歯周病にも放射能にも効くもの何だ?

この記事何度編集しなおしても、文章が一部削除されたり動画が削除され、記事が崩れてしまいます!どうしてなのかしら?
でも、もう一回トライだ!エィ!


こんにちは♪

今朝、ハタピー社長さんのブログhttp://ameblo.jp/hatapii/entry-11734461743.htmlで紹介して下さっていた、この動画を見ました。
原発事故避難者の方の生の声。これがきっと真実なんだと思います。やはり放射能の影響は甚大だし、これからは日本の何処にいても程度の差こそあれ、放射の影響は避けられないのではないかと思います。だからなんらかの放射線対策はやっぱり必要ですね。

でもどうやって?

まずは日光浴をして、ビタミンDのレベルを上げましょう!

日光浴が癌に効く具体的な作用機序

ビタミンDは虫歯を半分にします

歯周病予防は日光浴で

ボディガード(キラー細胞)の相棒はビタミンD

日焼け止めとガン~栄養素の欠乏と疾患

ビタミンDは癌細胞等を撃退してくれるキラーT細胞の相棒で、キラーT細胞のレセプターにビタミンDがくっついて初めてキラーT細胞は自分の仕事をすることが出来ます。癌などの疾患に罹ると、ビタミンDのレベルは低下している事が殆どです。ですから、1日15分程度は日光に当たると良いと思います。また、ビタミンDは紫外線のUVB波に当たる事で、皮膚で合成されます。日焼け止めなどはこのUVB波をカットしてしまうので、なるべく塗らないようにして下さい。それに日焼け止めには、二酸化チタン等の発がん性物質が含まれていますので、逆に使うと皮膚がんになってしまう確率が上がってしまうとも言われています。

そして次は虫歯や歯周病予防を予防する食事をしましょう!

虫歯や歯周病になるという事は、体の免疫力が低下しているという事です。では何故虫歯や歯周病になってしまうのでしょうか?

歯ブラシが足りないからでしょうか?

いえいえ、私はそうではないと思います。その証拠に野生動物には虫歯は無いと言いますが、彼らは歯ブラシを一生懸命にやっていますか?そうですよね、野生のシマウマは歯ブラシをしませんよね。歯ブラシなんて見たことも無いはずです。(でも、歯ブラシしているシマウマやライオンがいたら面白そう・・笑)

では、彼らは何故虫歯にならないのでしょうか?

そうなんです。彼らは自分の本来の食べ物を知っていて、食べてはいけないものを食べないからなのです。

でも、私たち人間はどうでしょうか?例えばクリスマスの時にはどんなごちそうを食べますか?

 

まずはクリスマスには絶対欠かせない、ローストチキンでしょ、ローストビーフでしょ、生クリームたっぷりのケーキでしょ、あるいはチョコ素材のブッシュドノエルかな?それからピザにお寿司にしゃぶしゃぶや焼き肉なんかも良いかもね!

さて問題です。これらのごちそうに共通するある特徴が有るんですがそれは何でしょうか?

Thinking time




はい、答えはこれらのごちそうは全て身体を酸性にする食べ物なのです。

私たちの血液のPHは7.35~7.45の極めて狭いレンジに収まるように体が常に調整を図ってくれています。しかしながら、カルシウムやカリウムなどのミネラルが少ない酸性の食品ばかり摂取していると、体はこの血液の中性に近い弱アルカリ性を保つのに大忙し。骨や歯のミネラルを借りてでも、血液をこのレンジに収めておかないと、私たちは死んでしまうので、ミネラルを奪われた骨や歯はも脆くなります。当然末路は、虫歯や歯周病になるし、身体が酸性になると虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすい体内環境になっていきます。

でもそれって本当?

はい、では症例を一つお見せしましょう。

次の画像は40代の女性の方の口腔内の位相差顕微鏡で観察した細菌叢の動画です。治療前の上の動画には少し薄くて見えにくいのですが、細くらせん状のスピロヘータという歯周病の悪玉菌がうじゃうじゃいました。勿論これだけ歯周病菌がいれば、歯肉が腫れ歯周病が進行しています。そして下は治療後の口腔内の歯周病菌のでの観察像。術後にはどの視野を見ても、少し太めの運動性桿菌は残っていたものの、スピロヘータは殆ど観察されなくなりました。
勿論歯肉の腫れも引いて、以前起こっていた急発症状は出なくなり歯周病の症状も落ち着いています。


でも実行したのは次2点だけ。

・果物や野菜のローフードの比率を上げる
・現代の野菜や果物の栄養素の不足を補うためにノニジュースを一日50ml摂取

とてもシンプルでしょ!

そうなんです。本当にシンプルなんです。歯周病の予防にはアルカリ性の食品を沢山摂取するだけで、良いです。そうすると、酸性だった体が中性に近い弱アルカリ性になりますので、歯周病菌の繁殖も抑えられてくるのです。でも、ここで注意点が一つ有るんですが、現代の野菜や果物にはその肝心な身体をアルカリにしてくれるミネラルが不足しています。それを証拠にこの症例でも、ノニジュースを4か月間飲んで頂きましたが、その間の1か月は飲むのを中止していた時期が有ります。
その間も尿のPHをモニターしていましたが、ノニジュースを飲んでいた時には尿のPHは7でしたが、中止していた間はPHが5~6の酸性になっていました。だから、残念ながら、この結果はノニジュースが無かったらなし得なかったと思います。

でもノニジュースもあくまでも身体をアルカリ性にしてくれる食品の一つですので、食事がおろそかになってもこの結果は出なかったでしょう。
(それにしてもノニって実にミラクルなフルーツなんですね!)

そしてここでの大切な教訓は、生の野菜と果物をたくさん摂取して体をアルカリ性にするという事です。つまり、

「人間本来の食性と主食を一致させよ!!」
という事ですね。

病気になる1番の理由は食性と主食の不一致?

さてなんだか、ごちゃごちゃ書いていますが、言いたいことは本当にシンプルで、

「自然から離れない生活をする!」

心と体と魂が健康で居るためにはもうこれに尽きるでしょ!

野生動物に学びましょ!

そうすれば、免疫力が上がり虫歯や歯周病も怖くないし、放射能対策にだって自然になってしまうと思います。詳しくは虫歯は食事で治そうの資料に書いて有りますので、参考にして下さいね。

Download
虫歯は食事で治そう
虫歯は削るよりも食事で治すのが、根本治療です。是非プリントアウトして皆さんとシェアして下さい。
虫歯は食事で治そう.docx
Microsoftワード文書 [99.3 KB]
ダウンロード
                           
だけど、どうしてもクリスマスディナーは食べたいし、美味しい酸性の体を蝕む食品を「止められない!」という方には、私は文明の力が開発した抗酸化物質も使うと良いと思います。12月26日に水素療法と血液観察会では、その当たりの話を詳しくさせて頂く予定です。今後も血液観察会は企画したいと考えておりますので、またの機会にグルメなあなたの参加をお待ちしております。

水素療法と血液観察会(無料だよん♪)

水素療法と歯周病治療

では、良いクリスマスを♪
でも、クリスマスって本当は私たちが信じているものとは違うんですよね(汗)

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-291.html

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ