皇帝ペンギンに学べ!

おはようございます♪

これから長女の卒業式に出席します。
が、その前に皆様とシェアしたい絶食療法の動画が有ったので、ご紹介します。この動画は実験フレンドのMさんからご紹介して頂きました。私にとって長期間食べない事は苦痛以外の何物でもなく、絶対に出来ないと思っていましたが、動画の中で野生動物の皇帝ペンギンが40日間絶食しそのメカニズムを解説している場面を見て、人間も野生動物に学ぶべきだと思い俄然絶食療法に興味がわきました。

また、私の場合完全な絶食は難しいだろうけど、先日このブログでもご紹介したブドウ療法の様に半日ファスティングなら行けるんじゃないかと思っていました。しかしながら、このブドウ療法は無農薬栽培されたブドウを入手することは、コストと手間がかなりかかるし、季節によっては困難を伴うでしょうから自分の場合はノニジュースをブドウの代わりに使ってみたいと思いました。

それからこの動画で絶食療法についての動物実験をしていますが、何も動物実験しなくても野生動物に学べば十分分かるのになと、思いました。また、これを実施するのにあたり、良いと思った人が自分の責任で実施すれば特に動物実験なんて必要ないのではないかと思いました。誰かの監督の元、他人に責任を持ってもらうようなやり方を考えるから動物達が犠牲になるのではないでしょうか?私達人間も皇帝ペンギンの様に凛としていたいものです!彼らが、絶食に関して他の仲間に責任を求める事は決してないでしょう。

とはいいつつ、意志薄弱な私にはたして断食が出来るのだろうか?でも、断食中の身体の変化は凄く調べてみた~いし、体験してみたいです!

ブドウ療法

そしてこちらが絶食療法の動画です!


アメリカ癌協会のHP

(アメリカ癌協会のHPの植物のノニについてのページを翻訳してご紹介)

http://www.cancer.org/treatment/treatmentsandsideeffects/complementaryandalternativemedicine/dietandnutrition/noni-plant

植物のノニ
その他の呼び名:ノニ果実、ノニジュース、インド桑、モリンダ、豚リンゴ、ミックスクズー、インドブラックべリー、ルバーブカリブ、野生松

処方
ノニもしくはモリンダの植物は熱帯の常緑樹で約10フィートの高さに成長します。タイ、その他の太平洋のアジアの一部の島、オーストラリア、南アメリカやカリブ海などに自生しています。その木は10フィート位に成長し果実の大きさはジャガイモ位で、熟すと青い実が黄色もしくは白色になります。ジュース、果実、樹皮、葉等がポリネシア達の原住民の間でハーブの薬として使われてきました。

概要
ノニジュースが私達の癌やその他の疾患の治療や予防に効果があるという信頼性のある臨床的な根拠はありません。しかしながら、動物や実験室での研究では効果がある事がわかっていて、人での臨床検査は始まったばかりです。ノニの植物の様々な化合物を分離して、それが私たちにも有効かどうかの更なる検査が今行われています。

どの様な効果があるか?
ノニ果実とそのジュースはガン、糖尿病、心疾患、コレステロールの問題、高血圧、エイズ、リウマチ、乾癬、アレルギー、感染、炎症に効果があると支持者は主張しています。その果実は上顎洞炎、感染、生理痛、関節炎、捻挫、外傷、うつ、老化、消化不良、アテローム性動脈硬化症、中毒、風邪、インフルエンザ、頭痛、等の症状も緩和すると主張する人もいます。更にそのジュースは角膜の傷も治すことが出来るという人もいます。

インドでは、喘息、赤痢等の薬として使われていて、太平洋の島々の民間ヒーラーたちは様々な疾患の治療にそれを使います。米国ではノニジュースはディストリビューターたちが一般的な強壮剤、ストレス緩和剤、顔や身体のクレンザー、食品や栄養補助食品として広めています。

何が入っているのか?
ノニの植物はジュース、トニック、湿布、お茶などに使われます。ジュースの味や匂いは良くないので毛ジラミの除去に使われます。支持者の一部はジュースとして或いは他の不味い味をカバーしてくれるようなジュースと混ぜて飲むことを推奨しています。葉や樹皮は時に泌尿器系のトラブルや筋肉や関節の痛みを和らげる為の液体剤に混ぜて使われます。熟していないノニの果実は塩と一緒に潰され細かく刻まれます。熟した果実は顔のシミに湿布されたり、皮膚の痛みや吹き出物や感染の薬として使われます。ノニの葉は結核、関節炎、リウマチ、アンチエージングの治療として使われます。

米国ではノニの製品は、ジュース、抽出物、粉、カプセル(栄養補助食品)、洗顔剤、お風呂のジェル、石鹸等様々な形態のものが売られています。ノニのディストリビューターやインターネットのサイトではジュースやサプリメントが売られていて彼らはそれを空腹時に摂取する事を推奨しています。

ノニ果実のジュースやサプリメントはビタミンC、ビタミンA、ミネラル等の栄養素を豊富に含みます。
(ノベルフードに認定された時のノニジュースの栄養成分)
http://ec.europa.eu/food/fs/sc/scf/out151_en.pdf

その歴史的背景は?
ポリネシアでは何世紀にも渡りノニ果実が民間で使われてきましたが、第2次世界大戦中にノニはハワイに紹介され、南方の太平洋に駐留した兵隊たちが滋養をつけるためにその果実を食べました。ここ数年で、米国でもネットや健康食品店でノニの製品が手に入るようになりました。

1998年にノニジュースやノニ製品の製造会社が根拠のない罪でアリゾナ、カルフォルニア、ニュージャージー、テキサスの司法長官に起訴されました。その会社はノニジュースは癌、エイズ、糖尿病、リウマチ、高血圧、コレステロールの問題、乾癬、アレルギー、芯調律異常、慢性炎症、関節痛等の多くの疾患の予防と治療に役立つと主張しました。その会社は健康に対する広告は科学的な根拠を得てFDAに認可されるまで控えるように申し渡されました。
同年、フィンランドではジュースの販促のパンプレットなどで「ノニ」と言う名前を使う事が、病気の治療や予防に有効だと言う事が証明されるまでは出来なくなりました。

2002年から2006年後半の間に、FDAは再度幾つかのメーカーにノニが疾患の治療や予防に役立つと言う主張を、FDAにその根拠を提出するまでしない様に警告しましたが、これらの主張はウエブサイト等至る所で未だに見られます。

根拠はなんでしょうか?

植物のノニに関する動物実験やラボでの実験が、幾つかの異なる化合物で行われています。ハワイの研究グループはマウスに実験的に作り彼らの腹部に特別に調合されたノニジュースを注射しました。治療を受けたマウス受けなかったマウスよりも2倍長生きしました。また他の研究者はノニの根からの抽出物をフリーズドライにして研究しましたが、マウスの痛みを予防し睡眠を誘発する物質を発見しました。

植物のノニの根っこから抽出した化合物のダムナカンサルが、正常細胞が癌の細胞になる科学的なプロセスを抑制する事を発見した研究チームも有ります。しかしながら、抽出された物質は生の植物とは違っていて、研究での抽出物は植物全体を使った研究の結果とは異なると思われます。加えて、動物やラボでの研究では確かに治療の助けになる確かな物質が見つかっていますが、(注:2013年現在は一般的な食用植物には殆ど含まれていないイリドイドという有効成分が発見されています。)それが人でも同様な結果が出るのかどうかについては更なる研究が必要です。

フェーズ1のノニのフリーズドライを使った、29人の患者に対する効果と毒性の臨床試験が、ハワイ大学で行われました。この研究で一日10mgを患者に投与しても毒性が見られませんでしたが、大幅な生活の質の向上も見られませんでした。しかしながら、高容量の投与では良くなったという報告も有ります。(注:オーランド・パイル博士によるがん患者の特別な服用法:始めの4日間は1日1本、次の4日間、1日1/2本、その次の30日間1日240ml以降通常の量に戻し服用し続ける。)加えてルイジアナ州立大学ではジュースから分離され精製されたある化合物は人でも有効である可能性を示す研究をしていますが、更なる研究が必要です。

ノニ植物化合物が癌やその他の健康状態の治療で有効性があるかどうか確信する為には、更なる研究が必要です。

ノニには副作用はあるか?
この製品は米国では栄養補助食品として売られています。薬と違い(購入の前に味見をする事が必要です)サプリメントメーカーは、サプリメントが特定の病気の治療と予防に有効だと主張するのであれば、FDAに製品の有効性と安全性を証明する事が要求されています。

製品の中にはラベルに表記されている様な物質やハーブのエキスの量を含んでいないものも有るかもしれませんし、その他の汚染物質を含んでいるかもしれません。(モリンダ社のノニはフレンチポリネシアの無人島に自生している果実から作られています。)実際の投与量は会社によって異なるし、同じブランドも製品によって違うかもしれません。

殆どのこの様なサプリメントは薬、食品、その他のハーブ、サプリメントと相互作用が有るかどうかについての検査はなされていません。(モリンダ社のノニジュースはEUの厳しい検査に合格しノベルフーズに認定されています。)もし相互作用で悪い影響があったと公表されたとしても、相互作用の研究と影響の全てを得られる訳ではないでしょう。この様な制限がある為に病気に対する効果や相互作用に関する情報は不完全だと考えるべきです。

ノニジュースやその他のノニ製品のの安全性と長期間に渡る効果はまだ良く分かっていません。ヨーロッパの国々でノニを摂取した時に肝臓の問題があったというケースが僅かに報告されています。また糖尿病やカロリー制限を受けている人では考慮に入れるべき、血糖値が上昇するケースも有りましたが、その他はノニを止めたら回復しました。

このジュースは量にしてトマトジュースや、オレンジジュースと同等量の多量のカリウムを含有しますので、腎臓に疾患が有る人やカリウムの摂取を制限されている様な場合には問題が有るでしょう。これは糖分が多く含まれていますので、糖尿病やカロリー制限が有る人は考慮する必要が有る事項です。これを飲むと尿がピンクや赤になってしまう事も有ります。ノニジュースやサプリメントは妊婦や授乳中の女性ではまだ安全性が確かめられていません。

このタイプの治療のみに頼り従来の医学的な癌の治療を避けると、重症になってしまう可能性が有ります。

(翻訳終了)

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ