年金問題、考えていますか?

こんばんは♪

今日は年金のお話をしてみようと思います。

まずは以下のニュースをお読みくださいませ。

(アメーバニュースより以下転載)

厚生労働省の「将来の厚生年金・国民年金の財政見通し」ウェブサイトから「財政検証詳細結果等」という圧縮ファイルをダウンロードし、解凍した上でフォルダを何層も開いていくと、「公的年金被保険者数の将来見通し」という資料が見つかる。

 このエクセルファイルの存在は本誌11月21日号が初めて報じた。全部で10パターンのファイルがあり、将来の出生数や死亡数、高齢者・女性の労働参加がどれだけ進むかといった予測によって、どのパターンで年金カットされるのかが決まる。

 10パターンの中でも現実の経済に近い見通しで見ると、2015年には1.079%減らされる。表にはないが、資料では2016年はマイナス1.185%、2017年はマイナス1.212%と1年ごとに細かく減額幅が決められている。

 受給額は前年の水準から毎年少しずつカットされるため、2014年を100%とすると2050年には59.5%に、2110年には21.1%になる。何と79%カットだ。

 さらに出生率が今より下がって高齢者と女性の労働参加が進まないケースだと、2035年ごろからカット率はかなり大きくなり、2110年の受給額は現在の約86%カットの水準まで落ち込む。

 厚労省は「受給額の調整(カット)中に所得代替率が50%を割り込めば調整を終了することを含めて何らかの措置をする」と説明している。つまり年金を現役世代の収入の半分以下にはしないということだが、実際には財政検証の中ですでに「所得代替率50%未満」になるケースも想定されており、その説明と明らかに食い違っている。

※週刊ポスト2014年12月26日号
(転載終了)

これはお上が決めた年金のカット率のお話です。、2050年には59.5%までカットされるとあります。出生率が現在より下がるなどの諸事情があれば、ざっくり言ってしまえば今30歳の人が年金をもらう頃には50%までカットされる可能性が有るという事です。

また年金が減額された時のこんなシュミレーションの情報もあります。

(年金カットシュミレーション)

厚労省の「カット計画」をもとに、20歳で働き始めて60歳で定年を迎えるまで平均的な月給を受け取った夫と専業主婦の妻の将来の合計受給額をシミュレーションしたのが以下の一覧だ(社会保険労務士の北村庄吾氏監修)。

●現在の年齢35歳:65歳時13.7万円/85歳時9.8万円
●現在の年齢45歳:65歳時18.0万円/85歳時12.6万円
●現在の年齢55歳:65歳時20.4万円/85歳時15.0万円
●現在の年齢65歳:65歳時22.6万円/85歳時18.0万円

 いずれの世代でも20~30%、受給額はカットされることになる。

※週刊ポスト2014年11月21日号

うーん、これは結構大きな問題では有りませんか?

こうなると老後の蓄えはどの位用意しておかなくていはいけないのでしょうか?

年金の受け取りが65歳に引き上げられる方の場合のシュミレーションをしてみましょう。(男性は昭和36年4月2日以降、女性は昭和41年4月2日以降に生まれた方)

まず定年を迎えた60歳からの5年間分の蓄えをしておくとします。

1カ月夫婦で必要な生活費は30~40万円有ると余裕が有ると言われていますから、

平均を取って、35万円として、35万円×12か月×5年=2100万円です。

それに、上記の年金減額のシュミレーションでは55歳以降の人では65歳の時に20.4万円、85歳の時には15万円となっているので、感覚的にはほぼ生活費35万円の半額位なので、
その不足分17、5万×12ヶ月×15年(80歳まで生きたとして)=3150万円です。

これを先ほどの2100万円と合わせると、2100万円+3150万円=5250万円

年金以外に必要な、老後の蓄えは少な目に見積もっても
5250万円必要です!


皆様如何でしょうか?

60歳までにはその位の金額は貯蓄予定だから全然OK?
投資をしているから、その時までには資金が増えているから安心?
不動産を持っていて、家賃収入が入るから全く問題ない?
退職金があるから大丈夫、大丈夫?
あるいは子供に頼るから大丈夫?
それとも親の遺産があるから全然余裕、余裕?

60歳までにこの位の貯蓄なんて余裕だという方はどの位いらっしゃるでしょうか?

サラリーマンの平均の年収が410万円ですから、平均的なサラリーマン家庭では月35万円の生活をすると貯蓄はほぼゼロ(それどころかマイナスなので、奥様のパートなどの稼ぎが必要です。)なので、60歳までに5250万円の貯蓄なんて、普通はほぼ無理だと思います。

残念ながらこれが現在の日本の現状です。
思ったよりも厳しく感じられましたか?
或いはもう対策しているから全然心配ないですか?

人によって状況はそれぞれだと思いますが、この話は現実離れした単なる脅しではないと私は感じています。

この現実を受け止めて今から出来る事に取り組んでおきたいは思いませんか?

次回の4月23日(木)のフレンズ歯科の茶話会では、その対策について、
一つのご提案をいたしたいと思います!

「自分の生活は国に頼らず、自分で守りたい!」
「生涯に渡って自立して輝いていたい!」と願う、
エネルギッシュでいつも笑顔のあなたからのご連絡をお待ちしております。

(以下お知らせです。)

血液観察&ノニ茶話会


場所:フレンズ歯科クリニック

日時:4月23日(木曜日)10:00~12:00
 
内容:ノニに関するとっておきのお話をします!
   ノニジュースを使った体験談
   ノニジュースのビジネスとしての可能性

   お話終了後血液観察を行います
   セミナー終了後、懇親会でお話しましょ♪

 

料金:無料

参加ご希望の方は、右側のメールフォームからお問合せ頂くか、
フレンズ歯科クリニックまで、お電話043-287-4182にてご連絡下さい。

 

ダウンロード
4月.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [359.7 KB]
ダウンロード





関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ