処方薬は銃殺人よりも6200%も多いアメリカ市民を殺害

こんにちは
今日はナチュラルニュースより銃殺人よりも処方薬による死亡の方が6200%も多いとする記事のご紹介です。

ヘイ、ミスターオバマ:処方箋薬は銃乱射事件の殺人よりも6200%も多いアメリカ市民を殺害しています

オーロラの余波の中で、コロラドバッドマンの映画館での乱射事件、オバマ大統領は昨日拳銃の規制の議論に相槌を打ちました。そして、「毎日我々が暴力で失う若者の数は我々が映画館で失った人の数とほぼ同じである。全てのコルンビンもしくはバージニア・テク、シカゴやアトランタの路上で銃殺される人は何十人にものぼります。

でも彼が言わなかった事で、しかしながら毎日290人もの人がアメリカ食品医薬品局が承認した処方薬で殺されています。そしてその保守的な人数はアメリカン・メディカルアソシエーション・オブ・ジャーナルによって出版されています。

だれもこの人数が真実だとは信じないでしょうから、私は情報源か引用します。

The Journal of the American Medical Association (JAMA) Vol 284, No 4, July 26th 2000, authored by Dr Barbara Starfield, MD, MPH, of the Johns Hopkins School of Hygiene and Public Health.

Learn more: http://www.naturalnews.com/036599_gun_control_prescription_drugs_deaths.html#ixzz21mrH0kzO

研究は12年の渡るもので、薬による死亡例はそれ以来かなり増加しています。その研究では
アメリカ食品医薬品局の承認した処方薬の副作用で106000人が毎年亡くなっているとしています。

暴力的な銃乱射でこの薬害で死亡する人数に達する為には、あなたはオーロラ・コロラド・バッドマン・映画の殺人が毎日毎時間365日起こるの見続けなければなりません。

もし弾丸を使って殺人をする事が悪いのならば、なぜ致死性のある化学物質を使って殺人するのは完全に受け入れられているのでしょうか?

医学的な殺人は銃による死亡の数よりも少ないように見せかけています

ワシントンではだれも処方薬による死について話題にしません。イブニング・ニュースでは慟哭の犠牲者が現れる事は有りません。この化学物質による殺人は閉ざされたドアの陰でとても静かに起こります。この薬害による死亡者のレベルを例えば、飛行機事故で達するためには、あなたはジャンポジェット機の事故を年間通して毎日1回目にする必要があるのです。

でもこれは近代薬物による大量殺人のほんの始まりにすぎません。欲にかられた医者たちが日常的にビックファーマ達に買収されているのです。それゆえ、ジェームズ・ホームズの「ジョーカー」は引き合いにされるボーイ・スカウトのように見えるのです。ナチュラルニュースでは、以前よりその事を明らかにして来ました。そのひとつが、グラクソスミスクライン社で、賄賂のネットワークは49000人の医師に及んでいて、グラクソ社の薬を患者さんに処方すると金銭的な見返りが医師達にありました。

デス・バイ・メディスィンのリポートによれば、医学的な処置によりアメリカでは毎年783936名の人達が命を落としているようです。(この研究に携わった医師は、ガーレィ・ヌル、キャロリン・ディーン、マーティン・フェルドマン、デボラ・ラシオ、ドロシー・スミス)

これらの死は以下の内容を含みます。

・106000名のアメリカ人が薬物の副作用で死亡
・115000名のアメリカ人が褥瘡性潰瘍で死亡
・98000名のアメリカ人が医療過誤により死亡
・88000名のアメリカ人が院内感染により死亡
・32000名のアメリカ人が手術により死亡
・37000名のアメリカ人が不必要な治療により死亡

残りのデータ―はこのリンクから見てみてください。
(http://www.lef.org/magazine/mag2004/mar2004_awsi_death_02.htm

それで最終的に毎年従来医学(薬や外科手術)で783936名が死亡しているという訳です。

狙撃犯よりもあなたの医師の方が6200%も多くの人を殺害いている事は有りえる事です

米国疾病予防センターによれば、2007年からのトータルの銃弾による他殺のアメリカでの死亡者数は毎年、大体12600人です。
(Xu, Jiaquan; Kenneth D. Kochanek, Sherry L. Murphy, Betzaida Tejada-Vera (2010-05-20). “Deaths: Final Data for 2007″ (PDF). National Vital Statistics Reports (CDC) 58(19): 11.)が情報源

これは貴方があなたの医師により殺されるリスクは銃弾により殺されるリスクよりも62倍も高いという事を意味しています。

我々は銃のコントロール問題について考える前に、国を挙げてドクターコントロールについて議論する必要があるようです!

結局何気なく医師が使う致死性の高い化学療法のカクテルや致死性の高い処方薬によって人々が殺されているという事です。でも彼らはそれによって逮捕もされないどころか、彼らは毒性のあるワクチンや製薬の会社から金銭的なリベートまで受け取っているのです。
無料の旅行、無料の食事、そしてその他のビックファーマ達が売りにしているその他の特典です。
プラスして彼らは他の人々を何度も何度も殺しても自由でいられるのです。医師たちは明らかに人を殺すことを企ててはいないけれども、それにもかかわらず、かれらはそうし続けていさえすれば、賄賂、リベート、他の特典を得る事が出来るのです。
 (http://www.naturalnews.com/036417_Glaxo_Merck_fraud.html)

もしオバマがアメリカの市民たちが殺人されることから守りたいと思ったら、彼は致死性の高い処方薬の規制について声を上げるでしょう。でもこれについてあなたはいつも気に留めておいて下さい。なぜならこれは結局アメリカ市民たちを薬物、GMO,水道水のフッ素添加による大量殺人から守る事になるのです。本当のジョーカーはオバマ、彼自身です。

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ