最後の抗生物質(耐性菌の開発に携わった会社が使う生物兵器)

こんばんは
今日は抗生物質はここ何十年も多剤耐性菌を作り出しているという記事を目にしたのでご紹介します。しかも、抗生剤の開発ではもはや特許が取れなくなり儲からなくなったので、ファイザー製薬では、1200人の従業員を解雇してコネティカットの抗生物質研究センターを閉鎖したそうです。ざんねんながら、製薬会社はやはり利益第一主義で会社を運営しているようです。
私達庶民もそろそろ、白衣信仰、拝薬主義から目覚めて行きませんか?

最後の抗生物質(耐性菌の開発に携わった会社が使う生物兵器)

抗生物質の時代は終わりました。それは過去の歴史になりました。そのパイプラインの中にはもはや特許を得た化学物質の抗生物質はこれ以上ありません。製薬会社はこれらをもう全て持っていて、もう抗生物質の研究をするをやめました。人類を薬剤耐性をもつ細菌の致死的な苦悩下にさせたままー多剤耐性菌ーそれは実際は製薬会社が開発に携わっていたのです。

業界は死力を尽くして開発してきた化学物質はコリスチィンです。これは1949年に発見された、細菌を殺す毒性のある化学物質です。でもそれは腎障害の原因にもなります。それでもしあなたが病院で多剤耐性菌に感染したとすると、あなたは感染で死ぬか、治療で死ぬかの2者択一を迫られることになるのです。

これと同じような事が薬に関しては沢山起こっているように思います。

現在は殆どすべての抗生物質が時代遅れになっています

過去34年で、大手の製薬メーカーはほんの2種類の新しい抗生物質を提案しています。両方とも現在は時代遅れになっています。そして製薬会社はテレビコマーシャルでは患者第一と謳っていたとしても、新しく製造される必要のある抗生物質の研究から撤退し始めています。

去年世界で最も大きい製薬会社のファイザーは、1200人の従業員を解雇してコネティカットの抗生物質研究センターを閉鎖しました。とワシントンポストは伝えいています。
(http://www.washingtonpost.com/national/health-science/nih-superbug-ou…)
会社はそれを上海に移したのだと言います。ファイザーは中国に施設を開くことに懸命になり、そして大きな抗生物質部門を捨てました。

それは勃起不全、脱毛症、コレステロールのくすりが抗生物質よりも10倍は利益になると分かったからです。その一方で薬剤耐性菌は我々の病院で猛威を振るっていて、何万もの人々を殺しています。大手製薬会社は中年の男性がスタチンの薬を得るよりも勃起不全を治療する事に興味があると確信しているのです。そこから去らなく利益が得られました。結局の所人々にビッグファーマは治療を与えるよりも勃起治療をする事を与えてきたのです。

アメリカ疾病予防管理センターによれば1年間に99000人のアメリカ人が多剤耐性菌により亡くなっているそうです。

一方多剤耐性菌は戦時中に敵対するものが殺傷してきたのと同じペースで犠牲者を出してきています。10年前、アメリカ疾病予防管理センターによれば、毎年多剤耐性菌に170万人が感染し、99000人が無くなっていると推定しました。

それはとにかくベトナム戦争の全ての期間を通じて殺されたアメリカ人の2倍の数にのぼります。そしてそれらの数字は10年前のものです。数多くの統計によれば、耐性菌の問題は10年前よりも現在はもっと状況が悪くなっています。例えば、耐性菌に感染する新生児の数は同じ期間の間に300%上昇しています。

なぜ感染が多くなっているのでしょうか?なぜなら過去10年で、多剤耐性菌は進化してきました。自然は市場で知られているほぼすべての種類の抗生物質の抵抗性を発見してきました。テトラサイクリン、ニューキノロン系、シクロスポリン、スルフォンアミドなどの多くをです。

どうして状況が悪くなっているのでしょうか?WHOの局長のマーガレット・チャンさえも連鎖球菌の咽頭への感染や膝への感染が一度子供たちに起こるとそれが再び彼らを死亡させているという、この状況は否定できないと最近の基調講演て言っています。
(http://www.who.int/dg/speeches/2012/amr_20120314/en/index.html)
抗生剤に対する体制はヨーロッパや世界の至る所で上昇しています。私達は第一世代の抗生物質を失ってきています。患者さんにとっては多剤耐性菌に感染するという事は致死的でその致死率は50%に上っていると彼女は言いました。

チャンはこの重大な問題について警告もしました。

多くの他の病原菌は多剤に耐性を示すように発達して来ていますし、そのうちの幾つかは全ての薬に対して耐性をしめします。病院は多剤耐性菌の温床となっていて、入院する事治癒するかわりにMARS,CPE,ESBLの感染で死亡するリスクが高くなってきています。これらが最後の世代の抗生物質に耐性を示している病原菌の最終的な姿です。

この最近の衰えることのないトレンドをみれば未来を予想する事は容易です。何人かの専門家は我々は抗生剤が無かった時代に逆戻りするであろうと言っています。いいえ、それは抗生剤後の時代です。抗生物質に新しく置換するという点から、パイプラインは実際乾燥していて、特にグラム陰性菌に対してはそうです。食器棚はほとんどむき出しになっています。

この薄暗い展望に関する状況に変化を予想する時、抗生物質後の時代の意味は実際我々の知っている西洋医学が終わるという事なんです。

現代医学の終焉は現代医学の失敗も意味します

人類にとって現代医学は失敗だっと言う事実に直面しよう。治療を約束する一方で、製薬産業は跳ね上がり続ける感染症、化学物質中毒、自閉症のの患者さんをもたらしてきただけです。科学療法は永久的な脳のダメージをもたらします。ワクチンは永久的な腎臓のダメージや自然流産の原因となります。鎮静剤は新しい世代に処方薬の中毒者を作り出し、一方で抗生物質は私達全てにとって脅威となる致死力のある細菌を生み出してきました。

いつでも製薬業界は一つの問題を解決するたびに、2つ以上の問題を作り出してきました。

製薬業界は患者さんの治療効果を上げる為に業界が動いてきたというよりも、むしろその終わりのない会社の利益の追求の為に動いてきました。これは本当の医療、科学を捨て去ってきているという事です。今日大手製薬会社とワクチン産業にはインチキ科学と暴利をむさぼる犯罪が深く根づいています。

WHOの局長でさえもそれがウォールに書いてある事を見抜いています。製薬会社が世界に本当の治療をもたらしていると考える者は誰でも幻想的なファンタジーの世界に住んでいると言えます。

大手製薬会社は本質的に、我々の時代において大きな失敗をしました。それは著しく大きいスケールで我々の地球の多くの命を破壊してきたのです。

本当の耐性菌の解決方法

大手製薬会社が新しい抗生物質を開発するときには何十億ドルも必要ですが、それは医学的な科学についての馬鹿げた残忍なジョークです。「何故?」なぜなら母なる自然は耐性菌を打ち負かす豊富な化学物質を作り出してくれています。でも製薬産業はそれを認めようとしません。なぜならそれらの化学物質では特許を取得できないからです。(そして市場の独占も出来ません)

例えば、ニンニクは耐性菌を殺菌する事で知られています。コロイダルシルバーもそうです。その様なバーブ、植物、菌糸、麹等のリストを上げたらきりが有りません。ところで、マヌカハニーも感染性のバクテリアを殺菌しますよ。

いったい全体病院に銅表面をただ使うだけで科学的に耐性菌を97%休止させると言うのはどうだろうか?(http://www.naturalnews.com/033398_superbugs_copper.html).

我々の周りの自然界では耐性菌に対する治療はあるのですが、でも彼等はそれを病院に使う事は許しません。なぜなら病因は西洋医学の宗教儀式をする為の本拠地だからです。そこには医薬品を神として崇める聖職者の医者達がいます。-ファイザー、メルク、アストラゼネカー
一方で彼等はプロバイオティックス、太陽光、ビタミンDもしくは植物ベースの栄養学療法についてなんの情報も持っていません。

患者さんたちはこの様な知識の不足から非業の死を遂げるのです。もちろん、耐性菌を打ち負かすのは笑っちゃうくらい簡単です。あなたは単純にビタミンB3を試す事が出来るでしょう。それは耐性菌の感染を治療できると突然ニュースになったものです。http://www.bbc.co.uk/news/health-19367277

そういう意味では同じようなものにオレガノの抽出物が有ります。私はその中で、生き延びる事が出来た耐性菌を見た事が有りません。

医者たちの無知と死の罠の病院

主流の医学の医者たちは勿論極端に本当の医学について無知です。彼等は製薬会社とジャンクサイエンスに洗脳されています。医者たちは自然界から本当の感染に対する治療方法が得られる事に対して何の手掛かりもないのです。それで彼等は彼らの患者さんを殺しています。アメリカでは毎年医者によって約783000人の患者さんが殺されているのです。
http://naturalnews.tv/v.asp?v=0EDADA92DA486FA54A8367504DEE7244

実際医者はただ無知なだけでは有りません。彼等はもっと危険なテロリストなのです。
真実は統計に表れていて、テロリストに殺されるよりもあなたの医者によって耐性菌に感染させられ殺される方がよっぽど確率的に高いのです。

医者は彼らの手を日常的に洗うのを拒否します。そしてそれ故に致死的な耐性菌を患者から患者へ運ぶのです。それが単に病院にあなたが入る事がもっとも致死的な耐性菌に感染する機会が高い事の理由です。

それで健康的な人々は疫病の様な病因を避けるのです!なぜなら病因は疫病を広げてしまうからです。

ここでクイズタイム:エボラ出血熱が流行している間、あなたが居たい最後の場所はどこでしょうか?それは各地の病院ですよね。勿論!その場所こそエボラ出血熱が野火の様に広がった理由です、そこに居た殆どの人は感染しています。

どうやって耐性菌からあなたを守りましょうか?

それは以下の事からとても明確になります。

医者はあなたを耐性菌から守ってくれません
病院はあなたを耐性菌から守ってくれません
政府はあなたを耐性菌から守ってくれません
大手製薬会社はあなたを耐性菌から守ってくれません

もしあなたが耐性菌から身を守りたいと思ったら、あなた自身で身を守る必要が有ります。どうやって身をまもりますか?ここに、幾つかの例があります。かんせんを避ける常識的な戦略です。

まず最初に免疫すステムを強くしておきましょう。沢山のビタミンCとDwoいつも摂るようにしましょう。(殆どの西洋人は救いようが無い位ビタミンDが不足しています)

もしあなたが感染していまったら、自然療法の内科医をすぐ探しましょう。あなたが既に健康増進の為に実践している事を説明して、質の高い統合医療の内科医から更なる助けを求めましょう。

もしあなたが病院に居るのなら、医療スタッフにあなたに触れる前に手を洗ってくれるように頼みましょう。水と漂白剤を含むスプレーを持ってくるようにたのみ、あなたの部屋の全てにそのスプレーをかけましょう。そして常にあなたの手を清潔にしておきましょう。

糖尿病の基礎疾患がある場合にはもっと感染が早く広がってしまいます。もっと感染に抵抗力をつけましょう。糖尿病を食事療法を使ってコントロールしましょう。運動やビタミンDも大切です。
(http://www.naturalnews.com/033446_vitamin_D_diabetes.html)

自分専用の感染症の殺菌をする要素を兼ね備えたハーブの薬箱を揃えましょう。はちみつ、コロイド・シルバー、オレガノ抽出物、ショウガ、タイムの抽出物、ビタミンB3等です

ワクチンを打つのを止めましょう!それらはあなたの免疫システムに悪い影響があります。そしてそれは将来あなたがもっと感染症に罹りやすくさせます。http://www.naturalnews.com/033998_influenza_vaccines_effectiveness.ht…
http://www.naturalnews.com/029641_vaccines_junk_science.html

もっと感染症に対して強くなるように植物ベースの食事を増やしましょう。沢山のベリー類、葉もの野菜、有機栽培のくだもの、新鮮なハーブ料理、オメガ3オイル、生きた食べものを沢山食べましょう。

スーパーフードであなたの食事をサポートしましょう。私のお気に入りのスーパーフードの幾つかは、免疫システムをサポートして、ゴジベリー、カカオ、マンゴスチィン、アサイ、麻の種、ココナッツ油などです。

最後によく食べて、日光を浴びて、病院からは遠ざかる。そして、運動して手洗いなどをして基本的に衛生状態をよくしましょう。

殆ど全てのMRSAや他の耐性菌に感染する患者さんは免疫システムが弱っていて慢性的な栄養不足が有ります。耐性菌は健康状態の良いホストの身体では生きられません。それらは、防御力が弱った体の中でのみ繁殖できるのです。

(本文訳終了)

読みにくい所も有ったと思いますが、お読みいただきありがとうございました。
それに最後の方は今まで西洋医学に関わってきた身としては、耳が痛かったです。
では良い週末をお過ごしくださいませ♪

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ