フッ素がADHDや自閉症と関連(byハーバード大学)

おはようございます♪

今日はナチュラルニュースが、ハーバード大学が出したフッ素がADHDや精神的な疾患と関連性が有るという研究を取り上げていたので、ご紹介します。

フッ素がADHDや精神的な疾患と関連するというハーバード大学の研究

子供たちのADHDや自閉症のもっとも主要な原因は私たちが摂取している食べ物や水などに隠されて含有している化学物質いあるかもしれない。というハーバード大学とアイカーン医学校の最新の共同研究結果が、ランセットに発表されました。そしてその隠れた化学物質の中には、北アメリカで公共の水道に添加されているフッ素も入っていて、それが子供たちの精神的、行動的な疾患の両方に関与しているというのです。

2006年に発表された研究でもフッ素は発達に障害を及ぼす神経毒性を持っているとされ、27のフッ素の研究のメタ分析がなされました。その研究の殆どが中国からのもので、子供達のIQの低下と関連性があると結論付けられました。この分析の後に、フッ素が正常な脳の発育を妨害し、自閉症などのスペクトラム障害、失読症、ADHDやその他の健康問題に関連していると結論付けられました。これらの静かな流行病は多くの主要な健康当局には無視され続けています。

この研究に関わったハーバード大学のフィリップ・グランジャンと、アイカーン医科大学のフィリップ・ランドリガンは、過去70年で、6歳から12歳の子供の化株物質に起因する神経発達障害は2倍に上ると言っています。その理由として、承認された殆どのの化学物質は、公衆にどこでどの位の量の化学物質が使用されているか告知されずに、使用されている事をあげています。

2006年以降多くの化学物質が人間の脳に損傷を与える事が一般にも知られる様になって来ましたが、子供達の健康を守るための規制は進まず、その数は202から214に増加したと、シドニー・モーニング・ヘラルド紙にジュリア・メデューが書いています。この2人の研究者はこれは氷山の一角にすぎず、全米に広がる8万以上の化学物質についての、胎児や子供に対する影響の毒性は検査されていないと、言っています。

フッ素は子供達の安全の為に即刻公共の飲料水から除去すべきです

市民はフッ素が農薬に入れられていている様な物質で、非常に害のある物質である事は知らされていず、フッ素は歯を守るという名目で意図的に水道水に添加されています。これは重大な問題です。公衆衛生の専門機関は、子供の発達障害の可能性があるフッ素の問題を、科学的にその危険性が立証されているにも関わらず無視し続けています。

鉛、ある種の産業用溶媒、作物に使われる化学物質の様にフッ素は人間の血液の中に蓄積する事が知られています。フッ素は血流にのって、骨やその他の体内の組織に蓄積されます。妊婦が摂取すると、フッ素は胎盤の血流を通じて発育途上の胎児の骨や脳に蓄積します。
フッ素が蓄積すると絶えまなく影響が及びますが、公衆衛生の専門機関もその事をもっと深刻に受け止め規制をするべきです。

この問題は地球規模に及んでいますので、解決策は国際規模で考えるべきですと、グランジャンはプレスリリースで発言し、さらに一般的な科学物質について規制の基準を改善するべきであると呼びかけました。「我々は産業科学物質の子供達の脳の発育に関する有害な影響を検査する方法と場所を手にしています。今こそ、検査を義務付ける時期に来ているのです。」

フッ素の効果についてではなく、何故フッ素が有害なのかについての科学的背景をもっと知りたい方は、こちらのページを閲覧して下さい。

luoride Action Network’s website.

また今回のランセット誌に掲載された「神経行動の発育に影響する毒物」の論文の抄録はこちらから確認して下さい。

http://www.thelancet.com.

日弁連から集団フッ素洗口・塗布の中止を求める意見書が出されています

このサイトから、日本弁護士連合会が出している集団フッ素洗口・塗布の中止を求める意見書がダウンロードできます!http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/110121.pdf

フッ素についての10の真実

フッ素についての10の真実1.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [549.3 KB]
ダウンロード

それでは良い午後をお過ごしくださいませ♪

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ