モンスターカンパニー(モンサント社)インドのコットンベルトで起こっている事

こんにちは

インドのコットンベルト(自殺ベルト)と言われる地方ではモンサント社による、
BT綿花種子(遺伝子組み換え)の支配戦略が推し進められ、生産者たちの自殺が
社会問題となっています。
その問題に関する動画です。(日本語字幕は右下のCCボタンでオンになります)

BT綿花はアレルギーなど重篤な健康被害との関連性が指摘されています。
その上、生産者たちの種まで奪い、灌漑設備への投資を強要しているなんて・・・

でも、最近のニュースで500万人もの生産者が立ち上がりモンサント社相手に訴訟を起こしていると伝えられています。そのニュースを下記に転載しておきます。
是非生産者たちには頑張って欲しいものです。
日本も対岸の火事と決め込んで良い状況では無いです。

ニュースの日本語訳の掲載元「日本や世界や宇宙の動向」様のブログhttp://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51829301.html

ニュースの掲載元
http://beforeitsnews.com/story/2220/839/5_Million_Farmers_Sue_Monsanto_for_7.7_Billion.html

ー転載開始ー
(内容)
30分に1人の割合で農民を自殺追い込んでいる悪名高いモンサント社に対する訴訟が起こされました。
現在、500万人のも農民が、モンサント社に対して62億ユーロ(約77億ドル)もの賠償を求めて訴えています。その理由は、他の多くのモンサント社のケースと同様ですが、モンサント社と関わった農村地域が自殺ベルトとして知られるほど、モンサント社は高額な使用料を農民たちに請求し続け、農民たちを借金地獄に追い込んでいるのです。農民たちは、モンサント社が前年の種子から採れた農作物に対して、それらの種子の再利用料として、世界中の農民たちから毎年法外なロイヤルティを不当に請求することで巨大な利益を得ていると主張しています。

なぜ、モンサント社はこのような法外なロイヤルティを取り続けるのでしょうか。モンサント社は、農民が農作物から採れた種子の再利用を禁止し、自社が開発し特許を取得した遺伝子組み換え種子のみを使わせ、法外な額のロイヤルティを農民たちに請求し続け、巨額の富を得たいのです。その結果、多くの農民は支払におわれ困窮し農業が続けられなくなり放棄しています。このような理由から、インドではモンサント社に対する激しい非難が起こり、二度と彼等の人生を狂わせないためにも、革新的な”生物的海賊行為”の罪で訴えているのです。

担当弁護士によると「モンサント社は、種子を売るたびに、法外な種子代を請求します。法律上は、農民は農作物から自由に種子を採り、再利用することができるのです。種子代を払う必要など全くないのです。農民は、自分の育てた作物に対してモンサント社に独自の税金を支払わなければならないのです。」とのことです。特に貧困地帯では、非常に多くの農民たちが、モンサント社の被害にあいました。そこでは農民たちが立ち上がり、モンサント社に抵抗することすらできませんでした。2008年のデイリーメール紙には、モンサント社の遺伝子組み換え作物による集団虐殺と題した記事が載っていました。 2009年だけでも、17683人以上のインドの農民たちがモンサント社によって命を落としているのです。多くの農民たちが、収穫が上がらず経済的に困窮し、モンサント社が売りつけた殺虫剤を飲んで自殺するようになりました。これらの情報によりモンサント社の犯罪性が明らかになりました。このようなモンサント社に対する訴訟事件は今後も増えるでしょう。1月に敗訴となったのちに、モンサント社は違法にも奴隷と同様の作業リングを実施し始めました。

世界中の多くの人々がモンサント社がいかに農業従事者に対して酷い扱いを行っているかを認識し始めています。このようなことを行っているモンサント社がどうして消費者の健康を気遣うでしょうか?4月には他の農民グループもモンサント社に対する訴訟を起こしています。それはモンサント社による農業従事者に対する故意の毒殺と破壊的な出生異常を引き起こした罪に対してです。今後、世界中の何百万もの被害者たちによるモンサント社に対する訴訟が続くことで、モンサント社を潰すことができるでしょうか?

ー転載終了ー

私たちに出来る事は、遺伝子組み換え作物にNOという事です。
それは日常の消費行動で意思表示できます。

現在日本でも、消費税増税、原発推進、ワクチンによる人口削減、TPPへの参入等、挙げればきりがない位私たちの生活全般に渡り、支配が着々と前進しているように見えます。個人的にはそれらは一本の線で繋がっていると思っています。

でも、そんな見えない囲いの中で、私たちは生活して行かなくてはなりません。
だから、何を選択して購入するかという消費行動は私たちの意思を反映する上で、
とても大切だなって思います。

GMOにNOと言いませんか?

それでもたまには、闇の支配者たちが宇宙人達の力を借りて一斉駆逐されないかな?とか、
UFOが来てこの社会システムが終わらないかな?なんて考えたりもしますが・・・

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ