癌の要因は過剰鉄分か?という名古屋大学の研究

今晩は

ちょっと前のニュースで、こんなのがありました。

(時事ドットコムより転載)

がんの要因は過剰鉄分か=ヒトと同様の染色体変化-名古屋大

 実験用ラットに鉄分を投与し腎臓がんを発症させ、染色体が変化する様子を調べたところ、ヒトのがんと共通する特徴があることが判明したと、名古屋大の豊国伸哉教授らの研究グループが発表した。研究成果は29日付の米科学誌プロスワンに掲載された。
 豊国教授らは、ラットの腹に特殊な鉄分を過剰に投与し腎臓がんを発症させた後、ラットのがん細胞から染色体を抽出するなどして解析。ヒトの腎臓がんの染色体と比較したところ、似た位置に欠損や増加などの変化が見られたという。
 豊国教授は「ヒトのがんも、主に過剰な鉄分によって引き起こされている可能性がある。がんが発生する原理の解明に貢献できるかもしれない」と話している。(2012/08/30-09:12)

(転載終了)

去年良く出席していたオーソモレキュラー(分子整合)療法のセミナーでは鉄はとにかく全身にとって有益な働きをするので、貯蔵鉄の指標であるフェリチンは100 ng/mlでも200 ng/mlでも高ければ高いほど活動性も上がり元気で居られるので、よいと習いました。

でも、このニュースや後程紹介するマコーラ博士のビデオを見て鉄も過剰に摂取する事で色々と弊害が出るという事が分かりました。つまり鉄はヘモグロビンと結びついて身体が必要とする以上に摂取する事で、その残りの鉄は余剰となり、酸化のストレッサ―となり身体を酸化するというのです。酸化するとフリーラジカルが発生しそれが原因で細胞に重大なダメージを与え、心臓病や癌のリスクが高まったり、DNAにダメージを受けたりします。

鉄が過剰かどうかは単純に血液検査で貯蔵鉄の指標のフェリチンを計測すれば分かります。
このたんぱく質は鉄を細胞内に貯蔵しています。

それで、フェリチンの至適レベルは、20~80 ng/mlで、20以下ならば鉄の不足が有ります。しかし、80以上で有れば鉄分の過剰です。理想的な範囲は40から60ng/mlです。と、このビデオでは言っています。

そしてフェリチンの値が高く鉄分の過剰が有るときには、単純な解決法として輸血をすると良いそうです。一方フェリチンが低かった場合、赤みの肉を食べる事をこのビデオでは推奨しています。でも肉を食べたくない場合にはサプリで補うと良いとしていますが、無機鉄では無くカルボニル鉄(有機鉄)の形で摂取する事を推奨しています。しかし、ヘモクロマトーシス(鉄分過剰)やへモジデリン沈着症、溶血性貧血の時には鉄サプリは禁忌です。

マコーラ博士のビデオメッセージをご紹介します。まだ半分も字幕付け終わっていないけど、また時間があったら後程UPしますね。(ごめんなさい今日はもう眠いのでおやすみなさい)

鉄分の至適濃度の秘密

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ