不食はエネルギーの飽食(秋山弁護士に会うの巻♪)

こんにちは!

先日9年間食べ物だけでなく水も飲まずに過ごしていらっしゃるという、秋山弁護士にお会いしてきました!秋山先生は、弁護士業務の他、ホメオパシーなどの代替医療の医学分野で博士号を取得され、多くの方の健康相談などを受けていらっしゃいます。また、コーヒーの焙煎歴は20年以上にも渡り、今回のチャリティー公演会でも受講者の私たちの為に、コーヒーを入れて下さいました。秋山弁護士が心を込めて入れて下さった、コーヒーの味と香りも記憶残る素敵なギフトでした。

秋山弁護士と同じ空間で過ごせた今回の講演会は私にとって特別な時間となりました!

なぜかって?続きは以下を読んでくださいね。

スポンサードリンク



秋山弁護士とお会いしてきました!

201509061626

201509061626

世の中にはスピリッチャルの世界の情報について語る人は、それこそ星の数ほどいます。大体スピリッチャルの世界について精通していたり、能力のある方たちというのは、共通して「愛の波動に生きる」という事を強調する事が多いように思います。しかしながら、そうしたスピリッチャル賢者たちがお昼にハンバーグ定食を、懇親会の席でから揚げなどを「命を頂く前に感謝して」等と言いながらも、ほうばる姿も目にして来ました。

そうなると、私の心の中ではこんなおしゃべりが・・・。「人間は、動物の命なんて犠牲にしなくても生きていけるよ!」「殺される動物達がどんな思いをしているのか分かってる?」「愛が大切だって言ってたじゃん!」という声が聞こえてきます。(こんなに動物たちにの思いに執着するなんて、前世私は牛だったのか?なんて思う事もしばしば。)そうなると心のシャッターが「ガラガラ~」と音を立てて降りてきて、それまで聞いた「ありがた~い」お話も帳消しになってしまっていたのです。

それで今までは、「愛に溢れた肉食スピリッチャル賢者」の話す「魂の見えない世界」の話に不信感を募らせる。それでも、「私は一体何者か?何処から来たのか?そして世の中のしくみは?」についての好奇心は満たしたい。だから、今までずっと、「スピリッチャル賢者ショッピング」を繰り返して来ました。身に覚えのある方もいらっしゃるでしょ?(笑)

スポンサードリンク



でも、今回9年間も光の愛のエネルギーだけで生きていらっしゃる(しかもプラーナをたらふくお腹一杯食べているそうです。)秋山弁護士にお会いして直接お話を伺って、「私たちの本質は魂だったんだ!」と、思えた途端ハートチャクラから「ジワジワ~」と、染入る様な温かいエネルギーが流れ込んで行く感覚が有りました。ハートチャクラが開かれたんです。もしかしたら秋山先生の発している波動が私たちにも届いたのかもしれません。その瞬間私たちの本質が魂である事に対して確信が持てました!

ただ秋山先生のその時のお話は、他のスピリッチャル賢者の方からも、聞いた事が有るようなお話でした。(時間も短かったので、もっとお話を伺いたかった~)でも、事の本質は話の中身ではなく、秋山先生の発している波動に共鳴した事だったのです。

というのも真実っていくら本を読んだり人の話を聞いたりしても決して知ることは出来ないと思いませんか?私の中では本の知識や人の話は、「言っている人が信じている事」という位置付でしかないんです。(という訳で、このブログに書いてある事も鵜呑みにしたりしないでね~♪)だから、それがあなたにとっての真実になるかどうかは、その段階ではまだ分かりません。あなたにとっての真実になる為にはそこから更にあなた自身の経験や感覚が必要なのだと思います。最後は自分が体験したり、内なる自分の働きかけがあって、初めてそれが自分にとっての真実になるように思います。

という訳で、私自身は秋山弁護士と同じ空間で過ごした講演会は、「私たちの本質は魂」という秋山先生が知っている事に、私も共鳴しハートチャクラが開く感覚を得た特別な時間になりました。現在の私は、「私たちの本質は魂」だと心から信じています。皆様は如何でしょうか?「私たちの本質は魂」だと思っていますか?

あ!でも誤解のない様に言っておきますが、「スピリッチャル賢者ハンティング」を繰り返したのは、完全に私の責任です。自分の直感力に自信がなかったのです。今思えば、皆さんそれぞれ素晴らしいメッセージを伝えていらっしゃったと思いますし、そうしたメッセージは伝え続けて欲しいなと、思います。

菜食へのこだわりと他人のコントロール

秋山先生とお会いした後、先日の記事でもご紹介しましたが、「肉は肉でも、ちゃんと厳選された草を食べ放牧された牛やジビエ(野生動物)なら食べても問題なのでは無いかと思うのですが、どう思われますか?」という、質問のメッセージに対する私の返信について考えていました。

因みに私の返信は、簡単に言ってしまえば「動物を食べなくても健康に生きていけるのに、何故あなたはそれに気づかないの?牛や地球に対する愛は無いの?」という相手に罪悪感を感じさせようとする押し付けのメッセージでした。(詳しくはこちらから)でもね、このメッセージのやり取りを思い出して、「どうして分かってくれないんだろう?」と考えていたらオープンになっていたハートチャクラがギュッと閉じちゃうような感覚が有ったんです。

それで私もやっと理解しました。人に自分の考えを押し付けようとし、争う態度を取ると宇宙のエネルギーからは分断されてしまう事を!聖なる予言にも神秘体験として愛のエネルギーについて以下の様に書いてありましたが、これも本当だったのですね!エネルギーの流れを感じる体験をして、初めてわかる事って沢山ありますね。聖なる予言の神秘的意識の部分はもう一度書いておきますね♪

第5の知恵
神秘的意識

神秘的意識状態は、実際に到達可能なものであり、多くの宗教の神秘家たちがすでに経験したものである。ほとんどの人にとって、この意識は概念のままに止まるが、次第に多くの人々にとって、この意識は現実のものとなっていく。彼らは自分の人生の中で、こうした心の状態を一瞬、かいま見る体験をする。そして、この体験こそ、世界中の人類の争いに終止符を打つための鍵だと気づく。なぜなら、この体験をしている間は、私たちは他の源からエネルギーを受け取っているからである。そして、最終的には、私たちはこの源から、自由にエネルギーを汲み出すことを学ぶのだ。
心を開き、天とつながり、感謝の気持ちを持つこと。その天からの、風景全体が自分の一部のように感じられるエネルギーは、すべてのものに対して愛を感じる状態。
愛の役割はずっと誤解されていた。愛とは善人になるために何かするとか、道徳的義務感から世界をもっとよい場所にするとか、あるいは快楽を諦めるべきだというようなことではありません。エネルギーとつながると興奮し、至福感を感じ、それから、愛を感じます。この愛の状態を維持するために、十分なエネルギーを見つけることは確かに世界を助けるが、それよりもます第一に、自分のためになります。神秘的体験が起こると、その人のエネルギーの場は大きく広がり、白から、緑や青に変化する。宇宙全体との一体感、人生で私たちを導いてゆく出来事が、偶然を越えて起こるようになると、私たちはより活性化した人間になります。そして、運命が私たちを導いていくように感じます。授けられたエネルギーは恐れによる損失をすぐ取り戻し、新しい人間に生まれ変わって、より高いエネルギーレベルの中に行き、より高い波動のレベルに存在するようになる。
他人をコントロールする自分のくせ(無意識のコントロールドラマ)に気づき、それをやめなければ、そのエネルギーから切り離されてしまい、先に進めません。

誰だって自分が良いと思っている事を否定され、他人の価値観を押し付けられたらカチンと来ます!例えば、家の中学生のお嬢は最近お年頃で、私が洗濯した後に匂いが臭いと言って、芳香剤やら柔軟剤やらをたっぷり入れて洗濯しなおします。勿論いままでは「将来不妊になったりする原因とも言われているんだよ」と経費毒の話をして、説得を試みては衝突していました。でも昨日は、私は芳香剤や柔軟剤を使いたくないから、洗濯物分けておいたよ~と、軽く言ってそのままにしてみました。そうしたら暫くしてから娘になんか、「雰囲気違うね~。やり易くなった。」と、言われました。子供って、エネルギーの変化に事のほか敏感なのですね!なんだか嬉しかったです。

でも今回の事で、芳香剤や柔軟剤を使わないっていう自分の信念を曲げた訳では有りません。こうしたものは石油から作られていて、体に害があるという可能性は伝えつつ、その上で選択するするのは「あなただよ!」って相手に選択権を委ねたのです。勿論一時的には経費毒が体に溜まるかもしれません。でも、いつか子供も自分に優しい選択が、「人工的な芳香剤に身を包むことでは無い」と分かってくれる時が来ると、相手を全面的に信頼してみる事にしました。

菜食へのこだわりもこれとまったく一緒ですよね!今冷静に考えると、このメッセージの返信で、私が「肉を食べなくても健康に生きていける」「家畜の親子にもお互いを慈しみ愛し合う権利がある」と、思っている事をお伝えしたのは何の問題も有りません。ただ、私がこのメッセージを送った後に、「相手を傷つけたかも」「怒らせたかも」と罪悪感を感じたり、「どうして分かってくれないの?」等と相手をコントロールしようとすると、自分自身のハートチャクラを閉じ宇宙の愛のエネルギーから分断され、結局自分の為になっていなかった事に気が付きました。

という訳で、相手をコントロールしようとする争う姿勢は、愛の宇宙エネルギーから分断されてしまう事が良くわかりました。それは、他の愛する者や動物達、自然、地球を何かから守ろうとする時でも同じです。「う~ん!」これは自分にとっては結構大きな気づきです。最近食事の回数を減らしてローフードオンリーにして、随分と脳波が変わって来たかしら?

勿論たまにお米で出来た三角形の固形物に思いっきりかじりつきたくもなりますが、今の所は自分に起きている変化の大きさと、この先まで行ってみたという好奇心の方がまだ勝っている限り続けてみようかなと思っています。(笑)

でも私の最終的なゴールは不食ではなく、全面的に自分を信頼し、相手を信頼し、宇宙を信頼する事が出来るようになる事かなと考えています♪

周波数を変えて生きる

今回秋山弁護士にお会いできたので、今度は秋山先生が不食の師と仰いでいるジャスムヒーンさんにお会いしてみたくなりました。でも今の所遠いので、2005年に来日された時のワークショップの動画が有ったのでそちらを見てみました。

その動画の中で、ジャスムヒーンさんは「波動を上げるとはどういう事か?」について、分かりやすく話してくれています。なんだか、「波動を上げる」とか言われちゃうと、ちょっと引いてしまう方もいらっしゃると思いますが、では以下の様な例え話は如何でしょうか?

例えば、たばこを吸って毎晩アルコールを飲み、家族に怒鳴り散らす。そして仕事は大嫌いで、食事はジャンクフードを食べTVばかり見ている。こんな生活をしている人。かたや、毎朝日光浴と運動をする。そして、仕事を愛していて、食事はローフード。家族との関係は良好で、毎日瞑想もしている人。どちらが、愛の周波数に生きていると思いますか?勿論後者ですね。

愛の周波数に生きるようになると、リラックスして脳波が変わるそうです。逆に生活に追われ生存競争の中で生きる事のみに焦点をあてていると、脳波は絶えずベータ波になってしまう。しかしながら、リラックスして生活を楽しむと脳波はアルファー波~シータ波になって来て、他者や地球への愛に目覚めるそうです。これが波動を上げるということだそうです。因みにシータ波だと超能力が発揮できたり、デルター波だとキリストなどの聖人レベルになるだそうです。

それから自分の波動が上がると、周囲にも大きな影響が有るそうです。それは秋山弁護士にお会いしたときに良くわかりました。愛の波動を生きている人の近くにいるとなんだか落ち着くし楽しくなります。我が家のお嬢も母の変化を敏感に感じ取っていましたから、この話は私にとってはとっても納得のいく話でした。

この動画を見ると「波動を上げる」「周波数を変えて生きる」とはどういう事か?について、腑に落ちる人には落ちると思います。落ちない人はまた別の機会に落としてくださいませ。

秋山弁護士にお会いになりたい方は、以下のHPを覗いてみてくださいませ!

秋山弁護士5回講座チャリティー講演会

魂の特効薬意識を変えるレッスン

それでは、良い夕べをお過ごしくださいませ!

スポンサードリンク




関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ