米国では20%以上の少年がADHDと診断

こんばんは♪

健康な子供にADHDという病名をつけ、投薬治療をする。
米国では少年が5人に1人がADHDと診断されているのに対し、少女は11人に1人がADHDと診断されているようです。また、その有病率は、保険に加入しているかどうか、加入している保険が公的なものか私的なものかによって変わってくるそうです。

これって、どう考えても可笑しくないですか?
男の子が女の子よりも元気なのって別に当たり前の事だろうし、なんで、保険の種類によって有病率が変わってくるんだろうか?それに少年の5人に1人がADHDなんてかなり多すぎじゃない?ちょっとくらい元気が良すぎるとか、大人の基準から見て枠に収まらないという理由で子供に投薬していることも有るんじゃないかな?

米国精神科の狂気:20%以上の少年にADHDのレッテルを貼る!

http://www.naturalnews.com/043139_ADHD_psychiatric_insanity_overdiagnosis.html

ますます、巨大製薬会社と伝統的な開業医は共謀して、完全に気分を改変し殆どゾンビの社会を作り出す薬を堂々と世に送り出しています。しかしながら、この統計はショックです。

米国疾病予防管理センターから発表された情報によると、驚くべきことに米国内の14歳の少年の20%以上が一度若しくはそれ以上多動性注意欠陥障害(ADHD)と、診断されたことがあり、危険な薬物で治療されてきました。

CNSニュースの報告です。
その研究は11歳の少年の20%以上はADHDと診断されたことがある事を明らかにしました。

研究によれば、米国内の少年は少女よりも125%多くADHDと診断されやすく、少年は少女よりも127%多く薬物投与されやすかった。

米国内の11歳の少年の13.3%がADHDで薬物投与を受けてきたと研究は言っています。

驚くべきことに5人に1人の米国内の10代の少年が障害があると診断されてきたのです。

2003年以降ADHDと診断されるケースは増加の一途をたどっています。

しかしながら、状況は更に悪化していて、CDCの研究によると、4歳から17歳の子供で障害があると診断される子供は2003年から2011年の間に42%にのぼっています。

加えて、メディケイドや州子供健康保険プログラム(CHIP)等の公的な保険制度に加入している子供たちは私的な健康保険に加入している子供たちよりも53%多くADHDと診断されたと、研究で明らかになりました。それで多くの子供たちが障害と診断されるだけでなく、市民はそこに支払いをしているのです。

子供と思春期の精神医学のアメリカン・アカデミィージャーナルによれば、健康保険者による両親から報告されたADHD障害野有病率は、米国内の児童で2003年の7.8%から2011年には11%になり、10年もしないうちに42%上昇したそうです。

この研究では両親が報告調査によるデータに基づいていますが、公的保険に加入しているADHDと診断される人の有病率は増加していると先天性障害と発達障害の国内センターの、スーザン・フィセルはCDCのポッドキャストで、言いました。

それは2003年以降ADHDと診断される患児の数が増加し続けていることを強調していると、この研究の共同研究者のフィセルは言っています。「現在、2007年以降ADHDの為に薬を服用している4歳から17歳の子供の割合が明らかに増加し続けているのです。」

何万にもが調査対象となりました。

ADHDの診断は国内の子供で均等に分散さえされていないことを、研究は明らかにもしていてます。

以前にADHDと診断されるのは、保険制度に入っていない子供よりも入っている子供たちで、より多く、私的な保険制度に加入している子供よりも公的な保険制度に加入している子供でより多かった。これは、ほぼ5人に1人の男児、女児は11人に1人の児童がADHDと診断された事になります。

10代の少年では特に2007年に比べて2011年ではADHDの治療を受けている児童は増加したと見積もられています。2011年には11歳の少年でADHDの投薬治療を受けている有病率は過去最高の13.3%でした。

CDCの研究者は、2003年、2007年、2011年の米国子供の健康調査の結果に基づいて結論を出しています。この調査のサンプルは、2011年から2012年の最後に行われた95677人も含んで、何万人ものランダムに選ばれた両親へのインタビューに基づいています。それぞれの質問は家族の一人の子供に対してされました。

両親に子供が保険者や医師にADHDと診断されたことが有るかどうかと、その子がADHDの投薬を実際に受けたかどうかについての質問がされました。

Sources:

http://www.cnsnews.com

http://www.naturalnews.com

http://www.wnd.com

http://science.naturalnews.com

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ