大豆産業の嘘?(豆乳、プロティンには気をつけて)

こんばんは
先日大豆は危険な食べ物かもしれないという動画と記事を紹介しましたが、今日はそれに関連するような記事で、大豆産業は、産業廃棄物である大豆に添加物、香料を加え、西洋人好みのミルクセーキ風味にして、健康にいいという謳い文句で、しかもその危険性を隠して大豆を売り込んいる。大豆産業は詐欺だという記事を見つけましたのでご紹介します。でもちょっと待ってください。なんかこの話前にも聞いたことがありませんか?
そうですね。産業廃棄物のフッ素を歯に良いというキャッチフレーズで利用するという話とそっくりではありませんか?管理人はこの記事をみてやっぱりねと言う感じでした。
いずれにしろ、MSGが添加された豆乳、高度に加工された大豆プロティン粉は避けた方が良さそうですね。それこそ、商業的なキャンペーンに乗せられている感じですよね。
でも、日本の伝統食として味噌汁に豆腐を入れるのは、だしなどの動物性蛋白質と一緒に取るので危険性が軽減するそうですね。やっぱり先人の知恵はすごい!
また、本日コメントを下さった、マクロビに詳しいびおさんからは、こんなコメントを頂きました。
(びおさんのコメントより)

大豆問題、
わたしも常々、この問題について、
考えてきました。

大豆は、そもそも、味噌・醤油(&納豆)になる他、
使い道がなかったと、聞いています。
昔の人たちは、なんの知識もなかったのにえらかったんだなーと思います(^ ^)

また、豆腐の歴史は意外と新しく、
庶民が食べられるようになったのは、
確か、江戸の後期だったとか。
なんでも、ぽっと出のものには、要注意ですね(^ ^)

ところで、フィチン酸は、発酵させる他、
焙煎することによっても、減らすことができます。
マクロビオティック料理の、
玄米クリームや、’おめでとう’という小豆入り粥は、
玄米を一旦炒ってから、作ります。
ともに、病気の時や、病気あけに食べられる料理ですが、
フィチン酸の害減らし、消化をよくしてあるのですね(^ ^)

そういう意味で、きな粉も大豆の焙煎したものなので、
ギリギリセーフではないでしょうか?
でも、常食するものではないとは、思いますが(笑)

高野豆腐は、豆腐は豆腐ですが、
カルシウムも豊富ですし、捨てがたい食品です( ; ; )

わたしが、十数年前に習った、マクロビオティック料理初級・中級では、
一部、豆腐を使ったメニューもありましたが、
大豆製品はほとんど出てきませんでした。
しかし、師範クラスになると、湯葉や大豆タンパクのお肉もどきを、使うこともあり、
かなり、ゆるみました(^_^;)
料理のバラエティが広がりましたけどね(笑)

大豆製品に頼らずとも、楽しい菜食生活は送れます。
しかし、味噌・醤油は、必須ですね(^ ^)

(びおさんコメントありがうございました♪)
つまり味噌、醤油、納豆などの発酵製品や焙煎したきな粉や味噌汁の形で楽しむことは問題がなさそうなので、今後は管理人も調理法に工夫をしたいと思います。
でも、高度に加工された大豆プロティンや豆乳はMSG添加の問題や商業ベースの陰謀がありそうなので、出来たら避けたいと思っています。
皆さんも気を付けてください。同じような話にキシリトールの話がありましたよね。
歯に良いというキャッチフレーズで世に浸透しているキシリトールですが、実態は遺伝子組み換え食品でした。この様な商業ベースのコマーシャルは鵜呑みにせず、是非一度疑って調べてみたいものです。


The Soy Industry Scam!大豆産業詐欺!



豆腐ミート、豆乳、大豆プロテイン粉、豆腐は、健康を促進しますか?または、処理された大豆製品は脂肪と体重の増加を促進して、工業化した社会の病気の一因となりますか?

我々は、迅速に美容の破壊とこの数十億ドル規模の主要な食物を豊富に含む食事のより微妙な健康に対する危険性を調査します — 大豆製品は、お腹の脂肪の増加に関係してきました!

それは明らかで声を上げて言う必要があるので、私は本稿を送りました。大豆は、けっして奇跡の食物では有りません!数10億ドルが栄養的に優れた加工された大豆の購入の為に市場で使われました。しかし、その否定的な要因の証拠がとても長い時間をかけて集められてきました。そして、これらのデータと向き合う必要があります。

確かに、大豆ダイエットでお腹の脂肪が増加したという、調査結果があります。

このヘルシーフードの気が気でない新しい理解を得るために、下記を読んでください!

-マイク・ギアリー、公認パーソナル・トレーナー、公認栄養スペシャリスト著者 — 6つのパック抗体についての事実

大豆の間違った優越性

半世紀までは遡らない以前、東アジアでさえ、発酵させてない大豆でできている食物は、人間が摂取するには不適当であると考えられました。生大豆は、家畜のために保存されていました。最近は、かなり多くの人が発酵させてない大豆食品の豆乳や加工された大豆のプロティンを健康的な主要な食料源と確信して世界規模で好んで摂取しています。なんて速く、世界は食事の千年の知恵を忘れて、放棄したのでしょう!

大豆は発酵の革新が起こるまでは、(周王朝の間に発見された)人間の食事で役割を演じていませんでした。 — 1千年のBCEの早い時期のどこかの時点において、もっとも初期の発酵する大豆製品は、醤油、納豆、ミソとテンペでした。
周王朝の後の世紀には、おそらくBCE2世紀の間、中国の科学者は、料理された大豆の泥漿を固体凝乳に変える方法を開発しました。硫酸塩(マグネシウムまたは硫酸カルシウム)と混ぜ合わせられた大豆のピューレは、薄い色の固体凝乳に凝固します。これが豆腐です。発酵する大豆製品を準備するこの方法は主要な食物収穫として大豆を市場に出しました、そして、大豆の栽培は東アジア中で広がりました。そして、あらゆる東アジアの文明の特質になりました。

初期の中国人に知られていない甲状腺の機能を損なわせる合成物は、異なった発酵の方法によって分解されます。先人たちは発酵させてない大豆を食べるのは安全でないということを知っていました。しかし、一旦彼らがこれらの合成物を中和するために方法を開発すると、発酵大豆食品は食事として受け入れられる様になりました。

その長い中国の歴史を通して、発酵させてない大豆または豆乳は中国では、人々に適したものだとは考えられていませんでした。

中国人はレンズ豆のような多くの他の作物を山脈で収穫し栽培して、消費しました。しかし発酵の出現以前には、大豆製品は考古学的な人間の遺物と一緒には見つかっていません。発酵させてない大豆は、高い量の毒素を含みます – 固有の「反栄養分。」、その中でも主要な強力な酵素阻害物質は、多数のタンパク質消化で重要な役割を演じるトリプシンのような酵素の機能をブロックします。

通常の料理方法ではこの抑制剤を変性させません。そして、それは生化学的相互作用を損わせる大きなタンパク質です。それはタンパク質消化不良による胃痛を引き起こします、そしてこれは必須アミノ酸の慢性の欠乏を引き起こします。動物実験では酵素阻害物質が豊富な食事は、膵がんを含む深刻な疾患に罹る事が分かりましました。

ヘマグルチニン(血液凝固を促進する物質)も、大豆に含まれます。トリプシン抑制剤とヘマグルチニンは両方とも、成長を妨げるタンパク質として働きます。これらの反栄養分が豊富な大豆食として与えられると若いネズミでは、成長量がかなり少なくなりました。

実際、大豆は半世紀以上の間甲状腺の抑制剤として認識されていました。科学者達は大豆の甲状腺腫を引き起こしている構成要素が健康的なイソフラボンであることを特定していますが、数十億ドル規模の大豆の産業界はヨウ素サプリメントでいかなる甲状腺腫誘発効果も修正する事が出来ると主張しています。

アラバマ・バーミンガムの大学は、豆タンパク質の摂取が合成甲状腺ホルモンの吸収を減少させているケースを発表しました。患者は、甲状腺の手術を受けた後に大豆タンパク質サプリメントを使いましたが、その結果として高用量のレボチロキシンが必要となりました。大豆タンパク質サプリメントはこのケースでは顕著な変数となり、そして、患者はおそらくヨード塩を摂取していましたが、産業界の主張に反して、ヨウ素は大豆の甲状腺抑制効果を防ぐことができませんでした。

大豆食物の収穫物の殆どは、「遺伝的に強化されて」、我々の家庭で消費するすべてのものから高い濃度の農薬に汚染されたものが供されています。

フィチン酸が、あらゆる種の外殻に含まれます。フィチン酸は、小腸で必須なミネラルの吸収を阻害します:カルシウム、鉄、銅、マグネシウムと亜鉛。大豆は、特にそのフィチン酸の含有量が多いのです。

大豆は他のどんな作物の種よりも最も高いフィチン酸含有すると研究で分かっていて、そして、そのフィタン酸塩は長く煮るような方法では通常は減らすことが出来ません。しかし、過去の何世紀にも渡る発酵技術は、含有されるフィチン酸の多くを破壊します。

肉と一緒に食べると、大豆凝固薬(豆腐など)はそれらのミネラルの吸収阻害の副作用もさらに減ラスことができる事が分かっています。伝統的な日本の朝食の1つの形は、ミソと豆腐を魚と一緒に取り入れていて、そして其れとは別に魚をメニューに取り入れています。

重要なミネラルの不足は、豆腐または大豆食品を主要なタンパク源として摂取する人々を悩ませます。

菜食主義者での、マグネシウム、鉄とカルシウム欠乏の危険性は、長く認められて来ました。しかし、亜鉛に関連する事はあまりよりよく知られていませんが、でもそれは確かに有害です。これらの危険性に対する対策は、きわめて重要で、単にまじりけのない草で育てられた材料を使った適当な栄養分とタンパク質を含むチーズ、肉とバター製品を一緒に摂取する事によって達成する事が出来ます。

亜鉛は脳の機能と形成で重要な役割を担っていることから「知性ミネラル」の名前を与えられて来ました。都市伝説は、聡明な人々では彼らの髪で特に亜鉛が高水準に有ると言います。この重要なミネラルも、重要なタンパク質(例えばコラーゲン)の形成において機能します;それは血糖を管理するのを助けます。そして、糖尿病から護ってくれます;そして、胎児の発育において重要なのは言うまでもなく、生殖の健康で重要な役割を果たします。この不可欠な鉱物は、大豆には全くなく、草で育てられた牛肉で特に豊富に含まれます。

彼らの信用の為に、彼らの製品(特に人気の添加分離した大豆プロティン)からこれらの栄養を含むブロッカーを取り除くために、大豆食品生産者は、非常に一生懸命に働きました。SPIは、大部分の肉と乳疑似商品(牛乳を含まない幼児の人工乳と多くの種類の豆乳を含む)に含まれる主要なタンパク質です。

SPIは非常に処理されたもので、各々のステージにおいてより多くの産業添加物を運んでいます。

SPIの製造は、家庭の調理の範囲を超えています。製造プロセスは非常に工業化されていて、そして、消化できない成分を分解する為にとても大量の大豆泥漿をアルカリ性溶液とよく混ぜ合わせます、それから分解を促進する為に添加酸性溶液でタンパク質固体を引き起こして、引っぱって、最後にアルカリの溶液につけます。

酸性の溶液で洗う事は、大量のアルミニウム塩の混合物が浸透する事になります。高温下で凝乳固体を噴霧乾燥し、粉末状の大豆タンパク質を産生します。粉の高温高圧で、最終的に、粉状のSPIが取りだされます。その最終的な形がTSP(きめ細かい大豆タンパク質)。亜硝酸副産物が、噴霧の間に成分として残されます。亜硝酸塩と硝酸塩は、強力な発がん物質と古くから認められてきました。その上、最終的なアルカリ溶液に浸漬する事は、有毒なリジノアラニン化合物を残します。

動物実験では、SPIダイエットは、ビタミンB12、K、EとD(重要なミネラルの不足のための引き起こされた欠乏症症)を増やしました。明らかに、フィチン酸は大豆製品から除去されないで十分な量が残っていると、鉄と亜鉛の吸収をかなり阻害します。肥大した器官について動物実験でも文献に残されていて、特に、成長の調整やタンパク質吸収に関わる甲状腺、膵臓などと同様に肝臓の内側の有害な脂質の増加も見られました。

これらの調査結果にもかかわらず、SPIとTVPは、広く、そして、とても人気の食品添加物、学校給食で使われたり、ファーストフード、、ダイエットプログラムや飲料などの商業的な商品があります。 — それらはすべて健康的であると謳っていて、きめ細かい大豆プロティンは世界的な健康問題の解決策としてもてはやされてきました。そして、発展途上の国に対する食糧援助プログラムの中心的な役割を演じています。

長い間、分離された大豆プロテインは、廃棄物として棄てらてきましたが、「産業廃棄物」は「主要な健康食品」になりました

産業廃棄物と長い間考えられて来た大豆タンパク質を分離し取り出すことが、生産者がより良いテクノロジーを使う事で可能になりました。脱脂された大豆チップ。革新は、見た目も臭いも悪いそれを人間の口に合うように、添加物を添加 — 調味料、香味料、甘味料、合成栄養剤、防腐剤と乳化剤は、食品業界のみにくいアヒルの子であったSPIを果てしなく可能性をもった白鳥に変えました。

大豆製品の生産者の言葉を引用すると「より豊かでない社会で製品許容性を得る最も速い方法は、製品をより多くの豊かな社会でそれがもつメリットに基づき消費してみることです。」という事です。素晴らしいマーケティングを通じて、それは貧困な食物であることは決して許されませんでした。心臓病、骨粗鬆症とガンを防げ老年とあらゆる苦悩に対する支えとなる高級な食事の万能薬として、大豆は卓越していなければなりません。 。そして、この計画は、どんな混乱も許すことができませんでした!

大豆の競争相手は – 肉、卵、ミルク、バターとチーズ – 我々の最も強力な市民の機関によって、うまく悪魔化されました。大豆は、良心的な市民世代のための唯一のタンパク質(唯一のアミノ酸源)になりました。

より多くの大豆を学校メニューに取り込む目的で、大豆製造会社は、ノーマン・ロバート・アソシェイツ(P.R.会社)を入れました。努力は成果をあげました、そして、米農務省は一般の学校給食の成分の大豆の成分比率を30%に引き上げました。

米農務省の『ニューメニュー』は、制限を大豆の中身には置きません。政府命令はで脂肪から摂取するカロリーを30%以下にする事を学校に要求します、そして、大豆産業は完全な大豆への転換がこれを可能にすると主張します。大豆食品製品が学生により多くの栄養分を提供して、脂肪とコレステロールの量を減らすと、大豆擁護団体は主張します。大豆タンパク質は、廃棄物でした。生産のあらゆるステージの最終生産物に心を引きつけて利用するには、それらの製品が有毒であることが示されるべきでなく、それが我々の現実の資源のより良い管理の方の崇高なゴールなのですとも主張します。

豆乳は、誤謬です

豆乳はきっとあらゆる産業の予見による途方もない期待を凌ぎました。そして、アメリカ合衆国の3億ドルの産業になるためにおよそ25年の間の間にほぼ150の成長をみせました。成長した他の理由は粉末の薄い粥のようなアジアの飲料のイメージを一掃して、西国人の好みにあったヘルシーなミルクセーキと同類の彼らが受け入れやすい滑らかな風味をつけた混合物にして、それと入れ替えました。

FDA承認はプロテイン・テクノロジー・インターナショナルのために長い過程をえて、思いもかけなく達成しました。PTIの元の嘆願書は大豆イソフラボン(大豆にはエストロゲン様合成物が豊富に含まれています)のための健康効果を要求しました。そして、イソフラボンを含んでいる加工された大豆タンパク質だけがコレステロールを減らすことができるという主張をしました。

それから1998年に、表面上それ自身のイニシアティブにおいて、FDAは嘆願書を書き直しましたが、それで、好ましい植物エストロゲンに対する主要な要求を取り下げ、大豆タンパク質の健康の幅広い効果に対する主張を挿入しました。これは同庁の規則違反でした。そして、それはFDAを制限し有利な提出された嘆願書に支配されている事を示しています。

この突然の変化は、大豆イソフラボンについて何を語っていますか?

この変化が多数の研究者からのレポートに続い起こった事は非常に示唆に富んでいます。そして、多くが米国政府が後援されています。そして、それはイソフラボンが有毒だったことを示すように見えました。

同時期前後に、英国政府は植物エストロゲンの研究をFDAと共有しました。その研究では、わずかな健康効果とその副作用の有害性について警告をしめす十分な証拠の発見が有りました。

嘆願書のその先例のない変更にもかかわらず、FDA職員は、SPIの酵素阻害物質、鉱物の吸収阻害の副作用、甲状腺の機能低下、その他のホルモンの撹乱と生殖の問題に対する懸念に直面しなければなりませんでした。

2人の政府研究者、ダニエル・ドーレッジ博士とダニエル・シーアン博士は、全国毒性学研究センターから、抗議の緊急の手紙を出します。彼らは警告レベルで主張すると言ってゆずらなかったのですが、しかし、これらの嘆願は退けられました。

「大豆をコレステロール値に対する前向きな影響に結ぶ研究は、信じられないほど未熟です」と、ロナルドM.クラウス博士(ローレンス・バークレー国立研究所の主任研究者)は言いました。薬またはダイエットを通しての低いコレステロール値が彼らの治療研究の中で彼らのコントロール研究のガン、脳卒中、事故、自殺研究よりもより多くの死を報告しました。

コレステロールを低くする産業は、アメリカ合衆国(すべての人気の方法–食と薬以外の)で、600億ドル/年規模になっています — それは、健康産業のこの巨大なセクターを活気づけますがそれはコレステロールも下げないばかりか国として心臓病からの我々を守ってもくれません。

大豆の危険性は、よく知られているようになっています

メディアは、市民に大豆食品製品に関するより良いデータを捜すよう要求し始めました。彼らは既存の研究を普及させ始めました、そして、世界中の健康機関はそれをは聞き始めています。7月に、イスラエルの厚生省は幼児の大豆人工乳について警告しました、そして、更に子供たちは3回/週の制限で大豆の消費を1日1回に制限する事を付けくわえています。そして、成人では大豆の消費と関連した不妊性とガンの危険性をよく知る必要がある事も付け加えています。
13人の栄養学者、小児科医、腫瘍学者等で構成される医学専門家委員会の結論に続く、この新しい方針発表は、1年以上に渡りエビデンスをチェックして決定されました。委員会は大豆の中の植物エストロゲン合成物と体に対する有害性に強い十分な関連があり、より正当な証拠が食事においての大豆の安全性を絶対的に確立することができるまでは、大豆の消費量は最小限に留めるべきだと勧告しています。

大豆合成物は、多くの臓器の・システムの中で、例えば消化、免疫、ホルモン等の多くの生化学プロセスを中断させます 。 これらの汚染物質が甲状腺機能低下と不妊症、ガン、特に膵臓や甲状腺のガンを引き起こしたり、成長や代謝に混乱を引き起こす原因となることが示されてきました。

本稿は、大豆のとても強いアレルギー起因物質について調査をしませんでした。ダイズはトップ10の食物アレルゲンの1つで、よりよく見られる症状になっています。反応は致命的であることもあり、さらに、学校と家で食べる食品には大豆の基本的なプロテイン粉は多く使われていて、基本的な大豆粉のSPIは致命的な結果を引き起こす危険性を増加させます。

ますます多くのしっかりした研究で、より多くの研究者が大豆は奇跡的な食物では無いと結論付けています。そして、その健康リスクについての警告しています。

私はこの大豆の消費の歴史の信念の理解、現代の大豆産業への本当の栄養学的な理解、多様な大豆製品を食べる事への理解が、あなたにこの人気の作物に対するより良い認識をもたらし、発酵させてない、処理された形、特に豆乳、SPITVPに対する適切な懸念をもたらすことを望んでいます。発酵させた大豆製品例えば、納豆、テンペ、、味噌のようなものは、特に肉または他の天然タンパク質と食べ合わせるのであれば、適度な量であれば許容できます。

(本文訳終了)

ふー、この記事結構長かったな・・
訳が分かりにくい所が相変わらずあると思いますが、ご容赦ください。
ではまたね

 

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ