マカロニにネズミの毛が混入?(そんなの関係ねーby政府)

おはようございます

FDAの異物混入基準マカロニに混入するネズミの毛
225gあたり、4.4本までならOK

昨日FDAの食品への異物混入の基準をご紹介しましたが、肝心の日本の基準についてはどうなんだろうか?と、思いマカロニの異物混入の日本農林規格について調べてみました。そうしたら、何と、マカロニ類の日本農林規格(昭和48年12月26日農林省告示第2633号)について、標準規格の性格を有するものとして所要の見直しを行う。と、言う案が今年の1月12日に検討されていて、驚くべき事に

マカロニ類の日本農林規格について、現在の製造・流通の実情等を踏まえ、
(1)異物の規定を削除する

と、書いて有りました。と言う事は、やはりマカロニ225g中にネズミさんの毛が4.4本以上入って居ようと、ゴキブリの足が入っていようと、異物の混入規制が撤廃されちゃったんですから、なんでもありって言う事になっちゃいますね。

・・・・

皆さんどう思われますか?もうこんな政府いやですね。食べ物は安全な生産者から買うか、自分で作る以外は無いっていう事ですね。

(マカロニ類の日本農林規格の見直しについて(案)農林水産省の資料より一部引用)

是非次のページから実際の資料をご確認ください!

マカロニ類の日本農林規格の見直しについて(案)

平成25年1月12日
農林水産省
1 趣旨
農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(昭和25年法律第17
5号)第10条の規定及び「JAS規格の制定・見直しの基準」(平成24年2
月農林物資規格調査会決定)に基づき、マカロニ類の日本農林規格(昭和48年
12月26日農林省告示第2633号)について、標準規格の性格を有するもの
として所要の見直しを行う。
2 内容
マカロニ類の日本農林規格について、現在の製造・流通の実情等を踏まえ、
(1)異物の規定を削除する
(2)粗たん白質の測定方法について、誤差の規定方法等を一部修正する
等の改正を行う。

マカロニ類の日本農林規格の一部を改正する件新旧対照表
○マカロニ類の日本農林規格(昭和48年12月26日農林省告示第2633号) (下線部分は改正部分)

改正案
第3条マカロニ類の規格は、次のとおりとする。
一般状態(略)
改正案では異物の混入規定が本当に削除されています!


現行
第3条マカロニ類の規格は、次のとおりとする。
区分基準区分基準
一般状態(略)
異物混入していないこと。


(引用終了)

昨日の記事のタイトルをとんでも話と書きましたが、これは実はとんでも話じゃなかったんですね~!本当にもう政治になんて期待できないですから、食料は自分達で作るより他無いと、私は思いました。なるべく政府に頼らない生活を目指したいですね♪

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ