子宮頸がんワクチンの知られざる30の事実

こんにちは

今日はラッセル・ブレイロック先生のインタビューから子宮頸がんワクチンについての30の真実についての記事をご紹介します。子宮頸がんにかんしては2013年度から子宮頸がん検診でウィルス検査が加わってきます。それによりますます子宮頸がんのワクチンのキャンペーンの拡大も予想されます。そうしたプロパガンダに流されないためにもしっかりした知識を身につける必要がありますよね。

(読売オンラインより転載)

子宮頸がん検診でのウイルス検査実施へ

 厚生労働省は2013年度から、子宮(けい)がん検診で、原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)に感染しているかを調べる検査を実施する方針を固めた。現行の検査にウイルス検査を加えることで、患者の見落としを防ぎ、がんの早期発見を図る。同省は必要経費を同年度予算の概算要求に盛り込む。

 性交渉で感染するHPVが原因で子宮頸がんは起きる。多くは自然に体から排除されるが、まれに感染が続き、一部の人でがんを発症する。今の検診では子宮頸部の細胞を微量採取して調べる細胞診がメーンだが、2~6割の患者見落としがある。

 ウイルス検査では、見落とし率を1割以下に抑えられる。ウイルス検査を、同時に行える細胞診と合わせて実施すれば、見落としをほぼなくせるという。検査の対象は30歳代が中心で、検査費用の負担軽減が図れるよう同省は検討する。

2012年9月4日  読売新聞)

(転載終了)

あなたが多分知らない子宮頸がんワクチンの真実
http://www.naturalnews.com/037154_Gardasil_HPV_vaccines_scientific_facts.html

ラッセル・ブレイロック博士のインタビューより

1、第一その根拠が嘘です。HPVそれ自体では子宮頸がんの原因にはなりません。エビデンスによれば、子宮頸がんが出来るには次の組み合わせの複数のウィルス、もしくはウィルととバクテリアによる同時感染が必要な事が分かっています。例えば、エプステイン・バーウィルスとHIVやクラミジア等とHPVの同時感染です。

2、出産をコントロールするビルとホルモン薬はHPVのリスクを上昇させます。

3、今までに子宮頸がんのワクチンが子宮頸がんを予防すると証明された事は有りません。いずれにしろなんの科学的な根拠もないのです。

4、100株以上あるHPVの中でほんの15種類ほどが子宮頸がんの原因になります。

5、子宮頸がんのワクチンはそのうちの本の2~4株を対象にしているだけなので、あなたはそれを受けても他の2/3以上の子宮頸がんの原因となる危険性のある株には無力です。だから、あなたは接種後も子宮頸がんの検診を定期的に受ける必要が有るのです。

6、あなたはワクチンを受けても子宮頸がんの発生率を減少させることは出来ません。研究では人の免疫システムはワクチンで獲得した株への抵抗性を発達させるので、他の株が優勢になるだけです。

7、米国疾病予防管理センターのウエブサイトでは人の体の免疫システムは2年以内にヒトパピローマウイルスを2年以内に消失させることが出来きる事(70%は1年以内に消失)が書いてあります。

8、子宮頸がんのリスクを上昇させる最も強力なプロモーターはの一つは喫煙です。女性で喫煙する人は前癌病変を子宮頸がんに進行してしまうリスクがしない人に比べて、2、3倍もあります。

9、食事が鍵です。栄養価の低い食事をしている人はリスクが上昇しまうすが、一方でビタミンB12や葉酸を十分な量摂取している人は子宮頸がんとヒトパピローマウイルスの感染のリスクを79%減少させることができます。

10、食事での組み合わせはどんなワクチンよりもヒトパピローマウイルスに対する十分な対策になる事が証明されています。

11、商業的な売り込みは全て嘘です。それは私たちのこの時代において最も壮大で有害な医学的な嘘の一つです。

12、公式に、ワクチンが約100の死亡例と500の永久的な障害の症例と関連があることが発表されています。

13、それらの数字は自発的に報告されたもので、歴史的にはたった2~10%のケースの例から報告されているにすぎません。その他の多くの症例では、報告すらされていなく、それで、控えめに見積もっても5000人の少女と若い女性がワクチンによる副作用を受けている可能性があります。

14、子宮頸がんはアメリカではとても希なガンで、年間に12000症例が報告され、そのうちの4000人が死亡します。

15、多くの少女と若い女性は重大なワクチンによる副作用を経験していますし、その死亡例の人数を超えています。

16、副作用は、多発性硬化症、脳炎、失明、心膜炎、昏睡、死亡など多くの症状を含みます。

17、最初に行われたワクチンのガーダシルは違法に行われています。米食品医薬品局はワクチンが認可されるまでに臨床試験が行われ4年の経過を見ることを要求しています。しかしガーダシルは市場に出るまでにたった6ヶ月でした。それでFDAは認可しているのです。

18、テキサスのリック・ペリー州知事は実際は子宮頸がんにかかる平均連例は48歳でHPVの潜伏期間は20年巻であるにも関わらず、2007年にテキサスの6年生の少女にワクチンを受けることを義務化しました。かれは議会の反対を押し切ってそれを強制しました。

19、人々はワクチンを受けることを強制されますが、でもそれは実際には法律で決まっているわけでは無いのです。

20、ペリー州知事はワクチンメーカーから多額な賄賂を受け取っています。

21、ぺりー元メルクから雇われたロビイストのスッタフの代表を務めていました。メルクは2009年にガーダシルを作ったメーカーで、彼と巨大製薬会社は繋がりが有りワクチンを推進するモチベーションがあることが暴露されています。

22、テキサスの立法府はペリーの少女にに対するワクチン接種の強制命令を公衆の強烈な反発により覆しています。しかしながら、判例が成立し、他の州や国でもそれに追随するようにして法定に持ち込まれています。

23、パップ・スメァーだけでも80%の子宮頸がんが防げます。年に一でパップ・スメァーをするとあなたが子宮頸がんにかかる確率を0.02%に減少させることができます。

24、子宮頸がんワクチンはそのリスクはほとんど公開されずインフォームドコンセントを得ないまま違法に何百万人モノ人に接種されています。

25、大衆は患者を守るインフォームドコンセントに関する法律があることを知りません。それらはワクチンによって障害を得た人々にとって法律的な戦略を与えてくれます。

26、ワクチンの製造メーカーはワクチンに関連する危険性を医者に公表したり話し合ったりすることを望んでいません。なぜならば、彼らは人々にそれを受けない事を選択して欲しくないからです。これは複数の医学雑誌で文書化されています。それにも関わらずまだ違法に医者たちにそのリスクは公表されません。

27、FDAのウエブサイトによれば、世界中の何百万人という少女、ティーンエイジャー、成人女性にワクチンが接種される前にほんの21000人の少女たちに臨床試験が行われただけです。

28、FDAのウエブサイトでは男性ではワクチンのテストが行われたことには何も触れられていません、それなのに米国疾病ヨボウカンリセンターではワクチンはすべてのティーンエイジャーから21歳までの男性に推奨されるべきだと言います。

29、インフォームドコンセント法はワクチンの効果について疑問を投げかけてもいます。それであなたはワクチンの効果について質問し回答を得る権利を有しているのです。なぜあなたはそのリスクと接種に甘んじる必要があるのでしょうか?

30、ワクチンの製造メーカーは立法府に働きかけてあなたがワクチンの合併症に対して訴える事が出来ないようにする法律を通させましたが、でもあなたは訴える事ができます。

(本文訳終了)

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ