砂糖依存

歯科衛生士の 高澤ですニコニコ

砂糖に『依存性』があること ご存知でしたか?

私は  自分の経験から 

はてなマークもしかしたら砂糖依存症みたいなものがあるのかもはてなマーク 

と うすうす感じていました

甘いものを 食べなければそれで我慢できるけど 

一度食べたら無しではいられなくなるなるなあ・・・汗

これは 単なる習慣か それとも・・・はてなマークはてなマーク

そこで 調べてみると 

『砂糖は麻薬』と言われるほど 強い依存性を持つことが分かりました!!

砂糖中毒への道

食べ物を摂ると 血糖値が上昇します

すると インスリンが分泌され 一時的に上がった血糖値を下げて

その後は 一定の血糖値が保たれるようになっています

砂糖というのは 精製される過程でミネラル分が取り除かれ

とても単純な物質になっているため 血液中にすばやく取り込まれます

体は 急激に上がった血糖値を下げようとして

インスリンを大量に放出します

それに伴って 血糖値も大幅に下がります

すると・・・

なんと 砂糖を取り込む前よりも 血糖値が下がってしまいますガーン

血糖値が下がる→空腹状態 と脳が判断して

血糖値を上げるために また糖を要求してきます

それが 悪循環となり 砂糖中毒が出来上がります!!

砂糖の癒し効果

甘いものを食べると 幸せな気分になりますよね音譜

砂糖を食べると セロトニンというホルモンが分泌され

脳がリラックス感で満たされるからです

また 体への吸収が早いため すぐにエネルギーとなり

疲れたときには 良いとされています

でも・・・

これが 『麻薬効果』となり 人は甘いものの誘惑にのめり込んでしまいます

そして その後には 前に述べた 砂糖中毒が待っているのです!!

更に調べていくと

砂糖には まだ沢山の悪影響があることが 判明しましたダウン

クローバー次回で お話したいと思いますクローバー

関連記事はこちら

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ