乳歯列期の反対咬合

乳歯列期の反対咬合は マウスピース型の装置で治すことが出来ます

ムーシールドとよばれる こちらの装置です!

ムーシールド

就寝時に装着していただき しっかり使用できれば3~8ヶ月程で改善がみられます

ムーシールドの構造

歯ムーシールドの仕組み

1* 上唇の過度な力を弱め 上あごの成長を促します

   上唇と上あごの間にムーシールドを介在させ 上唇の力が上あごにかかるのを

   防ぎます  

2*  装置に舌を入れるポケットがついています

   いつも正しい位置に舌を保持しておくことで 舌が下あごを押さないようにします

つまり 歯にかかる外的な力をコントロールすることで治っていきます

大人になって骨が固まってからでは ムーシールドでの治療はできません

反対咬合は 乳歯列のときにご相談下さいrabbit*      

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ