水に関して思う事♪

こんにちは♪

今年のゴールデンウィークは飛び石連休ですから、我が家は寝GWで、家でのんびりしようと思っています。最近大好きな友人からアム●●イ社の浄水器を勧められました。彼女は人間の身体は、70%の水分でできているので、良質の水を飲むことこそ健康になる為の近道だと信じています。勿論水道水は塩素を始めとした有害物質が入っているかもしれないし、放射性物質も含むかもしれないので、安全とは言えないかもしれません。だから、お勧めしてくれた優秀なフィルター付きの浄水器は、1台目の浄水器として購入するには優れものなのかもしれません。

しかしながら、「自宅にはもう既に浄水器が有るので2台は必要ないな。」というのが、本音です。それに私自身は水を摂取する事にそんなにこだわってい無く、水分摂取に関しては水そのものを浄化する以上に「大切な原則が有るのでは無いかと?」考えていると言うのも有ります。その原則を守ってさえいれば、現在自宅にある浄水器を使い続けても、きっと大した違いは出ないと考えています。

それでは問題です。

水分摂取に関する大切な原則とはなんでしょうか?





答えは、

もし体の70%が水で構成されているとしたら、体を常にベストコンディションにしておくには、水分が少なくとも70%を占める食事をしなければならない!

という事です。

この原則は、健康を維持したければ、水を務めて多飲するよりはその条件を満たす食べ物を主食にする方がずっと理にかなっているいる事を示唆してくれています。それではその条件を満たす食べ物とは何でしょうか?それは生の「野菜と果物」です。野菜と果物には、人間が必要とする全ての栄養(、ビタミン、ミネラル、タンパク質、アミノ酸、酵素、炭水化物、脂肪酸)と生命の活力源である酵素が含まれています。

また酵素については、ノーマン・ウォーカー博士の言葉が参考になるでしょう。

今から半世紀以上も前に米国のアリゾナに住み、自分の食べる野菜は自分で育て、執筆活動をしながら109歳まで現役で自立して暮らしていたノーマン・ウォーカー博士が書いた「自然の恵みと健康法ー野菜とフルーツの自然食」という著書の中には健康と長寿の秘訣についてこう書かれています。

・新鮮で天然のままの状態にあるすべての植物、野菜、果物、木の実、種などには酵素として知られる活力に満ちたパワーが内在している。これは生命の源だ。
・酵素は47.7度で活性を失う。それ以上の温度で調理された食べ物は死んだ食べ物以外の何物でもない。
・スリムで生気あふれる体を持ちたいと思っているのだったら、水分を多く含むものを食べる事が重要である。

そして、ハーヴィー・ダイヤモンドの著書「フィット・フォー・ライフ」には、人間は果食動物だった!と言う記述が有ります。

「果物こそ人体の構造や機能からして、人類がすんなりと受け入れる事が出来る唯一の食べ物である。私たちが本能的に果物を求めるのは、疑うまでもなく果物が私たちの体内に摂取できる最も重要な食べ物だ。」

詳しくは、著書に譲りますが、人の考え方の違いって本当に面白いですね。

水分摂取一つとっても、私と友人では考え方が微妙に違っていて、その違いがその後の行動を全く違ったものにしてきます。

友人は人間は70%の水分で出来ている。だからきれいな水を飲む必要があるので、浄水器を購入した方が良いと考える。

私は、人間は70%の水分で出来ている。だから70%の水分を含む新鮮な食べ物を主食にする必要があると考える。

どちらも「人間は70%の水分で出来ているから、水分摂取は大切」という最初のスタートになる原則は同じなのに・・。

という事で、またの機会に友人には私の考え方(人間の本来の食性は果物葉食性)も話してみたいと思います。もしかしたら私の方が間違って居るかもしれないので、彼女の話に注意深く耳を傾けながらね。

それからおまけです。

凝固血液観察では、白く抜けた部分が健康な人でも出てきます。この白く抜けた部分は、重合タンパク液溜(PPP’S)と言って私たちが生きている中で処理しなければいけない毒物を白血球が処理した後だと言われています。つまり酸化ストレスを受けると後に増加しますので、体のサビ(老化)みたいなものです。

クラス分けの目安は以下の通り

ステージⅠ点状

ステージⅡ
ステージⅢ

ステージⅣ

ステージⅣでは白と赤が逆転するくらいになってしまいます。こうなると、体中に毒物があふれ処理が追いつかず相当具合が悪くなっている事が予想されます。

以下は先日いらした患者さんの凝固血液像ですが、今まで私が見た血液像の中では最もこのPPP’Sが少なかったです。素晴らしいです!この患者さんは生の果物と野菜中心の食事をしていて、タンパク質は一切摂取せず穀物を少しだけ食べていらっしゃるそうです。

彼女の血液をみて、やはり果物や野菜中心の食事は血液をきれいにするという事を確信しました。ただし、この方の血液像に黒色の点状の異物が交じっていました。この凝固血液観察は20秒間時間を置き自然に重力がかかり上層部分と下層部分の成分が変化してきたところを、8層に分けて観察しますので、肝臓や白血球が処理しきれない異物は黒色(あるいは中央が白く抜けた点状)に見えると言います。患者さんに問診した所、以前喫煙歴があったとの事でしたので、その蓄積物がが体内に残っていて、それが食事を変えたことにより血中に出ているのかもしれませんし、あるいは食べ物の影響(農薬など)かもしれません。でもこれは経過を追ってみないと分からないですが・・。

(参照)

中央が白く抜けた黒点

以下がこの患者さんの観察像。
私が今まで見た中でもっともPPP’S(白く抜けた部分)が少なかったです!

(観察像)
1層から8層を通して白く抜けていたのは、中央よりやや左側よりの白色点1つだけでした。


それでも下層の部分には黒色点があり、黒色になっていました。最近の野菜や果物の栄養価は下がっているって言うし、汚染されてもいるので、限界があるのかもしれないです。それで更なる解毒を促す為にはノニ・ジュースみたいなものを上手く使うと良いのかもしれないと考えています♪

それでは良い夕べをお過ごしくださいませ!

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ