地獄の病院

お早うございます♪

あの世の仕組みをくわしく解説してくれている良書

「死後の世界」http://books.x0.com/jsmward1/contents.shtml

に出会いました。真夏の夜にはぴったりです。第1幕は普通の人の死後の体験談。生前あまり、物質主義に傾きすぎて、目に見えない世界の事を大切にしていないと、死後の世界の学校で苦労するみたいですよ(笑)物欲、食欲、性欲が強すぎると、肉体を伴っていない死後の精神世界に行っても中々それを手放すのが難しそうです。

死後の世界には、金銀財宝は勿論持っていけないし、食欲や性欲などの肉体的な快楽を満たす事は出来ません。それでも、3次元の世界にいる時には、そうした欲を満たすだけ満たして、この世界を楽しむという考え方も有りかもしれません。でも、そんな楽しみはほんの一時的な快楽。自分は一体何の為に今この地球上に存在しているのか?何を学びに来ているのか?そして何を為したら良いのか?そんな事を考えさせられました。

そして、第2幕は極悪非道の悪人の死後の世界での体験談。阿鼻叫喚さながらの地獄の様子が淡々と語られています。そして、地獄にも病院があるそうで、このブログは一応医療をテーマにしていますので、今日は地獄の病院の模様をお伝えします。

まあ、この死後の体験談の真偽の程はともかくとして、もし死後の世界に行っても学びが続くのであれば、生きているうちから準備しておくほうが、良いかもしれませんね。ただこれも、子供の頃に夏休みの宿題を先に片付けてから遊んだ人、先に遊んでから後で宿題を片付けた人がいるように、人それぞれ考え方が違うので、どちらが正解かなんていうものはなさそうですが・・。
でも、個人的には宿題は先に済ませたい質なので、生きているうちから、精神世界を少しでも垣間見てみたいと考えています。

それで今までは、ただただ、そうしたいと何の努力もしていなかった自分に反省し、中断していたサンゲージングを再開しました。そして、今度こそ穀物中毒を克服して、完全ローフード生活を目指し、あわよくば長南 年恵さんの様に難病の人を助ける聖水を空中から取り出せたら、医院で病人に無料で配りたいものですね。(笑)と、まあ真夏の夜に読んだ怪談話に感化され話が随分飛躍しました。でもこうした話を怪談話と片付けているうちは、まだまだ物質世界に浸っている証拠かもしれません。

そしてこの本編の中で、印象的だったのは、この部分。

 「吾輩わがはい当時とうじ痛感つうかんしたことの一つは、地獄じごく住民じゅうみんはなはだしく共同性きょうどうせい団結性だんけつせいけていることであった。しばしのあいだなかよくしていても、それがけっして永続えいぞくしない。たとえば吾輩わがはいしたさいなどでも、医者達いしゃたちが、どこまでも一して吾輩わがはいつかまえにかかったなら到底とうていおうせるのぞみはないのである。ところが一たんげられると、そんなことはすっかりわすれてしまって、やがて相互そうごあいだ喧嘩けんかはじめる。げん吾輩わがはい病院びょういんあいだにも一人ひとり医者いしゃがその同僚どうりょうからつかまえられて解剖台かいぼうだいせられていた。

 ある一つの目的もくてきむかって義勇的ぎゆうてき協同きょうどうする観念かんねん絶無ぜつむなこと──これはたしかに地獄じごく特色とくしょくの一つである。」

ある目的に向かって、義勇的に協同一致観念の絶無なことが、地獄の特徴だという事。地上においても、私も含めてこんな状況になりつつあるのが、今の世の中。なんとか、そうならない様に、私たちも心してかかる必要が有りますよね。と、いう訳で、次の世代の子供達に負の財産を引き継がない努力を大人たちは少しでもしたいものです。

それでは今晩の暇つぶしには是非この怪談を!

第2幕より「地獄の図書館、病院 上・中・下」より一部抜粋

http://books.x0.com/jsmward1/text_2/text120a.shtml

『一たい地獄じごくって書物しょもつとそうでない書物しょもつとの区別くべつなんできめるのです?』と吾輩わがはいは一さつ医書いしょして質問しつもんした。『たとえばこの生体解剖書せいたいかいぼうしょですが、こりゃフランスで出版しゅっぱんされたものです。このしゅ書物しょもつ全部ぜんぶ地獄じごくへまわされるのですか?』

『イヤそうはかぎらないよ。』と老人ろうじんこたえた。『地獄じごくるのとないのとは、その書物しょもつ目的もくてきならびにそれにともな影響えいきょうによりてきまるのじゃよ。』
ろうじん鹿爪しかつめらしいかおをして諒々じゅんじゅん説明せつめいをつづけた。──

『一たい著者ちょしゃ目的もくてきしん社会同胞しゃかいどうほう安寧幸福あんねいこうふく増進ぞうしんせんがめであるなら縦令たとえそれが生体せいたい解剖かいぼう書物しょもつであろうがそれはけっして地獄じごくにはない。しかしおおくの学者がくしゃ就中なかんずく大陸たいりく学者がくしゃ生物せいぶつ解剖かいぼうするのは、解剖かいぼう苦痛くつうがいかなる作用さよう生体せいたいおよぼすかをしらべてたいというきわめて不健全ふけんぜん好奇心こうきしんから出発しゅっぱつするのがおおい。これは社会同胞しゃかいどうほうたいして何等なんら効益こうえきもなく、またそのしゅ書物しょもつ出版しゅっぱんいたずらに他人たにん同様どうよう好奇心こうきしん促進そくしんさせることになる。そんなものが地獄じごく所属しょぞくとなるべきはうまでもあるまい。それからまた、ある一科学者かがくしゃのやる実験じっけんじゃが、よしやその動機どうき善良ぜんりょうであるにしても、そのるところの手段方法しゅだんほうほう愚劣ぐれつきわむる場合ばあいすくなくない。そんなものを発表はっぴょうする書物しょもつ矢張やは地獄じごく厄介やっかいになる。他人たにん迷惑めいわくをかけるだけのシロモノじゃからナ……。』

『そういたしますと、大概たいがい生体解剖せいたいかいぼう学者連がくしゃれんんでからちつく場所ばしょはこの近傍きんぼうですナ?』

随分多数ずいぶんおおぜい生体解剖せいたいかいぼう学者がくしゃがこちらへるよ。──が、おまえさんが想像そうぞうするほどそんなに沢山たくさんでもない。生体解剖せいたいかいぼう学者がくしゃなどというものはたいていは冷血動物れいけつどうぶつちかいが、そのなかなり多数たすう純然じゅんぜんたる学究肌がっきゅうはだで、少々しょうしょうのつけどころがくるっているというくらいのところである。で、彼等かれら欠点けってんはしばらく幽界ゆうかい修行しゅぎょうしているうち大抵たいていのぞかれるものじゃ。おまえさんもっとるじゃろうが、生前せいぜん彼等かれらにかかってころされた動物どうぶつ幽界ゆうかいでその復讐ふくしゅうをやる。そうすると大概たいがい学者がくしゃは、これではかんとはじめてがさめて前非ぜんぴ後悔こうかいする………。』

なん罪障消滅ざいしょうしょうめつ方法ほうほうでもありますか?』

『そりャあるよ………。アノ動物虐待どうぶつぎゃくたい防止会ぼうしかいなどというかいがちょいちょい人間界にんげんかい組織そしきされたりなんかするのはつまりその結果けっかじゃよ。が、全体ぜんたいあの学問がくもんめにというやつ随分ずいぶんくせもので、どれだけあのめに地獄じごく繁昌はんじょうしているかれたものじゃないナ………。』

地獄じごくでは科学者達かがくしゃたちんな塩梅あんばい取扱とりあつかってます?』

『そりャいろいろじゃよ。解剖学者かいぼうがくしゃなどはこの図書館としょかんからとおくもない一つの病院びょういん勤務きんむしている……。』

『エッ病院びょういん……。』

吾輩わがはいびッくりしてさけんだ。

『そうじゃよ。──もっと地獄じごく病院びょういんというやつ患者かんじゃ治療ちりょう目的もくてき経営けいえいされているのではない。れい神聖しんせい学問がくもん研究けんきゅう目的もくてきでナ。イヒヒヒヒ。おまえさんも一つ自分じぶん出掛でかけてって見物けんぶつしてるがいい。自分じぶんからだ解剖かいぼうされるのがさほどこわくないなら………。イヒヒヒ。』

 会話はなしはこんなところで一とりあげていてわれわれは図書館としょかんだいすすった。ここはいろいろの思想しそうことごと絵画かいがかたち表現ひょうげんされているところで、その内容ないようはもちろん憎悪ぞうあく残忍ざんにんその関係かんけいしているものばかりであった。たとえば人体に苦痛くつうあたえるめの精巧無比せいこうむひ器械類きかいるいただしは霊魂れいこん幽体ゆうたい攻道具せめどうぐ図解等ずかいなどで、よくもんなうまい工夫くふうができたものだとほとほと感心かんしんさせられるようなのがあった。

 が、一ばんひどかったのはだいで、拷問ごうもんにかけらるる人物じんぶつ苦悩くのう順序じゅんじょなどが、ことこまやかに、れい活動写真式かつどうしゃしんしき眼前がんぜん展開てんかいされてくのであった。

 老人ろうじんんなことを吾輩わがはい説明せつめいした。──

ひとくるしめようとおもえば、どんな方法ほうほうもちゆればどんな苦痛くつうおこすものかを学理的がくりてきってくことが必要ひつようじゃ。苦痛くつう原理げんりらないでは、こちらに充分じゅうぶん意思いしおこらんからしたがって先方むこう充分じゅうぶん効果こうかあたない。ここでしらべてけばずその心配しんぱいはなくなる………。』

 吾輩わがはい見物けんぶつしたおおくの絵画かいがなか人間にんげん生体せいたい解剖かいぼう活動写真かつどうしゃしんがあったが、いかにんでもそいつはあまりに気味きみがわるくて、とてもここ説明せつめいする気分きぶんにはなれない。

 これ見物けんぶつしてうちにさすがの吾輩わがはいもだんだん胸持むねもちわるくなってた。吾輩わがはい随分ずいぶん無情冷酷むじょうれいこくおとこで、時々ときどきひどい復讐手段ふくしゅうしゅだんこうじたものだが、しかし苦痛くつうめの苦痛くつうあたえてこころよしとするほどの残忍性ざんにんせいはなかった。矢鱈やたらひとくるしめてうれしがる──。そんなイタズラは吾輩わがはいにも到底とうていない……。

しばらくして吾輩わがはい図書館としょかんあとに、ガランとした一つの荒野あれの横切よこぎると、そこにははたしていわゆる地獄じごく病院びょういんっていた。

(転載終了)

続きはこちらからhttp://books.x0.com/jsmward1/text_2/text121a.shtml

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ