揺さぶられっこ症候群とワクチン

こんばんは♪

自閉症とワクチンの関連性というのは、日本でも少しずつ知られる様になってきていると思います。また、厚生労働省がワクチンと乳幼児突然死症候群の関連性について調査を始めています。それから、揺さぶられっこ症候群とワクチンのあいだにも関連性があるという事をご存知でしたか?

米国政府がワクチンの水銀で自閉症になると認めた
http://tomorrowkids-service.com/autism/usa_government.html
予防接種と乳幼児突然死の関連調査へ 厚労省、事例収集
http://www.asahi.com/science/update/1201/TKY201212010367.html

揺さぶられっこ症候群に関する特集番組がNHKで放映されていた。これも本当の原因から目をそらすための作戦か?あ、考えすぎですね~。

NHK揺さぶられっこ症候群の実態
http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/200/118466.html

(翻訳開始)

揺さぶられっこ症候群の原因はワクチンであることも多く、必ずしも両親の虐待が原因ではない

両親が所謂揺さぶられっこ症候群に関連した症状が一つでも、乳幼児に認められると、子供の虐待であると無条件に訴えられるケースが増えています。しかし、こうした虐待の証拠がない場合に重篤な揺さぶられっこ症候群の症状に陥る前に、、ワクチンの履歴が無いかどうか調べましょう。最近の科学的な研究ではワクチンによりこうした症状が起きる可能性がある、という事が明らかにされてきています。

探求的なジャーナリストのクリスチーナ・イングランドは最近の記事でワクチンの真実.comに、過去及び最近の研究で、定期接種のワクチン接種後に脳内で炎症性もしくは腫脹性の脳性浮腫が見られる事があると言う問題について寄稿しています。イングランドは、2010年にルシジャ・トムルジェノビック博士が1980年代の初期に、ワクチンの接種後に脳炎もしくは髄膜炎にかかった何百というケースがあった事を報告しているのを確認しました。

我々は1月に、政府が揺さぶられっ子症候群の典型的な症状とワクチンとの相関関係を示すデータを意図的に隠してきたことを暴露し、トムルジェノビック博士のワクチンにより引き起こされた脳障害についての壮大な謀議研究をご紹介しました。これらの関連性は、2012年にDTP(ジフテリア、百日咳、破傷風)ワクチンが脳症の原因になるという研究結果を発表したインドのひと握りの医師や研究者たちも含み、他の多くの研究者からも指摘されています。

しかしうさぎの巣穴は深く、1990年代に発表された研究やそれ以前の研究でもワクチンが揺さぶりっ子症候群の原因であると言う事がわかっていました。例えば1998年の「揺さぶられっ子症候群:ワクチンとの関連性」という論文があり、ビエラ・シェイブナーは、当時は、本当はワクチンが揺さぶられっ子症候群の原因なのに、子供を虐待したという不実の罪に問われる両親が後を絶たないという今日の潮流を引き起こす前のほんの序章に過ぎなかったと言っています。

「少し前から、告発された両親や弁護人から専門家の報告を求める要求がではじめました。」と、シェイブナー博士は記述していて、揺さぶられっ子症候群の本当の原因についての専門的な分析を不実の罪により告訴された両親が求めていると言います。「打ち切りされたこれらの症例研究の全てのケースで、揺さぶられっ子症候群の症状が乳児のワクチン接種の直後に出ているそうです。」

どの位の両親が子供を虐待したと不実の罪に問われているか?

その時から、その分野を研究した他の多くの研究者がシェイブナー博士と同じ結論に達しました。現在揺さぶられっ子症候群の多くの症例は身体的な外傷により引き起こされたわけでなく、真の原因は他にある事が明らかです。臨床医学研究ジャーナルに発表された最近の研究によれば、例えば多くの揺さぶられっ子症候群の症状は、ある特定の遺伝子の感受性が高い子供において、ワクチン接種による自己免疫反応に続いて、引き起こされていると言う事です。

「彼の論文の中で、イニス博士は、トライアドと関連した骨折や出血を引き起こすビタミンK依存蛋白のカルボキシル化の合成障害、肝臓機能障害、ビタミンCの細胞摂取の抑制を引き起こす低インシュリン貧血(通常血中のインシュリンのレベルが低い)が原因の、すい臓中のベータ細胞抗原性刺激損傷応答であるとの概要を説明している」と、イングランドは研究について書いています。

こちらから研究の結果について読むことが出来ます。
http://article.sciencepublishinggroup.com

こうして、従来の医学的な専門家が全ての揺さぶられっこ症候群が、子供への虐待だとするのは全く無責任なことで、分析と観察をすればその原因は明らかに他の因子によるものであることが分かります。

こちらからイングランドの揺さぶられっこ症候群とワクチンについての分析の全文を読むことが出来ます。
http://vactruth.com

Sources for this article include:

http://vactruth.com

http://www.naturalnews.com

http://article.sciencepublishinggroup.com

http://science.naturalnews.com

(翻訳終了)

それでは良い週末をお過ごしくださいませ♪

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ