卵と糖尿病の意外な関係

おはようございます♪

卵と糖尿病の関係についての動画の吹き替え版を1本upいたしました。

良かったら見てくださいませ。

 

(翻訳文)

スポンサードリンク



卵と糖尿病

2型(にがた)の糖尿病は世界の流行病になってきています。
卵の摂取は感染症でない慢性疾患の進行と関係がある事が、
分かっていますが、糖尿病についてはどうでしょうか?
研究者たちは卵の摂取量が増えるにつれて、糖尿病の危険性が、
上がっていく事を突き止めました。

1週間に卵をたった1個食べるだけでも、糖尿病の危険性を76%
上昇させます。
また、1週間に2個卵を食べると、糖尿病の危険性を2倍にし、
1日に1個食べると糖尿病の危険性がなんと3倍になります。

つま り、手足の切断、失明、腎不全、死亡の原因である、
2型の糖尿病の危険性が3倍になるのです!

卵と糖尿病の関係について報告されたのはこれが、
最初の研究では有りません。

2009年にハーバード大学の研究者たちは、
1日に1個以上の卵を食べると2型の糖尿病に罹患(リカン)する
危険性が男女ともに上昇すると発表しました。
この研究については他の地域の被験者でも証明されました。

2011年にアジア、2012年にヨーロッパで確かめられました。

卵を沢山摂取する事と糖尿病の危険性の上昇には関連があります。
それは、1日1個以下の摂取でも懸念される危険性です。
70代になってか ら卵を食べる事を、避け始めても、
もう遅いので、もっと早く始めた方が良いでしょう。
糖尿病になってしまったら、卵を食べると早死にしちゃうかもしれません。
つまり一日に一個以上の卵を食べると寿命が縮むかもしれないのです。、
また糖尿病の合併症による死亡のの危険性を、二倍にもする可能性もあります。
これは、鶏卵業界(ケイランギョウカイ)にとっては良いニュースでないでしょうね。

フリーダム・オブ・インフォーメーション・アクトの
非公開会議の資料によれば、

肥満と2型の糖尿病の合併症は米国で増加してきていますので、
食事のコレステロールと2型の糖尿病には関連性 がありますが、
それに卵が悪影響を及ぼしている事に注目する事は賞賛に
値すべきだとしています。

 

吹き替えのナレーションはChi♡eさんです。

スポンサードリンク



Chi♡eさんのプロフィール

31歳で子どもが生まれてから、ワクチンや薬害について知る。
それからは自然療法を取り入れた暮らしにシフト。
2012年電磁波過敏症を患い、気功を始める。
自身のエネルギーを循環させることで電磁波も
含む体内毒の排出が促進されることを体感する。

2年で電磁波過敏症は克服。
全ての症状、感情は自分自身が作り上げている
ということを学ばされました。
現在ははエネルギーワークを取り入れた
トレーニングで体作りをしていらっしゃるそうです。

ほっこり癒される感じのお声で、
なんだか素敵な感じに仕上がっています!

バージョンアップした動画を是非ご覧くださいませ!

関連記事はこちら

    None Found

4 Responses to “卵と糖尿病の意外な関係”

  1. 村田美春 より:

    健康にたずさわっているお仕事をさせて頂いております。《アクアビクスインストラクター》毎回Blogお勉強になります。腰痛と頭痛、不調が食材や添加物いろいろな所から悪さしてることを知り改めて食材選びに慎重に実行して早一年スッカリ私は健康体になり痛みで苦しまれてる周りの方にもお知らせしております。知識は必要です。まだまだ学ばせて下さいませ。

    • allergy より:

      こちらこそいつもお読みいただいありがとうございます。
      今後ともよろしくお願いします。

  2. 真美 より:

    こんにちは
     私は糖尿病予備群ですが、卵は1日2個たべています。
     糖質制限をしてから、お肉は食べませんが、卵は食べています。

     他の記事ではフィンランドの大学では一日1個の卵を食べると
     2型糖尿病の発症リスクが37%減ったとの事がネットの載っていました。

     どの情報がただしいのかよくわかりません。
     詳しく教えて頂けますでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ