スポーツドリンクに潜む危険性(脳神経外科医からの警告)

こんにちは

6月に入り大分暑くなってきました。
汗もかくし喉も乾くと思います。
そして渇きを潤すのにスポーツドリンクを飲まれる方も多いかと思います。
しかしながら、スポーツドリンクには思わぬ危険な成分が入っていく事をご存知ですか?
最近はスポーツドリンクもシュガーレスのものが増え、カロリーゼロを謳ったものも多いと思います。ダイエットに良いからと、従来のものでなくシュガーレスを手に取る方も多いことでしょう。

しかしながら、その甘味料としてアスパルテームやスクラロロースなどの人工甘味料が使われています。
以前明治やロッテなどのキシリトールガムの件でメーカーに問い合わせた時には、それらの甘味料には遺伝子組み換えのトウモロコシやジャガイモが使われているという回答を頂きました。
すべてのメーカーに問い合わせたわけではないので断言はできないが、恐らく現在市場に出回っているこれらの、甘味料は遺伝子組み換え食品由来であると思われます。

過去記事でも遺伝子組み換えの危険性をお伝えしましたが、それだけでなく
これらの人工甘味料には更に別のリスクがあるんです。(もうご存知かとは思いますが)

これらの人工甘味料は合成アミノ酸で、同じく合成アミノ酸であるグルタミン酸ナトリウムは、肥満、糖尿病、心臓発作、偏頭痛、てんかん、下痢、関節痛、うつ病、めまい、ろれつが回らない、注意欠陥・多動性障害、不眠症、不安などの副作用が報告されています。
これらの危険性に警鐘を鳴らすラッセル・ブレイロック教授は元脳神経外科医で、グルタミン酸ナトリウムに興奮毒性があること、肥満になる危険性があること、そして人工甘味料のアスパルテームと一緒に摂取し、運動をすることで突然死する可能性を指摘しています。

世の中危険な食べ物ばかりですね。
困ったものですね。

世の中おかしい・・・」さんの翻訳の動画です。(いつも貴重な動画の翻訳ありがとうございます)


そして、松田選手が練習中に亡くなったことは記憶に新しいと思いますが、
(まだ若くてプロ選手でメタボとは無縁の方がなぜ突然死??)
サッカー選手の突然死は松田選手だけではありませんよね。

掲載元NEVERまとめhttp://matome.naver.jp/odai/2131246527239313101

 

松田直樹選手だけじゃない…プロ選手突然死まとめ

サッカー元日本代表の松田直樹さんが4日、34歳で死去したが、サッカーでは現役のトッププロ選手が心臓疾患で急死する例が少なくない。サッカー元日本代表の松田直樹さんが4日、34歳で死去したが、サッカーでは現役のトッププロ選手が心臓疾患で急死する例が少なくない。

更新日: 2011年08月04日

もしかして、スポーツドリンク中のアスパルテームやアミノ酸等が原因の一つになっているのでは?
そう考えるのはまたしても管理人だけだろうか?

そしてブレイロック先生の、グルタミン酸の危険性を指摘した著書の要約が閲覧できるサイトなどもあるので、良かったら閲覧してみてくださいね。

WE are all one 様のブログより

http://ameblo.jp/mother-teresa/entry-11148305638.html

ー転載開始ー

突然死にはいろいろな原因があります。松田選手の死因と関連性があるかは不明ですが、突然死の一番身近な原因として食品中の化学調味料(アミノ酸調味料・グルタミン酸ナトリウム)や人工甘味料アスパルテームの存在があることは、一般社会はもとより、医療業界やプロスポーツの世界でもほとんど知られていません。

グルタミン酸は、「アミノ酸」としてあらゆる加工食品や外食産業で大量に使用され、アスパルテームは、シュガーレスガムやダイエットドリンクやスポーツドリンクにまで安全なものとして、近年、ますます多くの食品に使用されているので、よほど気をつけている人でない限り、ほとんどの人が毎日口にしていることでしょう。

突然死の直接原因は冠動脈攣縮(れんしゅく)と不整脈ですが、どちらも興奮性の神経毒である遊離アミノ酸のグルタミン酸とアスパルテームによって引き起こされることを専門家が指摘しています。

We are all one.(僕等は皆一つ)

ブレイロック博士のホームページ

http://www.russellblaylockmd.com/

元脳神経外科医で興奮性毒の研究家であるアメリカのラッセル・ブレイロック博士は、著書の『EXCITOTOXIN(エキサイト・トキシン―人を殺す味)』でその重大な危険性を訴えています。

「そして現在、心臓突然死が増えています。もし、化学調味料を含む食事とアスパルテーム入りドリンクを飲んだ直後にとても激しい運動をしたら、どうなるでしょう。心臓にあるグルタミン酸受容体が強く刺激され、人によっては突然死を起こすでしょう。突然死は二つの原因でおきます。不整脈と冠動脈攣縮です。そのどちらもグルタミン酸によって起きます。死亡診断医もこれらの情報を知りません。耳にしたことがないのです。」

博士は、マグネシウムをサプリメントなどで補っていない慢性的なマグネシウム不足にある人は、特に突然死の危険性が高いことを指摘しています。

(※ブレイロック博士の本は日本語訳が出ていないので、重要なポイントを『マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている』中のコラム「マスコミが伝えないうま味調味料の興奮毒性」にまとめたので、関心のある方はぜひ読んでみてください)

要約は、無料の移動式カフェでメッセージを普及している幸喜さんのブログで読めます。

HAPPY BIRTH CAFEー化学調味料の危険性

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ