学生に人体実験?未承認の髄膜炎ワクチン接種(米国発)

こんにちは♪
先日ある学校の看護科に連絡したところ、予防接種は当院実習の前には義務付けられていて、どう頑張っても避けるのは難しそうだと分かったので、今回はその学校の受験を諦めたという話をしました。しかしながら、予防接種が義務付けられているのは、当たり前ですがその学校だけではないようです。米国のプリンストン大学では学生全員に未承認の髄膜炎ワクチンを接種させるという人体実験を行っているようです。でもその予防接種が単に髄膜炎のパンデミックを引き起こすためのものだとしたら、あなたならどうしますか?

プリンストン大学では学生に人体実験!
承認されていない髄膜炎のワクチンを接種させる

http://www.naturalnews.com/042938_Princeton_University_meningitis_vaccines_human_medical_experiments.html

プリンストン大学では学生に認可されていないワクチンを接種させモルモットのように扱っています。一部の学生で、軽い髄膜炎を起こす反応が見られたが、その後完全に回復したのをみて、今度はすべての学生にどんな影響や危険性があるかわからないワクチンを接種させます。

髄膜炎はしばしば、経口感染で伝染しますが、でもそれは伝染病ではなく、通常は免疫系が簡単に対処する(もちろん栄養状態が良いことが条件ですが。)ことが出来る疾患です。ですから、栄養状態の良好なプリンストン大学の一部の学生では、髄膜炎を難なく克服できるでしょうが、ほとんどの学生ではジャンクフードなどを摂取していて栄養状態はよくありません。

プリンストン大学はワクチン産業の利益の為にいかさま科学に身を転じました

プリンストン大学は米国のその他の教育機関と同様に、全ての疾患はワクチンが不足している為に起こっているとするワクチン産業の利益を優先させるジャンクサイエンスにその身を転じました。なぜなら毎回罹患率が非常に低い病気でさえ、もっとワクチンが必要だと恐怖をあおるワクチン信奉者のワクチン理論について誰も知らないからです。

ワクチン産業とCDCはもちろん恐怖をあおる方法でワクチンを推奨するのです。それでワクチン会社は実際には偽科学を作り出し、臨床試験のサンプルもワクチンが病気を予防するように大衆に思わせ、だますように作られて来たのです。

髄膜炎のワクチンはマヒの原因になります

プリンストン大学の幹部によるワクチンの協議を欠いたまま、ワクチンに関連した内在する危険性がなんであるかが彼らに承認されました。

プリンストン大学の幹部はワクチン神話をその他の信奉者のように、ワクチンを接種してもそのリスクはゼロである事を決めつけています。この仮定は科学的は空論です。

実際100%安全なワクチンなんてありえないのです。全てのワクチンには危険性があります。そして実際にアフリカの農村の50人の子供たちが髄膜炎のワクチンを受けて麻痺したという事実があるのです。

これらの子供たちがワクチンにより麻痺した後、米国でのワクチン補償裁判を秘密にするのと一緒で、両親を現金で買収し秘密にしておいてくれるように政府は試みました。この地球上の全ての地でワクチンの傷害は科学的に抑圧されているのです。政府、製薬会社、健康規制機関、そして医学雑誌までが共謀してワクチンの危険性はゼロである振りをしています。それ故に、誰であろうと、現在の健康状態、心理的な負担、免疫系の状況に関わらず全員に見境なく注射されているのです。

プリンストン大学では1万人の学生に髄膜炎のワクチンを接種させて、それが既に起きていた髄膜炎の症例よりも、もっと多く症例が出ている原因になっているようです。これらの新たな髄膜炎の症例は勿論、ワクチンをもっと学生に接種させる格好の理由になる為に歓迎されるでしょう。ワクチンが疾患の原因になる事は有り得ないと嘘の情報を刷り込まれているので、だれも新たな髄膜炎のケースが最初のワクチンが原因で起こっているとは、疑わないでしょう。この事はいかにワクチンのマーケティングが上手く言っているかを表しています。この病気はワクチンによって引き起こされ、恐怖を煽ったワクチンのマーケティングがなされもっとワクチン接種がなされると、もっと病気の罹患率が上がるのです。これは完全な商業的な嘘です。製品が疾患の実際の原因で恐怖を煽られると、もっと製品が売れ、そうすると更に恐怖を煽る結果になります。

これらについては科学的な精査をする事は許可されていません。ワクチンの推進者は、そのワクチンが実際には充分に不活化されずに生きたウィルス株を含んでいて、ワクチンが安全でない事を楽しんでさえいる事をばれないようにしています。実際に地球上のワクチンの材料は、不活化されたものでなく、生きたウィルスを使ってさえいます。

今日のワクチン産業は、誰かがワクチンの安全性に疑いを持つとすぐに、エセ科学の教義やワクチン推奨者が信じるワクチンは100%安全で効果的、危険性は0%とする幻想的な考え方(どんな薬特に注射薬は特にですが、そんな事は有り得ません。)に押し込める、反科学的で独断的な状態に感謝しています。

こうしてワクチン界全体が科学でなく教義や利益により支持されています。本物の科学はワクチン産業では許されていないく、知的な疑問は一般的にはワクチン会社から、特許に対する印税や、リベートや賄賂の形で巨額なお金を得ている推進者によりもみ消されます。

プリンストンはワクチンによる傷害罪で訴えられるでしょう

プリンストンは、ワクチンによる実験で学生に麻痺や髄膜炎に罹患させた罪状で、おそらく訴えられるでしょう。一方ワクチン製造会社自身は、政府(全てのワクチンの傷害を抑制する部門)によって守られていて、もし製造会社がワクチン接種者に危険性について伝えなかったとしても、法的な責任を負わなくていい事になっています。

それ故にプリンストン大学が法的な訴えを減らす為の唯一の方法は、生徒にワクチンに関連した危険性を全て説明した免責事項に関する書類にサインさせる事です。これらの危険性には、麻痺、発作、髄膜炎、死亡等の項目を含んだものでなければなりません。

プリンストン大学が、法的に更に不利になる危険性はこれらのワクチンがFDAによって承認を受けていないもので、実験的に使われたワクチンだった言う事です。

加えて、プリンストン大学は現在製薬業界の為に機関に存在していた倫理的な境界線を超え、全ての学生をワクチンの実験ラットにしたという倫理的な問題に直面しています。米国の長い歴史に、教育機関と製薬会社の協力体制がありますが、そこにはナチとの結び付きも含まれています。受刑者、少数民族、その他の標的グループを実験ラットにして致死的な医学実験を行って来ました。もしプリンストン大学がこのまま道を進めば、既に1833年に米国で実施された人体医学実験の長いリストに名を連ねる事になります。

人体医学実験タイムライン1
http://www.naturalnews.com/019189_human_medi…

人体医学実験タイムライン2
http://www.naturalnews.com/019187_human_medi…

ワクチンによる死亡が起きれば、プリンストン大学はその名を、同大学の生徒を違法な医学的な実験で死亡させたとニュースで大々的に取り上げられるでしょう。

プリンストン大学の学生で、この免責事項説明書をナチュラルニュースに送ってくれた人に報酬をだします

もしプリンストン大学がこのワクチンの免責事項説明書を提供してくれるのなら、ナチュラルニュースは興味のある公衆の為に公表する事に意欲があります。我々はワクチンを接種した後に何か副作用を経験したかについて、学生から聞き取りをしたいとも考えています。

最初にこの書類を渡す事に手を挙げて下さった方には、ナチュラルニュースストアでかなり充実した量の栄養食品を送料無料で米国内のあなたのお住まいに届けます。

是非こちらのフォームから、この情報をお持ちの方がいらしたら、お申し込み下さい。

(翻訳終了)

1万人の学生に未承認のワクチンを接種させる・・人体実験ですね。
だけど、個人的にはたとえ承認されているワクチンだとしても接種は避けたいです。
それではよい夕べをお過ごしくださいませ♪

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ