厚生労働省も認めた子宮頸がんワクチンの無効性

おはようございます♪
そろそろ私もこの動画を情報拡散します。皆さんも出来るだけ多くの方とシェアしてくださいね。

子宮頸がんワクチンの、はたともこ議員の厚生労働省に対する質疑応答の動画。とにかくこの動画、多くのヤングティーンのお嬢をお持ちの方に見てほしいな~。

こちらの記事から転載します。
http://ameblo.jp/il-mano/entry-11504511889.html

(転載開始)

先日定期予防接種になった子宮頸がん予防ワクチンについての事実です。

 日本で現在認可接種されているワクチンはガーダシルとサーバリックスの2種類です。

 どちらも、16型と18型のHPVに対するワクチンです。

 ここで質疑を見てもらうと、

 日本人の一般女性でHPVの16型に感染している人は0.5%、18型に感染している人は0.2%だと厚労省が発言しています。

 99.5%の人は感染していないウィルスのためのワクチンだったんですね。

 さらに副反応については、

 インフルエンザワクチンに比べて、

 サーバリックスは38倍 そのうち重篤な副反応は52倍

 ガーダシルは26倍 そのうち重篤な副反応は24倍

 こんなにも多いんです。

 また子宮頸がんについても、

 HPVウィルスは性活動のある女性の50%は感染し、感染しても90%以上は自然に排泄されると認めています。

 その上、適切に治療すれば治癒率はおおむね100%と発言されています。

 つまり、HPVはありふれたウィルスで多くの人が感染し、感染しても90%以上は自然に排泄してしまうもの。

 仮に持続感染しても適切に治療を行えばほぼ100%治る。

 このウィルスのなかのしかも99.5%の人が感染していないタイプのウィルスに対して、インフルエンザワクチンの何十倍もの副反応が出るワクチンを打つという事はどういう事なんでしょう?

 しかも対象は小学校6年生から中学生、高校生。

 10代の若い女の子に打つわけです。

 厚労省が認めたこの事実をあなたはどう考えますか?

(転載終了)

お医者様は子宮頸がんワクチンの効果は60%だと言うけれど、それは16、18型に限ったことです。こちらの記事にもファクトシートから事実関係をまとめてくださっています。

http://ameblo.jp/il-mano/entry-11504511889.html
(転載開始)

そしてこちらがHPVワクチンに関するファクトシートの資料
  HPVワクチンに関する ファクトシート – 厚生労働省

問題の質疑応答のときに、こちらのファクトシートをもとに厚労省とはたともこ議員がやりとりをしています。

 ファクトシートを辞書でひくと、「データ表、事実を示した印刷物、概況報告」等と書かれています。

 すなわちこれは、厚労省が出したHPVワクチンについての事実が書かれたデータ表です。

 この文章の11ページ、③HPV遺伝子型の分布 をご覧下さい。

 そこの(イ)我が国での分布 が日本での子宮頸部組織の細胞診でHPVのどの型が多く出ているかのデータが載っている部分です。

 数種類の検査法で細胞からどの型が多く出るか確認されています。

 必要なところだけ抜き出してみます。

 『PCR/シークエンシング法によるHPV型調査では 子宮頸がん患者では上位からHPV16(42.4%)、HPV33(9.0%)、HPV58(8.0%)、HPV18(7.7%)、HPV52(7.1%)であった。
 なお同グループの別の報告では、CIN患者HPV型別の頻度は上位からHPV16(17.5%)、HPV52(15.0%)、HPV51(11.0%)、HPV31(6.3%)、HPV58(3.8%)であった。

 PCR/制限酵素消化断片多型法を用いた報告 HPV型別の頻度は、浸潤がんで上位からHPV16(40.5%)HPV18(24.4%)、HPV52(8.4%)、HPV58(3.1%)、HPV33(3.1%)であった。

 サザンブロッティング法を用いた子宮頸部扁平上皮がんでのHPV型調査では、上位からHPV16(31.3%)、HPV58(10.9%)、HPV52(8.2%)、30HPV31(2.7%)であった。』

 数種類の検査法で子宮頸がんになっているの人の患部の細胞から検出されるHPVは16型が30~40%で、18型はPCR/制限酵素消化断片多型法で24.4%となっています。

 これをみると、子宮頸がんの患部からHPV16型、18型をあわせて60%程度が検出されるとなります。

 HPVが子宮頸がんの原因で、ワクチンでその感染が防げるとしたら、今の16型18型のワクチンで6割の感染が防げる、となるわけです。

 ここだけをみるとお医者様の言う事は間違ってはいません。

 でもこれは、子宮頸がんにかかってしまった人の細胞についてです。

 質疑全体を見ると、日本人一般女性でHPVに感染しているのは16型が0.5%、18型が0.2%で、99%以上の女性が感染していない型なんです。

 そして、性体験のある女性の50%以上が一度はHPVに感染しますが、そのほとんどは自然に排泄され、仮に持続感染しても90%以上はやはり自然に排泄され、進行するのはごくわずかです。

 その上、適切に治療をすればその治癒率はおおむね100%と厚労省のお役人は発言しています。

 全体を見るのか、部分を見るのか。

 このあたりの捉え方の違いと言うか、言葉のマジックと言うか、表現の仕方のテクニックというか、で大きな溝ができています。

 HPVの16型と18型を予防すれば、子宮頸がんになってしまう人の60%の部分は減らす事はできるのかもしれません。

 でも99%以上の女性はこの型に感染していません。

 これが、質疑応答とファクトシートから読み取れる事です。

 あなたは、どう感じられますか?

(転載終了)

(ここから先は私見を交えて書いて有ります。嫌な方は読み飛ばしてください。)

では、なぜ95.5%の人が感染せず副作用が最大インフルエンザワクチンの52倍の子宮頸がんのワクチンが定期接種に加えられたんだろうか?まだ国民を守るためにそうしたと思っていらっしゃいますか?なぜ、将来子供を産むであろう年代の少女を対象にしているのでしょうか?しかも有効性は殆どないっていうのに・・。個人的にはそれは人口削減の為に行われていると思っています。日本人いや世界の人口を削減しようとしているのです。そしてそれは日本政府がグルになっているっていうことなんです。

以前の記事でも紹介したけど、ヘンリーキッシンジャーが作った国家安全保障研究覚書200という正式文書があります。ワクチン政策は優生学に基づいた人口削減計画の一端だということです。これは効率的なバイオ医学研究に基づいた避妊法なのです。日本で定期接種される子宮頸がんワクチンに不妊薬が入っているという証拠は勿論有りません。でも入っていないという証拠はどこにありますか?

「バイオ医学研究を通じた、より効果的でシンプルな避妊法」とはいったいなにを意味するのでしょうか。それはかつて、ナチス政権時代には「優生学」と呼ばれていたものです。つまり、「優等人種」による支配を維持するために「劣等人種」の人口を削減するということです。

石油を掌握せよ、そうすれば諸国の政治経済を自在に操縦できる。
食糧を掌握せよ、そうすれば人口を調節できる.
ヘンリー・A・キッシンジャー

人口削減計画が乗っている公式文書です。

国家安全保障研究覚書200(フルテキスト)
http://www.population-security.org/28-APP2.html

詳しくは過去記事を参照にして下さい。そろそろ私たちも目覚めないと、日本人は絶滅種になるかもしれないと、私は危惧していますf^^;

なぜワクチンに不妊薬が混入
http://xn--cckya2od6fu983ag8xbde7a.com/?p=1741

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ