなたにフッ素という化学物質が人の健康に悪いという科学的な証拠が何もないと、説得しようとしたら、単に彼らに国立環境学衛生研究所発刊の環境健康展望誌それは現在25刊目ですが、そこに掲載された最近の新しい研究は、「フッ素は脳の発育に障害を与え、著しく人のIQを低下させる」である事を指摘すると良いでしょう。

ハーバード大学の公衆衛生大学と上海の中国医科大学の研究者たちの共同研究は、27の異なったフッ素の研究の評価による「子供たちに対するフッ素の影響」です。そのレビューには、共同チームはフッ素に被爆する事は特に成長期の子供では適正な認知の発達や脳の形成に非常に問題が起こるという「強い影響」を発見しました。

この図によれば、水道水に人工的にフッ素が添加されている地域の子供達は全体的にIQのレベルがフッ素が添加されていない地域に住む子供たちよりも低い事が分かりました。そして他の外部からの認知の健康や発達に影響するであろう因子を考慮した後に、フッ素の被ばくとIQのダメージの関係は否定できない事を結論付けました。

我々の研究結果は子供の神経の発達にとってフッ素の被爆は不利な影響を与える可能性がある事を支持します。と、ハーバード大学の科学研究者のアンナ・チョイと彼女の同僚はこのレポートの中で書いています。フッ素は胎盤に容易に入り込み、成熟した脳よりもより毒物の影響を受け障害を引き起こす事を疑われている発育中の脳が、フッ素に晒される事で永久的にその特性がダメージを受ける可能性を指摘しました。

2010年の発行された同じ医学誌に認知の発達とフッ素の被ばくとに関係性があるとする同様な研究を発見しました。対象となったのは8歳から13歳の中国の2つの農村の子供たちで、一つは水道水にフッ素添加されていてもう一つはフッ素添加されていませんでした。フッ素添加されていた農村と比較するとされていない農村の子供たちのIQレベルが350%全体的に高かったことが明らかにされていました。
(http://www.naturalnews.com/030819_fluoride_brain_damage.html)

そしてインドでも再度研究者たちがフッ素の化学物質が子供たちの脳内の血液脳関門を通過する事と神経組織の機能と構造に変化を及ぼすことを観察しました。医学誌の「医療と科学同盟」に掲載された特定の研究は、フッ素の普及はいかに脳を含め身体中にフッ素が時間とともに蓄積されていく事に関係しているかを示しています。
(http://www.naturalnews.com)

特別な利益を得るグループの政治的な目標を満たす為に子供たちに対するフッ素添加の実験を続ける事は理にかなっていません。と、ニューヨーク州のフッ素反対連合の代表で弁護士のポール・ビーバーは言います。「もしフッ素が虫歯を減らしているとしても、歯の健康と脳の健康とどちらが大切か?という事です。そろそろ政策を脇に追いやって、人工的なフッ素の添加を全ての場所で止める時期でしょう。」

(本文訳終了)

この様にフッ素が子供たちの血液脳関門を容易に通過して蓄積し、低IQを招くことが、様々な国でなされた研究により明らかになっています。これらの研究は何かの冗談でしょうか?私はそうは思いません。子供の健康をまもる医療従事者の方々、保健センターや学校関係者の皆様是非これらの事についてもっと詳しく調べてみて下さい。

と、いっても推進派の方々はこのブログは目にしてないかf^^;

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ