フルータリアン党の結成(TPPを凌駕する生き方をしてみない?)

こんばんは

近い将来TPP参加するであろう日本。参加すれば日本の食は益々危険に晒される事になり、安全とはかけ離れたものになって行く事でしょう。そこで、個人が健康的に生きる為に出来る事は本来の食性を取り戻し、果実食(フルータリアン・ダイエット)を実践する事。そして自然農法での果実の自給自足を目指す事。そんなフルータリアン同士がネットワークを構築する事です。そこで、それらを実践する為にフルータリアン党を結成したろどうかと考えました。

注)今日の記事をみてとんでもない話だと思われた紳士淑女の皆様は、どうぞ静かにスルーして私の妄想を笑ってやって下さいね♪まあ、至って本人は大真面目に考えているんですけどね。

フルータリアン宣言(案)

私達が目指すのは、人間本来の食性を取り戻す事。
人間の本来の食性は果実食です。
果実を主食とする社会では動物の虐殺は有りません。
だから、家畜から出る廃棄物で地球が汚染される事も有りません。
人類が肉食を止めると人為的メタン排出量の37%が削減されると言われています。
また、生の果実を主食にすれば、料理にかかるエネルギーは不要になります。
そうすると、家庭でも業務でも厨房に必要なエネルギーの約8~9%が削減できます。

人が穀物の栽培を始めたり、狩猟生活をしていた頃よりも、もっと遡り森で生活していた太古の人類の心を取り戻す。そこには戦争や人による動物の虐殺も有りません。

また、人間の食性に合った食事は、体に負担がかからず、病気を避け、健康でいる事が出来ます。だから、医療費の財源を心配する必要もないのです。

私達が果実食になる事で自然と共生し、心穏やかに幸せに生きましょう。今私達が本来の食性を取り戻す事で、未来の子や孫に誇れる美しい地球を取り戻しましょう。

自給自足のフルータリアン(果実食)に回帰する事で私達の身近な生活はこう変わる

・勿論食糧の自給率が上がります
→多国籍企業や政府の動向が気にならなくなる
→遺伝子組み換え食品を回避できる

・外へ出て働く必要が無くなるので雇用問題は一気に解決
→競争やマネー偏重社会から解放され本当の幸せの中で生活出来る。
→但し生活に大金は必要無いが、固定資産税などの支払いで全くお金と無縁では居られない。
その分のお金を稼ぐ仕組みは必要

・家族が分断されない
→男性は外で稼ぎ女性は家で家事。という性分業が不要になる為、不当な社会評価による男女差別がない平等社会が実現。
→両親が家に居るので、保育園などの待機児童の問題も一挙に解決

・学校は不要になる
→親が幸せにフルータリアン自給自足生活を実践していれば、子供たちも将来同じような生活を望む。そうなれば、生活に直結しない教育は不必要になる。
→子供達は数字重視の偏った評価や価値観から解放され本当の自由の中で伸び々育つ。

・本来の食性を取り戻す事で病気とは無縁になる
→雪だるま式に膨らむ医療費の削減が出来る。
→免疫力上がるので予防接種も不要になる
→高齢者でも健康でフルータリアン自給自足生活を行えば自立が可能なので、年金などの社会保障制度は必要最低限に。

・経済格差が無くなる
→価値観の変換が起こりお金を稼ぐ事よりももっと大事なことに気づく

・外で過ごす時間が増える
→免疫力が上がり心身ともに健康になる
→人間らしいストレスフリーの生活が出来るようになり、長時間労働や過労死などの問題とは無縁になる
→昼間体を動かすので、夜ぐっすり眠れるようになり、不眠症は減少し、不必要な薬剤の処方も減少
→運動不足が解消し肥満が減少しそれに伴った成人病も減少の一途をたどる

・貧困が無くなるので争いや犯罪が殆ど無くなる
→お金を心配せずに生活出来ると心に余裕が生まれ、他人を思いやる共生社会が実現

・人や動物の幸せを食い物にするような職業や企業は淘汰される
→生産業で排出されるCO2や環境汚染物質が激減し地球環境が改善

・エネルギーの需要が減る
→段階的に原発からの卒業が可能
→エネルギーの自給率が上がるので石油資源への依存度が減少
→石油資源の需要が減るので、多国籍企業が石油資源を強奪する理由が減り、
戦争も少なくなる。

・自然農法が普及する
→農薬や除草剤を使わないので、環境に負担がかからない
→多国籍企業モンサントの除草剤のラウンドアップ、遺伝子組み換え種子の需要は無くなる

・サバイバルモードから解放されるので、人類の未知の能力が開花する
→超能力の開発
→今までは想像もつかなかった新しい発見が出来るかも

フルータリアン党のアジェンダ(案)

1、人間の本来の食性を取り戻す
→フルータリアン食に関する情報の提供

2、自然農法を実践していく
→自然農法に関する情報提供

3、最適な健康(オプティマム・ヘルス)を目指す
→医療や健康に関する情報提供

4、フルータリアンネットワークの構築
→ネットワークを構築し、果実の販売や知識を得られる場を作る

5、政府に頼らず安心して暮らせる体制の構築
→自然農法を実践していける土地やエネルギー水資源の確保

今後もう少しフルータリアン宣言やアジェンダの案を煮詰めて、賛同して下さる党員を本当に募集するかもしれませんので、その節はよろしくお願いします。(笑)但し、まだ党員は私を含めてたったの8名です。(汗)

また、まだフルータリアンダイエットってどういう食事か知らない方は「人間の本来の食性を取り戻そう」と言う資料を作ったので、良かったらダウンロードして読んでみて下さいね。この資料には、ダクラス・N・グラハム博士のフルータリアンダイエットからの翻訳文の抜粋、200万年前の人族の祖先の歯牙のプラークを分析し、樹皮、草、スゲ、果物、ヤシ等を食べていたという考古学の最新研究結果のプレスリリースの翻訳文等を載せています。個人的には日本、世界、地球を救うフルータリアンダイエット自給自足生活に共感してくださる方が増えると嬉しいな~♪ と、思っています。

人間の本来の食性を取り戻そう

人間の本来の食性を取り戻そう.docx
Microsoftワード文書 [149.8 KB]
ダウンロード

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ