年末年始の暴飲暴食の果てに♪

おはようございます♪

今日から年末の休暇に入られる方も多いと思います。昨日は我が家でも友人とその子供達で集まり忘年会をやりました。ほぼアルコールは抜きでしたが、なんと夜中の12時まで大人も子供も楽しく歓談!でも、ちょっと暴飲暴食気味で胃腸が疲れ気味です。

さて、暴飲暴食が続くと体内ではどのようなことが起こるのでしょうか?
以下は9歳の男児(実は息子)のお菓子を食べ過ぎたり、暴飲暴食をした時の血液像です。


体が酸性になったせいで、尿酸出現!こんなものが体内にあったらあちこちに刺さって大変です。


未消化のタンパク質らしきものもが出てきていますが、白血球がそれを処理しています。


凝固血液観察では、腸に負担がかかっている時に出てくる腸のパターンが出現!リーキーガット等とも関連性があります。

血液の状態がこのように汚れると、体の方にも色々と不具合が出てきます。
このケースの場合は、鼻炎がひどくなり鼻に症状が出ていました。

これを見て、何とか食生活をコントロールしなきゃ!という事で、クリスマス会に出かけてプレゼントとして沢山頂いてきたり、祖母にもらったお菓子は、賛否両論あるでしょうが、私が買い取り、妖怪ウォッチグッズに変換すると約束し、何とかお菓子をコントロール!

ただ単に、お菓子止めろ~!と、叫んでも逆に暗示を入れて逆効果だということを最近母は悟りました。(笑)でも、お菓子より妖怪ウォッチの方が好きでまだ助かりました。もし子供のお菓子をコントロールするこれより良い方法が有ったら、教えてくださいませ♪

さて、そういうことで、お菓子をコントロールしてデトックスの為ノニジュースを増量して、3日後の血液像です。まだ、未消化のタンパク質はチラホラ出ていましたが、以前に比べると量がかなり減り、尿酸の結晶は見当たりませんでした。また、凝固血液観察の腸のパターンも出現せず。


未消化のタンパク質は出てはいましたが、量は減りました。


腸に負担がかかり、蓄毒している時のパターンは無くなりました。

それに伴い鼻炎の症状も治まって行きましたが、まだ完全ではなかったので、鍼灸師の友人に教えて貰った内皮鍼(セイリンの0.6mm黄色)を購入し鼻炎やアレルギーの時に使うツボに貼ってみました。

この内皮鍼めっちゃ良かったです!貼った翌日には鼻炎の症状がほぼ収まりました!
教えてくれた友人に感謝です。ありがとうございます♪


鼻の横の迎香というツボです。もうちょっと鼻のすぐ脇の方かと思いますが、本人が鼻のすぐ脇は気持ちが悪いから離してくれと言ったので、ここに貼りました。

耳の下部のアレルギーのツボです。耳には沢山のツボがあり、顔に貼れない時には使えます。友人に教えて貰ったポイントとしては、両側いっぺんに貼ると硬くなって使えなくなるから、片方ずつ、1週間交代位で貼るといいそうです。

後で調べてみたら、鼻のトラブルの時に使える耳のツボは他にも有りそうでした。

因みに内皮鍼はアマゾンでも売っておりますが、ご使用に関しては、あくまでも自己責任でお願い致します。また、本日のケアに関してのご質問等は、ネット上ではお答えしかねますので、あくまでも家庭のケアのご報告という事で、お読みいただけましたら幸いです♪

SEIRIN(セイリン) パイオネックス100本入り 0.6mm/SEIRIN(セイリン)

それから、こちらはお知らせです。来年もお話会や血液観察会を開催します。

ご連絡をお待ちしております。

本日から1月4日まで、年末年始のお休みを頂いておりますので、お申し込みは1月4日以降に歯科医院の方にお電話でご連絡下さいませ。よろしくお願い致します。

顕微鏡観察会&ノニ茶話会


場所:フレンズ歯科クリニック

日時:1月29日(木曜日)10:00~12:00
 
内容:口腔内細菌及び生体血液観察
    AGE測定、口臭測定
   ノニジュースの歯周病菌に対する効果
   ノニジュースを使った体験談
   ノニジュースのビジネスとしての可能性
  (実施する検査や内容はご参加される方や時間の都合により変化いたします。)

血液観察はセミナー終了後ご希望者に行います。

 

料金:無料

参加ご希望の方は、フレンズ歯科クリニックまで、
お電話043-287-4182にてご連絡下さいませ。

一緒に考えよう!フレンズお話会

場所:フレンズ歯科クリニック
日時:1月15日(木曜日)10:00~12:00
内容:フッ素の真実
   キシリトールの真実
   知らずに食べている本当に怖い遺伝子組み換え食品のお話
   なぜ世の中はこんな事になっているのか不思議じゃない?
   家族の健康を守るために必要な事 
料金:無料
セミナ―終了後に懇親会。

参加ご希望の方はお電話にてフレンズ歯科までご連絡下さいませ。
TEL:043-287-4182
(木、日、祝日休診、平日9時~18時、土曜日9時~12時半)

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ