日本弁護士連合会の作った集団フッ素洗口・塗布の中止を求める意見書

こんばんは

先日管理人の同志の歯科医のえんちろさんから、
日本全国弁護士連合会が、フッ素の洗口の集団応用にについて疑問を投げかける意見書を作っている事を教えて頂きました。

ー以下コメント欄よりー

日弁連から集団フッ素洗口・塗布の中止を求める意見書が出されており
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/110121.pdf
フッ素塗布の神話に問題定義を投げかけられている中、未だそんな事いっているのは行政と一部の歯科医師だけで…というか悪いのは歯科医師か。
ウチの市の保健センターはフッ素を塗れば虫歯にならないと指導しているんですよね、ウチの市の保健センター衛生士がいるんですよ!地区の歯科医師会はそれを誇りにしているみたいなんですけど、かえって恥ずかしいですよね。

早く歯科医師なんて辞めたいですね、本当にそう思います。(´д`lll)

ー転載終了ー

えんちろさんも現在の歯科医療の在り方についてとても疑問を抱いていらっしゃいます。
そして日弁連が作ってくださった意見書ははっきり言ってすごいです。
フッ素についての日本の現状国際社会の現状やフッ素の危険性、集団応用した場合の問題点や、現場での声などを豊富な文献を元に丁寧にまとめて下さっている89ページも及ぶ資料です。
おそらくエビデンス好きの先生や行政の方が目を通すにはピッタリな資料です。
是非一度見てみてくださいね♪

日弁連から集団フッ素洗口・塗布の中止を求める意見書

フッ素は多くの方がこうして疑問を感じていらっしゃるものなのですね!
管理人の医院でも患者さんのフッ素の危険性に対する意識が上がってきているのを感じます。
取り残されていくのは、当の歯科医師たちばかりだったりして。。。

それから先日が紹介した動画フッ素についての真実のドキュメンタリー(水道プラントに隠しカメラが潜入)の後半部分も字幕を付けましたので、宜しくお願いします。


関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ