不正咬合の原因

こんにちわ毎日暑い日が続いておりますが、みなさまぐっすり眠れていますか?タイマーでエアコンをつけて寝るのですが、明け方になると暑くて目が覚めます夜の街

今日は不正咬合の原因についてお話します。

さてみなさんは歯並びが乱れる原因ってなんだと思われますか?

・歯が大きいから

・遺伝

・固いものを咬まないからアゴが発育せず小さいから

一般的にはこのような原因が良く知られているのではないかと思われます。(但し統計を取っている訳ではあり

ませんが・・・。)

その他の原因はどうでしょうか?ひらめき電球

他に考えられる原因として口腔周囲筋の筋機能が関連したものがあげられます。

例えば

・指しゃぶりをはじめとする習癖

・口呼吸

・舌の位置や機能の問題

これらは筋力の不調和が問題となりさまざまなタイプの不正咬合を引き起こします。

こういった筋機能に関連した問題はなるべく早期に解決しておくと正しい方向に発育が軌道修正されます。チョキ

但しこういった問題は、アレルギー体質、メンタルな部分なども関係しているのでなかなか一朝一夕にて解決できませんし、実際治すのが困難なケースも多いです。

しかし、矯正をするしないにかかわらず習癖の改善や筋機能を正しくしてやることによりかならず今後の歯列のみならずお顔の発育にも良い影響がありますので、

・一度お口をポカンと開いている時間が多くないか?

・舌の位置は上のアゴに付いているか?(下あごの方に落ちていたり歯の間にはさまっていてはだめです。)

等お子様の状態を一度チェックしてみてください。目

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ