ピーナッツアレルギーとワクチン(ナチュラルニュースより)

こんばんは

ピーナッツ油がワクチンに秘密裏に使われている為アメリカでは爆発的にピーナッツアレルギーが増加しているという記事をナチュラルニュースで読んだので翻訳文を載せておきます。また、それについては過去記事にもまとめていますので、宜しかったらそちらもご覧下さいね。(後ろの方にリンク載せておきます)やっぱり、アメリカ政府が表示の規制を撤廃してから爆発的にピーナッツアレルギーが増えてようですね。全くロクなもんじゃない・・。お医者さんはワクチンに何が入っているか本当に知らないんですよ~。だって、製薬会社を守るために全ての成分を表示する必要がないって政府から許可が出ているからね。

ワクチンのおかげで千葉名産のこんなに美味しいピーナッツが食べられないなんて、なんだか悲しくないですか。私は知ることで病気は防げると、信じています。

ワクチン中のピーナッツ油がアレルギーの流行の一因です
http://www.naturalnews.com/039192_peanut_oil_vaccines_allergies.html

今日アメリカでは百万人以上の子供たちがピーナッツアレルギーに苦しめられていて、そのうちの多くの子供たちが、ピーナッツを万が一摂取してしまった時に起こる生命に関わるアレルギー反応に備えて、エピネフリンを持ち歩いています。今までの記録によれば長年ピーナッツを食べていたにも関らず、1900年以前はピーナッツアレルギーは報告されていませんでした。それでこんな疑問が湧きます。今日なぜこんなに多くの人がピーナッツアレルギーを持っているのか?そして何処で生命に関わる潜在的なアレルギーになってしまったのか?

「The Doctor Within」の中で、ティム・オシェア博士はワクチンはピーナッツアレルギーの原因でその増加に一役買っていると書いています。そして多くのワクチンだけでなく抗生物質に含まれる賦形剤までもがピーナッツ油由来だということです。ピーナッツ油は比較的安価に製造できるので、精製されたピーナッツ油は1960年代にワクチンの製造時の賦形剤の材料の一部として広まり、現在でもそれは広く使用されています。

しかし今日ピーナッツ油が20世紀になってから突然以前には見られなかった重症なアナフィラキー様のアレルギーの流行を誘引しているという事は明らかになっていません。アナフィラキシーは食物アレルギーで引き起こされ、重篤な、痙攣、発作、時に死に至ることもある様な反応です。

ピーナッツ油がワクチンや薬の製造に多く使われるつれ、多くの人が重篤な食物アレルギーになり始めたということが明らかになってきています。ピーナッツ油は防腐剤やアジュバンドとして有用だと製薬やワクチン産業に広く活用されています。しかしそれを服用したり注射したりするとピーナッツ油ベースの賦形剤やアジュバンドがアレルギーの感受性を高め重篤で永久的なピーナッツアレルギーになってしまいます。

1980年代にはピーナッツアレルギーはかなりよく見られるようになりましたが、1990年代の前半になってとても多くの子供たちがピーナッツアレルギーになり、本当に大流行したと、オシェア博士は本の中で説明しています。注目すべきは幼少時のワクチンのスケジュールがかつて無いくらいに多くなるのに直接的に呼応してピーナッツアレルギーが増加して来たことです。接種するワクチンは1980年代から1990年代にかけて2倍になり何千人という子供たちが時に命に関わる重篤なピーナッツアレルギー反応を示すようになりました。

ワクチン製造者は全てのワクチンの原材料を消費者に公開していません

まだ比較的ピーナッツアレルギーが稀だった1973年にワクチン中のピーナッツ油由来の賦形剤の影響に関する重要な実験が行われています。それが公表されるとまもなく、政府の取締官はワクチンの製造者のワクチン中のピーナッツ油由来の賦形剤の表示義務を撤廃しました。小児科医、両親、或いはピーナッツ油の賦形剤を安全上の理由から避けたい人々は避ける手段を失いました。

「今日医師への説明書きでは各ワクチンの全成分を知ることは出来ません。」と、オシェア博士は付け加えました。「突然詳細な情報は独占され、ワクチン製造者は守られたのです。大まかな成分の表示で良いとされたのです。」

その時以来、ピーナッツアレルギーは更に増加し、重篤になっていますが、殆どの人がピーナッツ油の賦形剤がワクチン中に含まれていることが主要な原因だということを理解していません。これは将来改善されますか?政府の規制官や医学界の権威が突然良心に目覚め、医学的な詐欺を暴露し適切な対処をしていかない限りそれは無いでしょう。

オシェア博士の本のピーナッツ賦形剤とワクチンの章はこちらから読めます。
http://www.thedoctorwithin.com

そしてこの本の残りの部分はこちらから読めます。

 http://www.thedoctorwithin.com/chapters/

(翻訳終了)

ピーナッツアレルギーと予防接種

http://xn--cckya2od6fu983ag8xbde7a.com/?p=1246

ワクチンと食物アレルギー(あるDrからの警告

http://xn--cckya2od6fu983ag8xbde7a.com/?p=1254

では、良い週末をお過ごし下さい♪

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ