アーマ(海女でも尼でもないよ!)

こんばんは♪

今日はクローズの血液観察会でした♪

参加して下さった方の中にアーユルヴェーダをお仕事にされてるセラピストの方が、いらっしゃいました。

今日はそのセラピストさんの血液観察もさせていただきましたが、さすがでした。

何がさすがだったか?

はい、それは白血球が若かったということ!

でも白血球の若さってどうやって分かるのか?って

以下は、年老いた白血球と若い白血球の写真です。

どっちの白血球が若い?

Qどっちの写真が若い白血球かな?

吉川 美加_2016.06.30_L002

 

 

 

 

谷 智子_2016.06.01_L619

 

 

 

 

この写真の白血球は好中球といって、白血球の約6割を占めると言われる一番多い種類の白血球と言われています。

この種類の白血球は細菌やウィルスに感染した時にいち早く駆けつけて、駆除してくれます。彼らは好中球遊走という形で、仲間同士が集まって協力して仕事をします。

そして、彼らの仕事は細菌やウィルスの駆除ばかりではありません。

アーユルヴェーダでいう病気の原因とは?

Qアーユルベーダでは病気の原因と言われているあるものがあるのですが、その原因も彼らは除去してくれます。その原因ってなんだか分かりますか?

ヒントは以下の写真です。白血球たちがお片づけしているものはなんでしょうか?

谷 智子_2013.12.16_L112

 

 

 

 

 

もうお分かりになりましたよね!

そうなんです病気の原因はこの「未消化物」なんです!

アーユルベーダでは、この未消化物は「アーマ(体内毒素)」と呼ばれています。ネバネバした「体内毒素(アーマ)」となって体内に蓄積され、病気の原因の一つになると言っているそうです。

またアーユルベーダではは消化力をとても重視しているそうです。
食べたものは「アグ二」という消化の火によって栄養素に変換されますが、(消化酵素と同義語と解釈)
たとえ良いものを食べても、正しく消化されなければ、病気を引き起こす原因の一つと言われる「未消化物」という
従って、この消化の火の強さによって食べ物は薬にも毒にもなるとアーユルヴェーダは考えているそうです。

 

アーユルヴェーダのセラピストさんと話していて、未消化物が病気の原因になる!という事で2人で盛り上がりました!

谷 智子_2014.01.25_L180 谷 智子_2013.12.25_L140 谷 智子_2013.12.16_L115

 

 

 

 

 

例えばこのような未消化物が血液中に出てくるとどんな事が起こるでしょうか?

白血球は血液中の未消化物(体内毒素:アーマ)の処理で大忙しですよね!

こうした未消化物が増えると、好中球の数も必要になってくるでしょうし、消化活動の続きを血液中でしなくてはいけなくなるので、好中球の核は分化し多核になり、好中球が成熟して行きます。

好中球の貪食の様子をライブで見たい方は、以下の動画を参考にしてくださいね!

 

体内毒素アーマを減らすには?

Qでは未消化物(体内毒素:アーマ)を減少させるにはどうしたらいいのでしょうか?

はい、答えは簡単です。

腹8分目、少食、なんちゃって断食、ローフード。

こんな習慣が未消化物を減らしてくれます。

アーユルヴェーダのセラピストさんもそんな習慣をお持ちでした!!

こんな習慣を続けると白血球はどうなるか?

最初に見ていただいたように、血液中で好中球は未消化物の消化という余計な仕事をしなくて良いので、数も少数精鋭で抑制されますし、核も分化せず顔が若返ります。

若い白血球は一つ目か、バンド状ですね!

吉川 美加_2016.06.30_L002

 

 

 

 

 

年取るとシワが増えるように白血球も老化すると、核が増えるのです!

谷 智子_2016.06.01_L619

 

 

 

 

 

(独断と偏見によるまとめ)

免疫力を上げ若返りたければ、腹8分目、少食、なんちゃって断食、ローフードの比率を上げるなどの習慣をつけましょう!

断食の効果については、南カルフォルニア大学の研究をご紹介しているこちらの記事を参考にしてください!

 

http://アレルギー相談室.com/断食-完璧/

 

お知らせ

フレンズ歯科では血液観察を受けていただく事ができます。

あなたの免疫細胞の若さにご興味ある方は、以下の電話番号にお問い合わせくださいませ。

生体血液観察+凝固血液観察セットで5000円です♪

043-287-4182

 

 

 

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ