健康へのパスポート(ナトリウムーカリウムバランス)

こんばんは

先日サンディエゴで行われたゲルソン療法のワークショップにインターネットのライブストリームで参加していますが、一番下のチビにPCを取られて中々、見ることが出来ずにいます(>_<)
まあ、それは置いとくとしてマックス・ゲルソン博士の娘さんのシャルロッテ・ゲルソンさんがワークショップの初日に小一時間ほど話をされていましたが、カリスマ性と魅力にあふれるトークに、とても惹きつけられました。91歳とは思えないパワーでびっくりしました。

シャルロッテさんの話の中で、猫がねずみや小鳥などの獲物を取った時に、それをいたぶっていたずらしているように見えることがあるけれども、実は悪戯ではなく、獲物を完全に殺さず生かしておくことで、アドレナリンが血中に流れ、それを循環させることで猫はアドレナリンが充満した状態の肉は食べないし、生きた新鮮なものを食べる知恵を持っている。しかしながら、人間は牛や豚などの家畜を恐怖に怯えさせて屠殺することで、アドレナリンが充満した死んだ肉を更に焼いたりして加工して食べ老化を進める。猫の方が人間よりよっぽど賢い!と、話されていました。ここで、文章にしてしまうと、大した話では無いかもしれませんが、実際に話を聞いてみると、91歳でなお、こんなに人を惹きつけるスピーチが出来るものかと、とても印象的でした。

それから、ゲルソン療法では、ミネラルバランスについてこんな風に言っています。

「身体は健全に働き、強い防御力を保つために、五二種類とも言われる数多くのミネラルを必要とします。ゲルソン療法では、肥沃な土壌で育った作物からしぼる、新鮮なオーガニックジュースで、十分なミネラルを惜しみなく供給してきます。それと同時に、ゲルソン医師は体でミネラルのバランスが崩れる時には、ナトリウムとカリウムの2つのミネラルが大きな影響を与えていることを認識していました。

人類は気が遠くなるほどの時間をかけて、自らを「カリウム動物」の体にしてきました。この体では、食事において、およそ9のカリウムに対して1のナトリウムを必要とします。自然で、新鮮なオーガニックな菜食はだいたいこの割合になっています。しかし、現代の平均的な食事は、この割合から程遠いものとなっています。その代わりにナトリウムが多すぎ、身体はこれを排除しなければなりません。ナトリウムが過剰になると、酵素の働きを抑制します。
同時に腫瘍の成長を促すことや、体がナトリウムの毒性を減らそうとして水を引き込むためにむくむことが分かっています。

この状態を治療するためにゲルソン医師は、患者の食事に大量のカリウムを導入しました。自然な状態でカリウムが豊富な食事に加えて、最初の2~3週間は1日小さじ40杯のカリウム10%溶液を与えました。これで、むくみや腹水、痛みが即刻緩和されました。彼はまた、何か他のミネラル、例えばマグネシウム、カルシウム、鉄を与えれば、患者のミネラルバランスが崩れ、ダメージを与えてしまうことに気づきました。特に患者の食事にカルシウムを加えることには警戒していました。ゲルソンは、カルシウムがミネラルの中でもナトリウム・グループに属するるもので、腫瘍組織の成長を促すと生化学者ルドルフ・ケラーとともに発見しました。

腫瘍が原因で骨がひどく破壊された患者でも、骨粗鬆症でも、よくバランスが考えられたゲルソン治療なら、骨の修復が可能です。この点からしても、ミネラルのバランスが体の防御録においてどんなに重要であるのかが分かります。」

(ゲルソン療法 がんと慢性病の為の食事療法から引用)

そうなんです。細胞が正常な機能を取り戻すためには、ナトリウムの過剰摂取を改め、カリウムを摂取するのが重要なんです。そう言っているのは、ゲルソン療法だけでは有りません。かの有名なハーバード大学のHPにもそうした情報が載っています。これなら権威に弱い方にも納得して頂けるかな?(笑)

食事のナトリウムとカリウムのバランスを変えよう
http://www.hsph.harvard.edu/nutritionsource/sodium-potassium-balance/

殆どのアメリカ人はナトリウムを過剰摂取し、カリウムが不足する様な食事をとっていますが、この様なパターンは心臓病と死亡のリスクを上昇させます。食事のメニューを選ぶときにちょっと気をつけるだけで、このバランスを変えることが可能です。野菜や果物はカリウムが豊富に含まれる食品で、ナトリウムは元々少ししか含まれていません。食品を調理する過程で、大量のナトリウムが添加されるのです。生、もしくは冷凍された、或いは加工の過程で塩分が添加されていない食品を選びましょう。そうすることで、ナトリウムを抑えカリウムの量を増やせます。

最近の栄養表示は食品の内容物の中にカリウムがどの位含まれるか表示することを義務付けていません。しかしながら、カリウムが多く含まれる食品であっても表示がされていないことがよくあるのです。:カリウムの供給源として、特に葉物野菜(ほうれん草、コラード等)、オレンジの野菜(さつまいも、かぼちゃ)や柑橘系の果物(オレンジ、グレープフルーツ)や乾燥豆等の野菜や果物はとても良い食品です。缶詰の豆はとても多くの塩分が含まれているので、減塩のものを選ぶようにしましょう。

グリセミックスインデックスについてもっと知ろう

Read more about glycemic index, glycemic load, and health

牛乳のカルシウムと健康についてもっと知ろう

Read more about calcium,
milk, and health

じゃがいもと牛乳はカリウムが豊富な食品としてよく例に挙げられます。しかし単に一つの栄養素だけでなく、その食品全体について良く見ることが大切です。:じゃがいもはカリウムをたくさん含んでいますが、とても消化が早い炭水化物(専門用語で言うと、グリセミック・インデックス、グリセミック・ロード等と呼ばれます)も多く含んでいます。じゃがいもやその他のグリセミック・インデックスの高い食品を常食すると、体重のコントロールが困難になり、そのまま行くと、糖尿病や心疾患のリスクが高まります。それで健康的な食生活ピラミッドではじゃがいもやそれに類似した食品を控えめにする様に推奨しているのです。それは牛乳も一緒で、1カップ当たり366mgのカリウムが含まれますが、同時に107mgのナトリウムも含んでいます。乳製品を大量に摂取すると、男性で前立腺がんが増加したり、そのほかの健康問題と関連性があることが研究で分かっています。それで、乳製品は一日に1~2杯位に押さえて、カリウム源として他の食品を選択したほうが賢明でしょう。

カリウムベースの代替塩と他の代替塩についてもっと知ろう
Read more about potassium-based salt substitutes and other salt substitutes

食卓塩をカリウムベースの代替塩に変えるというのもナトリウムーカリウムバランスを変化させる一つの方法ですし、幾つかの予備実験では、この切り替えが心疾患に良い効果があることを示しています。しかしこれらのカリウムベースの代替塩は全ての人が使えるわけでは有りません:カリウムの過剰摂取は腎疾患やある種の薬剤を服用している患者さんでは血流のカリウムのレベルを増加させてしまうでしょう。ですので、カリウムベースの代替塩を使う場合は主治医に事前に確認する事が必要です。

新鮮な食品と加工食品のナトリウムとカリウムの含有量

Food* Sodium,
milligrams
Potassium,
milligrams
White beans, cooked, 1 cup 11 1,004
Spinach, cooked, 1 cup 126 839
Plain yogurt, 1 cup 172 531
Sweet potato, cooked, 1/2 cup 36 475
Broccoli, cooked, 1 cup 64 457
Cantaloupe, cubes, 1 cup 26 427
Salmon, cooked, 3 ounces 49 369
Milk, low fat, 1 cup 107 366
Cherry tomatoes, 1 cup 7 353
Kale, cooked, 1 cup 30 296
Blackberries, 1 cup 1 233
Orange, 1 medium 1 232
Orange juice, 1/2 cup 2 222
Collard greens, cooked, 1 cup 30 220
Grapefruit, red, 1/2 0 166
Romaine lettuce, chopped, 1 cup 4 162
White bread, 2 slices 256 50
Bacon, cooked, 2 slices 384 93
American cheese, 1-ounce slice 452 79
Hot dog, 1 513 70
Chicken vegetable soup, canned, 1 cup 972 159
Beef pot pie, frozen, 1 pie 978 308
Pepperoni pizza, 2 slices 1365 372

*Note: Values on fresh foods assume no added salt in cooking or at the table

Source: USDA National Nutrient Database for Standard Reference

参考文献

1. Yang Q, Liu T, Kuklina EV, et al. Sodium and Potassium Intake and Mortality Among US Adults: Prospective Data From the Third National Health and Nutrition Examination Survey. Arch Intern Med. 2011;171:1183–91.

2. Chang HY, Hu YW, Yue CS, et al. Effect of potassium-enriched salt on cardiovascular mortality and medical expenses of elderly men. Am J Clin Nutr. 2006;83:1289–96.

(翻訳終了)

また、日本の厚生労働省でも、体内のカリウム平衡を維持する為に適正と考えられるカリウムの推奨摂取量は成人男性で2000mgとなっており、ナトリウム600mgの約3倍量の摂取を推奨しています。http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/11/h1122-2b.html#top

病気から回復したり、健康を維持するためにはナトリウム・カリウムバランスはとても大切な要素ですよね。現代人の食生活はこのバランスが常道を逸して崩れていると言えるでしょうね。だって、この表に載っているペペローニ・ピザなんていうものを2切れ食べただけで、ナトリウムをカリウムの約4倍摂取することになってしまうんですから・・

また、ゲルソン医師が言っていたように、サプリメント等で1種類のミネラルを単独で補うことはかえって体の負担を増やしてしまい危険ですね。やっぱり自然に近い食生活をするに越したことはないという感じでしょうか♪それから、カリウムの代替塩ですが、これにはアミノ酸がたっぷり含まれているだろうから、安心して使えないなと、個人的には思っています。http://oisha.livedoor.biz/archives/51012413.html

それでは、おやすみなさい☆彡

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ