玄米は健康食品か?

こんにちは

皆様お待たせしました。(誰も待ってないって・・笑)今日は人は動物性食品なしで生きられるか?をテーマに自分の血液データなどもご紹介しながらお伝えしたいと思います。

さて私が動物性食品をほぼ食べなくなって1年半が過ぎました。ビーガンになってからの最初の半年はなんちゃってマクロビで玄米や温野菜を中心に食事をしていました。その後ナチュラルハイジーンや80/10/10ダイエット等の本を読み、人間の本来の食性は果実食だったと知り、ここ1年は果実を中心とし、葉物野菜を生で食べる「果実・葉食」生活をしてきました。しかし、先日もお伝えしましたが、お米が好きなので、玄米は中々止められず、一日一回は食べてました。

でも玄米って日本では一般的に健康に良いと言われていますよね。しかし一方では玄米にはフィチン酸が含まれていてミネラルを排出するという説や、いや玄米にはフィチン酸じゃなくって元々ミネラルとくっついているフィチンが入っているだけなので、ミネラルは奪われないという説もあったりもします。でも私としては一体どっちなんだ~?と、分かりませんでした。それで、玄米って本当に健康に良いのか悪いのか??ここ1ヶ月は集中して一日2食は玄米をたらふく食べてみて、その前後の血液観察の像を比較し検証してみました。

その結果は以下の通りです。

 術前 玄米は2日に1回 野菜果物中心の食事

 術後 玄米1日2回 1回に2膳

術前と術後の血液像で目立った変化としては術後に白く抜けている部分がある事。また中央から周辺部に向かって放射状に亀裂が入っていることがお分かりいただけますでしょうか?実はこの白い放射状の亀裂はミネラル不足のときに見られる像なんです。典型的な像としては、細長い白色の部分が骨のエリアから周辺部に向かって車輪状に放射状を呈して下図の様に観察されます。この臨床的な意義としては、

・ミネラル分(カルシウム、マグネシウム、リン、カリウム)等の欠乏
・酸化した体内環境を是正するために骨からカルシウムが奪われている可能性
・無機のミネラルのサプリメントを摂取している患者によく見られる
・骨粗鬆症の可能性

等が考えられます。また白い部分はPPP(重合蛋白液溜)と呼ばれる部分で、生活の中で受けた酸化ストレス全般に白血球が対処した跡だと言われていています。この白い部分が多いということは身体に酸化ストレスがかかっている。つまりサビちゃっているっていうことなんです。老化とも言いますかね。ただ、この酸化ストレスは食べ物だけじゃなく勿論いろんな原因が有ると思います。例えば、薬、タバコ、アルコール、大気汚染、水質汚染等などです。

どちらにしろこの白い部分は無いに越したことは無い部分ですが、私の場合は食事以外の条件は殆ど変わらなかったと思うので、恐らく玄米食を増やした事と関連していると思われます。

 ミネラル不足の血液凝固像

という事で結論です。

玄米は体内のミネラルを奪う

ただし今回は何故玄米を沢山食べたかと言うと、先日お伝えしたように私の血液像には有害金属が沢山溜まっている像が見られました。(術前の最外部の半透明部と赤色部の境界の少し色の濃い部分。)ですから、有害金属を排出したかったので玄米を多く食べてみました。これについては、今回の血液像を見る限りは結果は良好で、色の濃い帯状の部分の色が減っております。つまり重金属の排泄が進んだような像が見られます。

ではなぜ玄米が体内のミネラルを奪ったか?

食品には食品に含まれるミネラルの違いによって、酸性食品とアルカリ性食品が有ります。酸性を示すミネラルは塩素、リン、硫黄で、アルカリ性を示すミネラルはナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムです。これは、体内でのエネルギー生産が主として炭化水素の酸化反応であることから、酸化反応の一種である燃焼によって食品を酸化させれば、体内に蓄積される「燃え残り」を推定するというのが、基本的な考え方です。

この考えに基づいて1995年に食品の腎臓への酸性の負荷を測ったPRAL値というものがあります。そのPRAL値によれば、玄米は12.5(この数値は資料により若干異なります)で、非常に高い酸性の食品です。ですから玄米を食べ過ぎると体内が酸性に傾きそれを中和するために骨や歯のカルシウムを奪ったということが考えられます。


今後の玄米に対する付き合い方

玄米は食物繊維が豊富なので、デトックス効果が高い。しかしながら、長期間に渡って大量に食べ続けることで、体内のミネラルを奪ってしまう酸性度の強い食品であるの。デトックスの期間が終わったら、大量に食べることはかえって健康を損なう可能性が有るので、少量食べるようにした方が良い食品と思われます。

因みに酸性食品を中心の食事にしていると血圧、総コレステロール、LDLコレステロールが高くなってしまうと言う研究も有ります。

食事性酸塩基負荷と代謝危険因子の関連:18~22歳の女子学生1136人の横断研究
http://www.nutrepi.m.u-tokyo.ac.jp/publication/japanese/11174.pdf

という事でなんだか話題が玄米の方にそれましたが、今日の所はここまでにしておきます。次回は血液検査の数字もご紹介したいと思います。

酸アルカリバランス参考資料 
http://thepaleodiet.com/acidbase-balance/

Beverages
Beer, draft -0.2
Beer, pale 0.9
Beer, stout bottled -0.1
Coca-cola 0.4
Cocoa, made with semi-skimmed milk -0.4
Coffee, infusion 5 minutes -1.4
Mineral water (Apollinaris) -1.8
Mineral water (Volvic) -0.1
Red wine -2.4
Tea, Indian infusion -0.3
White wine, dry -1.2
Fats and Oils
Butter 0.6
Margarine -0.5
Olive oil 0.0
Sunflower seed oil 0.0
Fish
Cod fillets 7.1
Haddock 6.8
Herring 7.0
Trout, brown steamed 10.8
Fruits and Fruit Juices
Apple Juice, unfiltered -2.2
Apples, 15 varieties flesh & skin, average -2.2
Apricots -4.8
Bananas -5.5
Black currants -6.5
Cherries -3.6
Grape juice, unsweetened -1.0
Kiwi fruit -4.1
Lemon juice -2.5
Orange juice, unsweetened -2.9
Oranges -2.7
Peaches -2.4
Pears, 3 varieties flesh and skin, average -2.9
Pineapple -2.7
Raisins -21.0
Strawberries -2.2
Watermelon -1.9
Nuts
Hazelnuts -2.8
Walnuts 6.8
Grain Products
Bread, rye flour mixed 4.0
Bread, rye flour 4.1
Bread, wheat flour mixed 3.8
Bread, wheat flour whole meal 1.8
Bread, white bread 3.7
Cornflakes 6.0
Crispbread, rye 3.3
Noodles, egg 6.4
Oat flakes, rolled oats 10.7
Rice, brown 12.5
Rice, white, easy cook 4.6
Rice, white, easy cook, boiled 1.7
Rye flour, whole 5.9
Spaghetti, white 6.5
Spaghetti, whole meal 7.3
Wheat flour, white plain 6.9
Wheat flour, whole meal 8.2
Legumes
Beans, green/French beans -3.1
Lentils, green and brown, whole, dried 3.5
Peas 1.2
Peanuts, plain 8.3
Meat and Meat Products
Beef, lean only 7.8
Chicken, meat only 8.7
Corned beef, canned 13.2
Frankfurters 6.7
Liver sausage 10.6
Luncheon meat, canned 10.2
Pork, lean only 7.9
Rump steak, lean and fat 8.8
Salami 11.8
Turkey, meat only 9.9
Veal, fillet 9.0
Milk, Dairy Products
Buttermilk 0.5
Camembert cheese 14.6
Cheddar cheese, reduced fat 26.4
Cheese, Gouda 18.6
Cottage Cheese, Plain 8.7
Creams, fresh, sour 1.2
Fresh Cheese (Quark) 11.1
Full fat, soft cheese 4.3
Hard cheese, average 4 types 19.2
Ice Cream, dairy, vanilla 0.6
Whole milk, evaporated 1.1
Whole milk, pasteurized 0.7
Parmesan cheese 34.2
Processed cheese, plain 28.7
Yogurt, whole milk, fruit 1.2
Yogurt, whole milk, plain 1.5
Eggs
Eggs, chicken, whole 8.2
Egg white 1.1
Egg yolk 23.4
Sugar, Preserves, and Sweets
Chocolates, milk 2.4
Honey -0.3
Madeira cake 3.7
Marmalade -1.5
Sugar, white -0.1
Vegetables
Asparagus -0.4
Broccoli, green -1.2
Carrots, young -4.9
Cauliflower -4.0
Celery -5.2
Chicory -2.0
Cucumber -0.8
Eggplant -3.4
Leeks -1.8
Lettuce, average 4 varieties -2.5
Lettuce, iceberg -1.6
Mushrooms, common -1.4
Onions -1.5
Peppers, green -1.4
Potatoes, gold -4.0
Radish, red -3.7
Spinach -14.0
Tomato juice -2.8
Tomatoes -3.1
Zucchini -4.6

 

This table adapted from: Remer T, Manz F. Potential renal acid load of foods and its influence on urine pH. J Am Diet Assoc 1995;95:791-797.


 

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ