フッ素の真実のドキュメンタリー(水道プラントに隠しカメラが潜入)

こんばんは

インフォ・ウォーズの動画で、隠しカメラが水道プラントに潜入したレポートがあったので字幕を付けてみました。後半の訳まだですが、後程時間をみて完成させます。申し訳ありません。
(休診日だっていうのに子供が夏休みで家にいてピグをやってPCを占領していますσ(^_^;))

それから、最近は当院もアンチフッ素で有名になってきたのか、近所の保健センターからはあそこの歯医者はフッ素を塗ってくれないから、行かない方が良いと言われるまでになりました。
(-“-;A
医院でせっかくフッ素の危険性に対する情報を出して、患者さんに気づいてもらおうとしているのに、保健センターに行ってそう言われてしまうと、患者さんがまた迷ってしまいます。
だって、人は権威に弱いですから。。。
なんか敵をはき違えているんだよね~ヽ(;´ω`)ノ
だって市民同士がこうして争っている場合じゃないと思うから。。
正しい情報を得て、はやく一致団結してこの世の仕組みを逆転させたいじゃないですか!
個人的にちょっと前の映画ですが子供と見たダイナソーがとても印象に残っていて、ラストの凶暴なカタノサウルス(?)に立ち向かう草食の主人公恐竜のアラダー達。
いつもこのイメージを持っているんだけど、私達人間はこんな事してたら、恐竜の足元にも及ばないなって、ため息出ちゃいます。
でも今の所自分にできる事は、情報を流していく事かなやっぱり。。

動画の中で、フッ素はアメリカ疾病予防管理センターの危険物のクラス分けによれば、レベル4となっています。これはとても危険なレベルで、取り扱うには厳重な専用の防護服が必要だと言います。またフッ素はアルミニウム、リン酸肥料、スチール、原子力兵器等の産業の産業廃棄物です。そして、健康に及ぽす作用としてしては、知能の低下、記憶学習障害、腎機能への障害、骨の病気、発癌等で、これらは科学的に証明されています。

また動画の中で最初にフッ素が大衆に応用されたのが、ナチの強制収容所だったという部分が有りますが、実はその支配が現代も続いていて、その根底には優生学に基づく人口コントロールがあってそれを実行している人達が世界統一政府の樹立を画策していて、それをNWO新世界秩序と言っています。
今回オリンピックで色々と企画している人達もそれと同じ類の支配者達です。
だから、今回のオリンピックには色々と良くない噂があります。
それは、wake up Japan さんや日本や世界や宇宙の動向さんのブログなんかには詳しく書いてあるので、よかったら見に行ってみてくださいね。


関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ