妊娠と歯周病

歯科衛生士の 高澤ですうさぎの服

妊婦さんが歯周病に罹患した場合 早産・低体重児出産の発現率が高くなります

歯周病菌中に プロスタグランジン(妊娠経験のある方は聞いたことがあると思います)という

子宮収縮の原因物質が含まれいるからです

そして 歯周病菌の恐ろしい性質・・・ドンッ

それは歯肉の血管から進入して全身に回るということです!!

子宮に到達したプロスタグランジンは 子宮を収縮させて赤ちゃんを体外に出そうとします

その結果早産となり そうなれば赤ちゃんも未熟で低体重となるのです

プレママさんは しっかり歯周病対策を!!

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ