ワクチンと自閉症

こんにちは
今日はナチュラルニュースからワクチンと自閉症の関係を猿の幼児を使い明らかにした、という研究をご紹介します。

ワクチンは爆弾:赤ちゃん猿は通常用いられるワクチンの接種で自閉症の症状が進みました。もしワクチンが完全に、多くの医学の専門家が今日主張する様に子供の自閉症の発症と進行に何の関係ないとしたら、なぜ多くの一般的な子供たちに接種しているワクチンが霊長類の自閉症の原因となっているのでしょう。
この多くの人々が持っている疑問は最近のペンシルバニアのピッツバーグ大学で行われた、多くの小猿が、通常の子供たちに使っているワクチンによって自閉症の発症と進行が見られたというあたらしい研究に一部の端を発しています。

彼らの分析によれば、ピッツバーグ大学のローラ・ヒューストンと彼女の同僚は、米国疾病予防センターにより、安全で適正な典型的な小児のワクチンスケジュールとされている事が、実はそうではなかったというが解っています。
そしてこの勇気のある研究チームの発見は、ワクチンは自閉症のリスクと何の関係もなく、安全だという大多数の神話を完全に打ち砕きました。
イギリスのロンドンで行われた自閉症研究の国際会議で、マカク猿が疾病予防センターの1990年代から勧めているスケージュールでその猿のサイズと年齢において適切な量の予防接種を受けたところ、自閉症の症状に発展しました。そしてワクチンを受けていないコントロール群では一方そのような症状には至りませんでした。つまり、ワクチンの自閉症スペクトラムの異常とは密接な関係があるのです。

幾つかのワクチンはチメロサール、水銀などの化合物が含まれていて、これらの物質は段階的にワクチンには添加されないようになってきていますが、しかしこれらは依然ビッチサイズのインフルエンザワクチン、その他のいくつかでは使われています。
また自閉症やその他の不可逆性の子供の健康の重大な副作用に関係していると何度も言われ物議を醸している麻疹、おたふく、風疹のMMRワクチンも依然としてこれらの添加物が入っています。

「この研究はワクチン、水銀に対する更なる臨床的な検査の必要性と、自閉症の子供が見られる事から変更する必要性がある事を強調しています。」このようにセーフマインド(公的な安全のグループでワクチンと自閉症の真実について公表するよう働きかけています。)のディレクターのリン・レッドウッドは言っています。
「セーフマインドはこの研究は規模が大きく、自閉症の医学的な状態とワクチンの効果について偏見のない研究だと言っています。」

ワクチンの監督業務ははCDCから取り除かれるべきで、独立エージェンシーに渡されるべきだと、ワクチンの安全論者は言います。

セーフマインドのプレジデントのテレサ・ウランガムは感情をこめて、疾病予防センターの推奨するワクチンスケジュールの正しい安全性の研究の要求にこたえていない事を訴えます。全てのその他の薬と違い、承認を受けワクチン接種を推奨する前に安全性のテストを一通り少なくとも受けるべきですし、特定のワクチンのスケジュールが安全で効果的である事が売り出される前に確認されるべきなのです。
「この霊長類での影響の研究はサイエンティフィック・ジャーナルの研究の出版が待たれます。」と、ウランガムは言います。
「でも我々はこの研究は、かに疾病予防センターがワクチンの安全性に関する疑問への調査を怠り責任逃れをしているかを明らかにしています。ワクチンの監督は疾病予防センターに任せるべきではなく、独立機関がやるべきなのです。

(本文訳終了)

Be sure to read this thorough analysis of the study by Catherine J. Frompovich of VacTruth.com:
http://vactruth.com/2012/04/29/monkeys-get-autism/

この記事の情報源です。
http://vran.org

今日は子供をプールに連れて行って疲れた~
でも妙にみんな生き生きと楽しそうにしていたので、
元気ももらえました。

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ