コカインワクチンの矛盾点(効果はプラシーボと変わらない動画upしました)

こんばんは

さて皆様、コカインなどの薬物中毒にワクチンが応用されている事をご存知でしょうか?

詳細はここから

News | Weill Cornell Medical College | Cornell University

だけどそのコカインワクチンですが、どうやら矛盾点も多々ありそうです。

次の動画をご覧ください。


この動画によれば、コカインワクチンは、体内にコカインの抗体を作り、それがコカインと結び付く事で、コカインが血液脳関門を通過できず、高揚感を得られないために徐々にその薬物の常用を止める事が出来るとされています。しかしながら、その効果に対する疑問点もあるそうです。

1、コカイン中毒患者の38%にしか効かない。これはプラシーボの35%と殆どかわらない。

2、コレラ菌、アルミニュウムなどの重金属やその他の添加物を含むアジュバンドが使われてい
る。

3、コカインに比べてコカインワクチンには10倍の薬物依存性がある。
 
また、薬物中毒に関してはコカインだけでなく、覚せい剤や、アルコール、ニコチンの中毒等にもワクチンが応用できるそうです。

 

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ