やっぱり大豆ってどうよ?

こんにちは♪

今日は先日いらして下さったかたの血液観察についてご報告します。

患者さんの食生活の比率は、ローフードの野菜や果物の比率が約80%。穀物が20%だと言う事でした。血液の観察像は以下です。

赤血球の形も正円形のものも多く、連鎖もしていず、血漿中に脂肪の粒も少ないので、概ね血液の状態は良好です。しかしながら、血漿中に大型の未消化のタンパク質が割と多めに観察されました。下図の左端に黒っぽい結晶は恐らく大豆のタンパク質。右は植物系のタンパク質だと思いますがなんだろうか?小麦かな?蕎麦かな?(臨床では昨日食べたものを言い当てる血液占いを楽しんでおります。)

更に食生活のお話を伺うと、豆乳ヨーグルトを多めに摂取されていらっしゃるということ。豆乳ヨーグルトだけが原因じゃないと思いますが、上から3枚目の画像に見られる様に白っぽい放射状の亀裂が入りかけていてミネラル不足の兆候も出ています。

やはり大豆は血中にこうして未消化のタンパク質が出てきて消化が悪いし、サポニン、レクチンといった腸の粘膜に炎症を起こす物質が入っているので、いずれにしろリーキーガット症候群を起こしやすい食材なんですね。

種にご用心!

 
またよく発酵している大豆は反栄養素が分解されると聞きますが、こうして血液観察をして見ると本当に健康食品なのかどうか疑問を感じます。

そして以下の画像は口腔内の細菌叢ですが、個人的には口腔内の細菌叢の状態はその方の免疫力を良く反映しているんじゃないかと思っているのですが、このケースの場合は歯周病が進行したときに見られるスピロヘータというらせん状に動く細菌が多数観察されました。

この細菌叢の状態を見る限りにおいては豆乳ヨーグルトは免疫力を本当にUPさせているのか?という疑問がやはり残ります。

ただこの結果では豆乳ヨーグルトばかりを食べていた訳ではないので、もしかしてローフードが原因で歯周病菌が繁殖し免疫力が低下している可能性もあります。でも以前、豆乳ヨーグルトだけを食べて血液観察にご協力頂いたケースもありますので、皆様にはそちらも参考にして頂きご判断頂ければと思います。

検証!豆乳ヨーグルト

まあ厳密には同じ人が単一のものだけを一定期間食べて評価をしない限り今回の結果がローフードによるものか、豆乳ヨーグルトによるものかは断言出来ないのですが、いままでの血液観察のデータから考えると個人的には大豆食品を大量に毎日食べる気にはなりません。

それに血中にこうして出てきたタンパク質は免疫力を低下させるのに一役買っている可能性が高そうですからね。

それにしても、世の中に多くの食事療法や健康食品や自然療法が有るけれど、中々本物に出会う事って少ないですよね。その中でも今私が知る限りでは、やはりノニジュースには素晴らしい健康効果が有ると思っています。特に歯周病菌の方にはお勧めですし、そういうものが製品化されているのですから、使わない手はないと私は思います。

歯周病は食事でなおそう!

だけど他にも効果がある安全で天然の素材が有りましたら、是非こっそり私に教えて下さいませ。血液観察や口腔内の細菌叢の検査なら喜んでやりますよ~!

良い夕べを♪

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ