よく歩くと頭がよくなる?

おはようございます。ニコニコ

昨日は次女がお泊り保育だったので、長女と長男を連れて近所の盆踊りに行ってきました。

開催の公園までは自宅から距離的にはそんなには遠くないのですが、2歳の長男も歩いて行けました。上のお姉ちゃん達が同じくらいの年頃に比べると、男の子だからかよく歩きますね。

 ウオーキング走る人といえば一緒に行ったお友達のお母様達も最近朝6時から始めたと聞きました。あし健康に良いのはもちろんですが、構造医学の権威吉田勧持先生の著書の中に、「猿回しの世界では若いサルを調教する際まず2足歩行から始める。立って歩けないうちは、いくら調教してもなかなか覚えないが、2足歩行ができるようになると、とたんに従順になり、覚えが良くなるという。2足歩行によって重力が脳を刺激し、脳の発達を促すのである。これは重力が遺伝子に関係なく1個体に影響を与えることを意味している。」と、いう記述があります。

と、いうことはつまりよく歩くことにより健康に良いだけでなく頭まで良くなるということであるが、その関連性はともかく是非ウオーキングという良い習慣は日常生活の中に取り入れていきたいものです。音譜

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ