人生のカウントダウンは15億?

こんにちわ音譜医院長の谷です。ブログを更新しなくなって季節が随分と流れています。

でも、その間フレンズの看板娘の衛生士の高澤や、保育士の日暮が余りに更新されないブログが可哀そうだと、思ってくれ更新頑張ってくれていました。ありがたいですニコニコ

 そして自画自賛になってしまいますが、本当にうちの医院のスタッフは、気立ても良いし仕事も良く出来ます合格

 

 最近よくブログを更新してくれる衛生士の高澤は、今ホワイトニングコーディネーターの資格をとり、売り出し中です。ホワイトニングにご興味がある方がいらしたら、是非高澤に一声お掛け下さい。

 また、保育士の日暮はキッズ主任として頑張っています。目下副院長の青山(とっても優しい先生だよ!)について、お子さんの人気を一手に集めるべく張り切っています。子育て中の悩みなんかがあったら、是非お気軽にお声をお掛け下さいねラブラブお待ちしていますビックリマーク

 医院自慢はこれ位にしておきます。

 さて、皆様15憶という数字を聞くとなにか連想するものありますでしょうか?

今朝の新聞に載っていたのですが、これって哺乳類が一生の間に打つ心臓の心拍数なんだそうです。種類にかかわらず、「小さな生物は心拍数が速く、大きな動物ほどゆっくり、寿命もこれに比例して長くなるそうです。」

 ネズミの寿命は1~3年。ゾウは60年。これを人間に当てはめると、「35~40歳」になるが、人間だけはよりよい生活環境と文化を築き、この枠を乗り越えているそうです。

 「ギョギョ叫び」と、なると自然界の動物で有ればもう40年でカウントダウンが終わちゃうのですね。

人生80年だとすれば約30億回しか心拍数を数える事が出来ないのですね。こう考えると、おちおち時間を無駄に出来ないなって、改めて時間の大切さを実感いたしますね。

 それでは、またいつかブログでお会い致しましょう。 谷 智子

フレンズ歯科クリニックのお年玉キャンペーンはこちらをクリック!

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ