ガン患者のサポートはガーデニングで

おはようございます♪

今日は千葉は雨ですが、昨日は良い天気だったので、久しぶりに私のガーデニングのアドバイザーのXさんと一緒に(ご本人は人物像は謎にしておいて欲しいそうです。)畑に行きました。ずっと放置プレイだったので、去年植えた苗も枯れちゃっているかな?と心配していましたが、思いのほか植物達は逞しく育っていました。

去年植えたキウイの苗。春先は樹勢がなくもうだめかな?とも思っていましたが、復活し元気にツルをのばしていました。

また、同じく去年植え付けたブドウも元気に育っています。それにしてもこの女郎蜘蛛大きいですよね!危うく頭にのせてしまう所でした。この畑は雑草だらけですが、こうした昆虫たちの楽園でもあります!

また、庭のブラックベリーから株分けしたのもたくましく育ち、早くも実を付けていました。

それから、雑草の中にかくれんぼして居たトマトさん。樹熟させた状態になっていたので、甘かった~♪

またこちらは一昨年植えたブルーベリーまだ小さいですが、しっかり実がついています。

植物たちは私の心配をよそに、雑草の中で実に逞しく育ってくれていました!という事で、本人はこの畑の状況に大満足なのですが、ただ、畑の隣人にはどうやらかなりご心配をかけている様子だと、Xさんから伺いました。

というのも、やはり草一本生やさない状態にキープされながら、作物を育てる方からすれば、この状態はただの耕作放棄地に写る様子で「もっと畑を愛しなさい!雑草を取りなさい!」と、Xさんがご指導を受けたそうです。(全く私の自然農のアドバイザーになんて言う事を・・でも、畑の人間関係って意外に難しいのね~、いやいや勉強になりました。)個人的には福岡正信さんが提唱されている自然農が好きなんだけどな~。でも、どうやらそれは他の方から見るとただの怠け者に見えるそうです。まあ、お世話が行き届いていないのはおっしゃる通りなのですが・・。

また、畑にはまだ果樹を植えるスペースは有りますが、オーナーさんの意向でこれ以上果樹は増やさないで下さいと言われています。それに撤退するときにはすべて樹を伐採しなくていはいけません。せっかく育てたのにそんなの絶対嫌ですよね。
やっぱり人様の土地では思い通りに果樹を育てる事は難しいのですね・・。
ちょっと現在限界を感じています。だから、今後は貸農園は撤退して、苗は自宅を壁面緑化して育てるのも良いかと考えています。

それから、帰りにXさんの畑に寄らせて頂きました~♪Xさんの畑は今、アーティチョーク
が花盛り!紫色の大型のアザミはとても美しいですね!画面右端に見える人影がXさんです。帰りに金糸瓜を頂きました。中華風のサラダにして戴きました。メッチャ美味しかった~。Xさんは都市の近郊部に居住しながらも、里山資本主義で言われているような豊かな暮らしを実践されています。お庭でも多くの野菜や果物を育てていらして、自給率も高いと思います。

ガーデニングって、逞しく育っている植物たちから何とも言えないパワーを貰えますよね!家に帰ってお腹がすいたので、庭に直行して、食べごろを迎えているブラックベリーを枝からもいで、つまみ食いしました。なんとも贅沢なひと時です。


それから先日のナチュラルニュースにはこんな記事が載っていました。

ガーデニングは癌患者の体と心をサポートします

医療機関でもガーデニングのヒーリング効果が研究されている事を紹介していました。

例えばこちらのバーミンガムのアラバマ大学の研究では、ガン患者がガーデニングをする事で、新鮮な食材を食べ体にも良いし、身体的な活動量が上がり、将来の見通しも明るくなる効果が有ると言っています。


(1) 
http://www.sciencedaily.com

また、メイヨークリニックでは、ガーデニングをする事で、新鮮な野菜や果物をおおく食べる様になる事は勿論、身体的な活動量が上がり、不安や疲労を減少させ、自尊心が高まり心が明るくなると言っています。

(2) 
http://www.mayoclinic.org

また米国癌インスティテュートでは、アブラナ科の野菜には抗がん作用があるという事を紹介しています。

(3) 
http://www.cancer.gov


また以前にこのブログでもアナスタシアの種の植え付け方法をご紹介した事がありますが、種を植え付ける前に自分の口腔内に種を少しの間入れたり、手のひらに載せたりして、自分の情報を種に転写すると、その人にとって特別なヒーリング効果を持った植物が育つようです。


それでは良い一日を!

あなたの庭をヒーリングガーデンにしよう!

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ