やっぱり砂糖は危険

歯科衛生士の 高澤ですワイン

ちょっとご無沙汰してしまいましたあせる

着々と寒さが増していっていますね

私も 珍しく風邪気味ですにひひ

前回までは 規則正しい食生活や歯磨きにプラスαでの

虫歯予防法をお伝えしてきました

では 良い食習慣や歯磨きの方法とはどういったものなのでしょう?

これをテーマに 少しずつご紹介したいと思いますブーケ2

『虫歯にならない為には どのような食生活をしたらよいのか?』

そう聞かれたら 多くの方が『甘いものを控える』とお答えになるでしょう

そうです 正解です合格

砂糖が 虫歯の原因だということは 広く知れ渡っていますね

虫歯菌は 糖分を自分の栄養として取り込み 酸を排泄します

その酸が 歯を溶かすことにより 虫歯ができます

食生活のポイント1

砂糖の摂取量に気をつける

・砂糖を食べなければ 虫歯にならないのか?と聞かれると・・・答えはNOです!!

 砂糖以外にも 糖分(炭水化物)はあります

 果物の果糖 乳製品の乳糖 ご飯やパン いも類や肉や魚に含まれるブドウ糖・・

 これらも 虫歯菌のエサになります

 でも 全て食べないなんて不可能シラー

 砂糖よりは 酸を作る量は少ないので ごはんをきっちり食べお菓子は控えめに

 がポイントです

 当たり前のことですが 甘党の方は大変ですよね

 そのお気持ち よ~く分かります汗

・甘いものだけが おやつではありません

 特にお子様は 空腹を我慢できませんから 腹持ちの良いご飯やお餅を

 与えるのが良いと思います

 また最近は バナナダイエットが流行り その栄養価も評価されていますねバナナ

 3歳までが 味覚の形成時期であるため それ以前に砂糖の味を覚えると

 忘れられなくなります

 砂糖を使ったおやつは もうちょっと待って下さい注意

 

 クローバー次回は 砂糖の依存性 についてお話しますクローバー

 

 

 

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ