ワクチンに中絶胎児の細胞が!(FDAが認めてます)

こんにちは♪

中絶胎児の細胞がワクチンに使われているということは聞いたことが有りましたが、具体的にどのワクチンに入っているのかは知りませんでした。でも、これはもはや陰謀論ではありません!これはFDAも認めている事実なのです。こんな事実があってもまだワクチンを希望しますか?はいはい、良いでしょう。そう言う意見もまあありかもね~。(この頑固者~!)
でもね、胎児の細胞を利用したワクチンなんて本当に打って安全性は大丈夫?

牛が共食いすると狂牛病!

人間が異常プリオンに汚染されるとクロイツフェルト・ヤコブ病。

人が共食いするとクールー病になっちゃうって知っていた?

そしてワクチンの副反応。

これらのケースはみな脳神経系が侵され似たような症状が出ています!単なる偶然でしょうか?皆様はこれらの動画から何を感じられますか?
病に苦しまれている方の一日も早い回復を願っています。(勇気を出して病気の恐ろしさを教えてくださりありがとうございます)

 

こちらがFDAのホームページから引用した中絶した胎児の細胞を原材料にしたワクチンのリストです!もはやこれは陰謀論でなく真実です!

表中のMRC-5は1966年に14週で人工中絶された胎児から肺組織を抽出し、培養された細胞株です。この細胞株は次のワクチンに使われています。

水疱瘡用のVarivaxワクチン
水疱瘡とMMR(はしか・おたふく風邪・風疹)用のProQuadワクチン
A型肝炎
ジフテリア・破傷風・百日咳三種混合ワクチン
ヒブワクチン
ポリオ
狂犬病

 
この表についての詳細は世界の裏側ニュース様のHPでご覧下さい!

多くのワクチン製造には中絶胎児が使われています
 http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11646352025.html

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ