何か良い知恵ないですか?

おはようございます♪

先日の記事で家のお庭をフォーレストガーデン化にしたいのでパーマブリッツをやりますと、ご報告しましたが、24日に無事作業が終了しました。まだ植樹したばかりで、ちょっと、お見せ出来る状態でも無いですが、遠目の写真くらいならと思いUPしてみます。

今回は畑から持ってきた、ブルーベリー5本、ブドウ3本、イチジク2本、ジューンベリー、ラズベリー、キウイの苗と、友人に頂いたマルベリー、その他桃、柿、リンゴ等の苗も同時に植樹。下草には、ワイルドベリー、ミント等を植えて実験中という感じです。全部育ったら四季折々の果実が楽しめそうです。(ちょっと手狭な感じですが。)

当日は有志の方にお集り頂き無事作業が終了しました。皆様本当にありがとうございました。また、お天気も良く暖かったので、昼食はテラスで家と友人の旦那様が用意したランチを美味しく頂きました。家の旦那に関しては、庭の芝を剥がすのには反対していましたが、それでも料理を担当してくれる等、協力をしてもらいとても感謝しています。

でも家の旦那の頭の中には、「芝を剥がされた上に果樹も上手く育たず、庭がぐちゃぐちゃになった。」という、とっても良くないイメージが有るようです。

でもこちらは、今回植えた多くの木々が育ち果実がたわわに実るイメージをせっせと作ってみようと思います。春先になって、どうなっていくのかとても楽しみです。この世の中はホログラムで自分の思考が全て反映する仕組みになっているので、ちゃんとフォーレスト・ガーデンになるかどうかは、自分のイメージ次第だと心して掛かります。

さて、庭の方はこれで、一応一段落したので、今度は目の前の伐採された雑木林のフォーレストガーデン化のイメージを強化して行こうと思っています。とは言っても、こちらは人様の土地ですし私がどうこう出来る問題でも無いと思いきや、ダメ元で土地のオーナーさんにお会いした時に、フォーレストガーデンの話をしました。そうしたら、オーナーさんから造成して売却後余った上部の傾斜地に果樹を植えても良いかもしれないと言って頂けたという経緯が有ります。

それで、先週末にまたオーナーさんにお会いしたので、その後土地の造成はどうなっているのですか?と、お伺いした所、「造成費用も高額で売却してもそんなに利益も手元に残らずただ土地を手放してもつまらないから、段々畑みたいに造成して、全面果樹を植えたらどうかとも考えていて今、専門家に聞いている。」というお返事を頂きました。

でも、オーナーさんの中でも色々と迷いが有るようで、どうしたら良いか中々良いアイディアが浮かばないとおっしゃっていました。それを聞いて、私も何か出来る事(例えばプロジェクトを立ち上げてパブリックファンドをかける?行政に掛け合う?地域の住民と連携して作業を手伝う)が無いかな?と、思ったのですが、何しろ私にもどうしたら良いか(「家の前の土地がフォーレストガーデンになったら良いな!」という思いだけで、)さっぱり分からない。

という訳で、この状況でどんな風に動いて行ったら良いのかにつきまして、何かアィディアが有る方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さいませんでしょうか?この話を自分の胸の奥だけにしまっておくと、話が無かった事になりそうな気がしたので、こうしてブログの記事にしてみました。

私達人間も自然の一部です。謙虚な気持ちでこの森が豊穣の恵みをもたらすフォーレストガーデンとして再生する事を願っています。

フォーレストガーデンのコンセプトはギルド生かし合う関係性です。

9月に始まった雑木林の家の前の樹木の伐採は、現在一時中止されています。

 最近の状態

山肌が出てしまい土砂崩れの危険性を感じます。

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ